ホーム 東日本大震災により被災された方への経済支援について

東日本大震災被災学生への平成30年度経済支援内容

国立大学法人 岩手大学

Ⅰ「検定料」

1 経済支援の対象となる方

東日本大震災により,次の被害を受けた方

実家が全壊又は大規模半壊の被害を受けた方,実家が半壊の被害を受けた方のうち家計が逼迫している方
福島第一原子力発電所事故の影響で家族が実家を離れて現在も避難生活をしている方
主たる家計支持者が死亡(行方不明を含む)した方

2 減免措置内容

全額免除とします。


Ⅱ 「入学料,学生寮寄宿料」

1 経済支援の対象となる方

東日本大震災により,次の被害を受け,家計が逼迫していると判断される方で,かつ,学業優秀と認められる方

実家が全壊の被害を受けた方
福島第一原子力発電所事故の影響で家族が実家を離れて現在も避難生活をしている方
主たる家計支持者が死亡(行方不明を含む)した方
上記に準ずる被害を受け,経済支援が必要と認められる方

2 減免措置内容

(1) 入学料減免
東日本大震災の被害状況と家計状況を勘案し,全額免除又は半額免除とします。
(2) 学生寮寄宿料免除
入学料が全額免除となった方について,入寮した月から6ヶ月分免除します。
 注※1 家計状況によっては,支援対象者であっても免除にならない場合があります。

Ⅲ 「授業料」

1 経済支援の対象となる方

東日本大震災により,次の被害を受け,家計が逼迫していると判断される方で,かつ,学業優秀と認められる方

実家が全壊の被害を受けた方
福島第一原子力発電所事故の影響で家族が実家を離れて現在も避難生活をしている方
主たる家計支持者が死亡(行方不明を含む)した方
上記に準ずる被害を受け,経済支援が必要と認められる方
ただし、標準修業年限を超えた方及び留年中の方は、対象外とします。

2 減免措置内容

 東日本大震災の被害状況と家計状況を勘案し,年間の授業料を全額免除,半額免除(前期全額免除),又は1/4額免除(前期半額免除)します。

注※1 家計状況によっては、支援対象の方であっても免除にならない場合があります。
注※2 免除申請者が入学料・授業料の免除と重複できない奨学金に採用された場合には,免除適格者であっても免除しません。

Ⅳ 「奨学金」

1 経済支援の対象となる方

東日本大震災により,次の被害を受け,家計が逼迫していると判断される方で,かつ,学業優秀と認められる方

実家が全壊の被害を受けた方
福島第一原子力発電所事故の影響で家族が実家を離れて現在も避難生活をしている方
主たる家計支持者が死亡(行方不明を含む)した方
ただし、標準修業年限を超えた方は、対象外とします。

2 岩手大学奨学金による支援策

公益財団法人本庄国際奨学財団岩手大学奨学金

年額30万円を16名程度に一括して給付する。


3 民間財団等の給付奨学金

全希望者を被災程度・経済状況・成績により順位付けし,上位の者から対象とします。
(岩手大学奨学金を含む。)


Ⅴ 平成29年度との主な変更点

1 授業料の減免基準の見直し
 平成30年度は,「入学料,学生寮寄宿料」減免の申請基準について,以下の被災条 件を削除しました。
 ・実家が大規模半壊の被害を受けた方
 ・実家が半壊の被害を受けた方

2 奨学金の給付の終了
 平成29年度をもって,公益財団法人武田尚志社岩手大学奨学金及び東日本大震災被災学生支援募金岩手大学奨学金の給付を終了したため,平成30年度は,当該奨学金を項目から削除しました。

Ⅵ 平成29年度検定料免除についての補足説明

今回発表した検定料の免除措置については,平成30年度内に実施する入学試験に係る検定料が対象となりますので,平成31年度入学を希望する志願者への免除措置をあらかじめ公表するものです。


Ⅶ 本件に関する問合せ先

検定料免除について・・・学務部入試課 電話019−621−6064
検定料以外について・・・学務部学生支援課 電話019−621−6882

※ 応対時間は平日8:30〜17:15とさせていただきます。

(土曜、日曜、祝祭日はお休みです)