プログラム

  • ジョブシャドウ対談
  • 映像で見る!活躍中の先輩の声
  • リーフレット(PDF)

「ジョブシャドウ」プログラム

 1・2年生が企業等の職場を観察できる『ジョブシャドウ』プログラムを開発します。ジョブシャドウとは、企業等で働く1人の社会人(メンター)に1~3名の学生が1日、シャドウ(影)のごとく密着し、「仕事に打ち込む人の姿」を身近で観察するものです。
早い段階から「仕事とは何か」(職業観)「働くとは何か」(勤労観)など自分のキャリアを考えるきっかけづくりを目的として実施します。

ジョブシャドウ体験のメリット

Merit 1 働くことや仕事に対しての漠然としたイメージを「認識」に変える「きっかけ」になります。将来への不安を抱えている場合は、職場や働く方を自分の目で観察することにより、目に見えない不安が軽減されます。
Merit 2 ジョブシャドウは、1日限りのイベントではありません。事前勉強会や事後報告会、他大学との交流会などがセットされたプログラムです。社会人に必要とされるビジネスマナーやコミュニケーション力、プレゼンテーション力などを身につけることができます。
Merit 3 実際に働いている方々から生の情報を得ることができます。また、参加者同士やジョブシャドウを導入している他大学の学生との交流を通し、ネットワークを構築できます。
Merit 4 目標となる人がみつかります。ジョブシャドウでの出会いはとても貴重なものです。ジョブシャドウの体験を通して、さらに社会との接点が深くなり、将来目指すべきロールモデルと出会えるかもしれません。そして、その出会いがきっかけとなり、今後の大学生活がより一層有意義なものになることでしょう。

ジョブシャドウ・インターンシップの相違点

  ジョブシャドウ インターンシップ
目的 キャリア形成の気づきを促す キャリア形成の行動と体験
実施形態 職場観察 就業体験
対象学生 1・2年生 主に3年生・修士1年
期間 1日 基本1~2週間程度
時期 8月~9月(夏季休業中) 8月~9月(夏季休業中)
研修プログラム プログラム作成不要
(働く姿の観察のみ)
受入企業等において作成

ジョブシャドウでの学生の観察視点

  • メンターの仕事の内容(どんなことをするのか、しているのか)
  • メンターの仕事の位置づけと他部署・他従業員との関わり
  • メンターの1日の様子(仕事のスタート、オンとオフの姿など)
  • メンターの仕事への思い、会社への思い、働く意味、やりがい
  • メンターの仕事のスケジュール
  • 仕事において必要とされる知識や能力・スキル・心構え
  • 大学での学びがどう活かされるのか

ジョブシャドウを受け入れる企業等のメリット

  • 企業等としての人材育成を通じた社会貢献
  • 学生への自社や業界に関する理解の促進(PR)
  • 大学生の意識の把握や発想の吸収
  • メンターの成長や他の従業員への刺激による社内の活性化
  • 大学との連携強化
  • 1日働く姿をみせるだけのためカリキュラムは不要なので、受入先の負担が少ない。

「ジョブシャドウ」実施の流れ

「ジョブシャドウ」実施の流れ イメージ

ジョブシャドウ協力事業所(実績)

岩手労働局/岩手県/盛岡市/(公)岩手県予防医学協会/盛岡商工会議所/岩手県中小企業家同友会/岩手県中小企業団体中央会/(株)岩手ホテル&リゾート/川口印刷工業(株)/(株)川徳/(株)サンメディカル/(株)テレビ岩手/北栄調査設計(株)/盛岡ターミナルビル(株)/(株)盛岡地域交流センター/NPO法人アイディング/NPO法人環境パートナーシップいわて/岩手大学

ジョブシャドウアンケート

1.アンケートテーマ

(1)ジョブシャドウ(1日職場観察)プログラムに参加した学生と受入協力事業所から意見や感想、
   要望を吸い上げ、プログラムを改善する参考とする。
(2)ジョブシャドウのキャリア教育的効果を検証し、プログラムの有効性を考察する。

2.調査方法

学 生:Webアンケート
事業所:アンケート用紙を郵送、FAXで回答

3.対象

学 生:平成25年度ジョブシャドウ参加学生
事業所:平成25年度ジョブシャドウにおいて、学生が事業所にて働く様子を観察した社会人
    (メンター)

4.調査時期

学 生:10月30日~11月6日
事業所:9月26日~10月18日

5.回収結果

学 生:有効回答37件(回収率92.5%)
事業所:有効回答25件(回収率83.0%)

ジョブシャドウ対談 写真

1、2年の時期にジョブシャドウに参加した、植松千尋さんと渡辺恵輔さん。
その経験によって、どんなことに「気付き」、どんな将来を「考え」、どう「行動」しているのか。
二人の話を、髙畑義人大学教育総合センター長が聞きました。
(平成25年6月にインタビューを行いました)

ジョブシャドウ対談

髙畑 植松さんと渡辺さんは、なぜジョブシャドウ(以下JS)に参加しようと思ったのですか。

植松 先輩から「1・2年のうちはいっぱい遊んだ方がいいよ」と言われたんですが、漠然と過ごすことに不安があって…。就職を見据えて1年の時からできることを始めたい、JSを通じて4年間のプランを持ちたいと思ったんです。

渡辺 『キャリアを考える』という授業でJSを知りました。2年の時に受講したのですが、当時は目的もなくただ過ごしていただけ。そのうちこれでいいのかと焦りが生まれ、JSは自分を変えるきっかけになるんじゃないかと考えたんです。

髙畑 実際にJSを体験してみて、どんなことを感じましたか?

渡辺恵輔さん
植松千尋さん

植松 1年の時は盛岡グランドホテルに、2年の時は岩手大学のキャリア支援課で体験しました。ホテルでは婚礼企画部の方について、ブライダルフェアに密着。衣装や調理の方にもお会いして、どのように人が関わり、仕事が成り立つのかを学びました。この時の担当者は私のロールモデルでもあり、「首都圏に負けない魅力を発信したい」という言葉がきっかけで、地元企業に興味を持つようになりましたね。

渡辺 私はホテル業や観光業を希望していたのですが日程が合わず、岩手大学の財務課で体験しました。インターンシップと違い、JSは一日体験という点がいいですね。インターンシップは就職したい企業、JSは視野を広げる場と考えているので、気軽に違う業種を体験できるのがメリット。また、JSで知り合った先輩や同級生との出会いが、いい刺激になっています。

髙畑 二人ともいい出会いをしたんですね。JSに参加して自分の中で変化はありましたか。

植松 企業の方との出会いも大きかったのですが、JS対応の他大学の学生と交流したことで、自分や故郷のことにもっと誇りを持とうと思いました。マイナスに感じていたことも実は長所なんだと気付き、勉強になりましたね。

渡辺 すべてをキャリアにつなげられないかと考えるようになりました。例えば友人関係も単なる付き合いではなく、人間的成長につながるもの。学びもそうですし、JSも行動力を育むきっかけにつながった。すべてがキャリアと考えると、意識も姿勢も変わります。

髙畑 それはとてもいい考え方ですね。後輩たちに伝えたいことはありますか。

植松 3年になると就職活動で縛られますから、1・2年の早い時期に自由にキャリアを考える機会を持つといい。少しでも考えておくと、その後の過ごし方が変わると思います。

渡辺 JSは一日体験なので気軽に参加できます。必ず得るものがありますし、視野も広がると思いますから、ぜひ挑戦してほしいですね。

髙畑 「自分に価(あたい)しない仕事はない」という言葉があります。世の中にはたくさんの仕事がありますが、どんなことにも学ぶべきことが必ずある。JSとの出会いが二人の成長につながったように、様々な経験がキャリアに結び付きます。岩手大学も全力で学生を支援していきますので、いろんなことにチャレンジし、有意義に過ごしてほしいですね。

髙畑義人大学教育総合センター長