平成21年度 環境省 「環境人材育成のための大学教育プログラム開発」採択事業

ISO14001と産学官民連携を活用した「π字型」環境人材育成プログラム

HOME
プログラムの概要
宮沢賢治を目指して
岩手大学環境管理実務士
基礎的環境力育成
実践的環境力育成
地域グリーン化支援
公開講座
委員会
成果物
岩手大学ESD
岩手大学EMS学生委員会
EcoLead

 >> 岩手大学
  宮澤賢治センター

宮沢賢治を目指して
 「π字型」環境人材のモデルとして
 
 ★ 宮沢賢治の生涯からは、花巻・岩手の郷土性と世界まで目を向ける国際性の
   両面がうかがえます。
 ★ また、賢治は、他者のために尽力する倫理性も持ち合わせていました。
 ★ 岩手大学OBである宮沢賢治は、本プログラムが目指す「π字型」環境人材育成
   のモデルと位置づけることができます。
 ★ ESDの価値観に基づき、特に地元郷土の産官学民の連携と環境マネジメント
   システムに関する国際規格であるISO14001を活用することで、倫理性および
   郷土性とと国際性を兼ね備え、“Think Globally, Act Locally” が実践できる、
   賢治のような「π字型」環境人材を育てていくことが本プログラムの使命です。
 
  次ページ イーハトーブの具現者として
  前ページ 宮沢賢治の生涯  
 
 Copyright (C) 2009-2015 Iwate University. All Rights Reserved.