ホーム イベント情報一覧
各月イベント情報
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2015年01月のイベント情報2015年01月のイベント情報

平成26年度岩手大学三陸復興推進機構シンポジウム  掲載(更新)日時:2014-12-26 12:00:00

岩手大学は、平成23年3月11日の東日本大震災後、被害を受けた岩手県の
早期復旧と復興を推進するために「岩手大学三陸復興推進機構」を設置し、
被災地自治体にご協力いただきながら、「『岩手の復興と再生に』オール岩大パワーを」
をスローガンに、様々な震災復興支援に取り組んできました。
震災から4年を迎えるのを前に、三陸復興推進機構の取組についてご紹介します。

1.日時 平成27年1月31日(土)13:30~17:20
2.会場 岩手大学 工学部復興祈念銀河ホール
      〒020- 8550 岩手県盛岡市上田四丁目3-5
3.プログラム
  ■各部門の活動報告
   教育支援部門(教育学部教授 新妻 二男) 
   生活支援部門(農学部教授 廣田 純一)
   水産業復興推進部門(三陸水産研究センター長 三浦 靖)
   ものづくり産業復興推進部門(地域連携推進機構教授 小野寺 純治)
   農林畜産業復興推進部門(農学部教授 河合 成直)
   地域防災教育研究部門(地域防災研究センター長 南 正昭)
  ■パネルディスカッション 
   テーマ:「震災復興・地域創生と大学の役割」
   モデレータ:岩手大学副学長(地域連携・広報担当) 八代 仁 
   パネリスト:岩手県沿岸市町村復興期成同盟会会長(釜石市長) 野田 武則 氏
         岩手県復興局局長 中村 一郎 氏
         岩手経済同友会 専務理事・事務局長 鈴木 修 氏
         特定非営利活動法人参画プランニング・いわて 理事長 平賀 圭子 氏
         テレビ岩手 編成局長 遠藤 隆 氏
         岩手大学三陸復興推進機構 生活支援部門長 廣田 純一 
  ■三陸復興推進機構の各部門やサテライト・エクステンションセンターの活動パネル、
成果品等も展示し、皆様にご紹介いたします。

 本件に関する問い合わせ先:
 三陸復興推進課   TEL:019-621-6629 FAX:019-621-6995 E-mail:sanriku@iwate-u.ac.jp
【添付ファイル】
シンポジウムチラシ・申込書

(記事番号:2306)

平成26年度第2回特別支援教育セミナー開催  掲載(更新)日時:2014-12-21 15:00:00

平成26年度第2回特別支援教育セミナーを開催いたします。

シンポジウム①では,岩手県内の小学校で取り組まれているユニバーサルデザイン授業の実践発表をとおして,学校・学級全体を対象とした特別支援教育のあり方について考えます。

シンポジウム②では,発達障がい児童生徒の進学にともない学校間で支援や情報をどのように引き継ぐかという観点から,現在附属校園で実施している取組みについて話題提供を行い,よりよい引き継ぎのあり方を考えます。

日時:平成27年1月31日(土)10:00~12:40(受付9時30分~)
会場:キャラホール(都南文化会館大ホール)〒020‐0834 盛岡市永井24-10-1 
主催:岩手大学教育学部・附属学校特別支援教育推進専門委員会
後援:岩手県教育委員会・盛岡市教育委員会
対象:保育園・幼稚園・小学校・中学校・高等学校・特別支援学校等の教員・支援員・相談員等,学生ほか,特別支援教育に携わる方・興味関心のある方
参加費:無料

シンポジウム① ユニバーサルデザイン授業の実践
シンポジウム② 幼稚園・小学校・中学校の連携にむけた取組みの実際

詳細は添付ファイルをご参照ください。

 本件に関する問い合わせ先:
 岩手大学教育学部附属特別支援学校  菊池 明子 019-651-9002(aniwakko@iwate-u.ac.jp)

(記事番号:2300)

2014年度EMS公開セミナー「大学のごみ~紙・プラスチック製容器包装の分別回収を中心に」  掲載(更新)日時:2015-01-07 15:00:00

環境マネジメントシステム(EMS)国際規格ISO14001に基づく環境活動を進めている岩手大学で、廃棄物の排出削減と分別は一事業者として大きな課題です。 本セミナーでは、盛岡市環境部根本俊英次長から「容器包装廃棄物の行方」「事業系廃棄物のリサイクル(仮)」について講話をいただいた後、岩手大学関係者を交えたパネル・ディスカッションを通して、岩手大学の廃棄物問題を議論します。

開催日:2015年1月29日(木)10:30~12:00
場 所:岩手大学学生センター棟B棟GB11講義室
主 催:岩手大学環境マネジメント推進室  
参加費:無料 申込み不要。直接ご来場下さい。
対象者:「環境マネジメントと岩手大学」受講生、EMS学生委員会委員、岩手大学EMS関係者、その他岩手大学学生・教職員、一般市民の皆様

【スケジュール】
 10:30-10:35 開催趣旨、講師紹介
 10:35-10:55 盛岡市環境部次長 根本俊英氏による講話「容器包装廃棄物の行方」 「事業系廃棄物のリサイクル(仮)」について
 11:00-11:50 パネル・ディスカッション「大学のごみ~紙・プラスチック製容器包装の分別回収を中心に」
  パネリスト:盛岡市環境部:根本俊英次長
        人文社会科学部:井上博夫教授・笹尾俊明准教授
         環境マネジメント学生委員会:小野慎悟
  コーディネーター:人文社会科学部 中島清隆准教授

岩手大学環境人材育成プログラムホームページ「公開講座」http://www.iwate-u.ac.jp/ecoedu/seminar.html
岩手大学環境人材育成プログラムFacebook https://www.facebook.com/eldprogram.iwateuniv

 本件に関する問い合わせ先:
 環境マネジメント推進室  中島 TEL&FAX:019-621-6912 e-mail:ems@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2310)

工学研究科博士論文の公聴会について  掲載(更新)日時:2015-01-21 09:00:00

 大学院工学研究科博士後期課程の博士論文にかかる公聴会を以下のとおり開催しますので、興味のある方は是非おいでください。

【博士後期課程】
専攻:フロンティア物質機能工学専攻
日時:1月28日(水)15:30~
場所:工学部総合教育研究棟(化学系)109室

専攻:電気電子・情報システム工学専攻
日時:2月18日(水)13:30~
場所:工学部3号館329室

専攻:機械・社会環境システム工学専攻
日時:2月20日(金)10:00~
場所:工学部3号館313室

専攻:デザイン・メディア工学専攻
日時:2月3日(火)13:00~
場所:工学部総合教育研究棟(環境系)デザイン・メディア工学協創工房

詳細については、添付ファイルをご参照ください。

 本件に関する問い合わせ先:
 学務部学務課 専門教育グループ  TEL:019-621-6307,E-mail:grikei@iwate-u.ac.jp
【添付ファイル】
工学研究科博士公聴会

(記事番号:2316)

第15回「平泉文化フォーラムバスツアー」を実施します  掲載(更新)日時:2014-12-03 17:00:00

 岩手県では、平泉の文化遺産の調査・発掘・研究を行ってきており、その調査結果等を広く県民の皆様方にお知らせしています。この一環として、岩手県教育委員会と「いわて高等教育コンソーシアム」、岩手大学平泉文化研究センターが主催し、平成27年1月24日(土)・25日(日)、水沢グランドホテル(奥州市)にて、『第15回平泉文化フォーラム』を開催します。
 今回の平泉文化フォーラムの開催に併せ、平泉文化をもっとよく知る「平泉文化フォーラム・バスツアー」を企画いたしました。往路の車中では、本学教員が解説を行い、奥州市埋蔵文化財調査センターを見学したのち、平泉文化フォーラムにご参加いただくコースとなっております。
 この機会に専門家の解説を聴きながら、平泉文化に触れてみませんか?
 皆様のご参加をお待ち致しております。

日 時  平成27年1月24日(土) 8:15~19:00
 ※本ツアーは日帰りのため、25日(日)のプログラムには参加できません

集 合  岩手大学正門前(全行程大学貸切バス、バス料金無料)
 ※お車で来学される方は、大学の駐車場を利用できます。(無料)

参加料  1,300円(入館料200円、昼食代1,100円)
 ※衛生上、昼食の持ち込みはご遠慮ください。
  料金は当日お支払いいただきます。
  この事業は岩手大学の収益事業ではありません。

定 員  45名(先着順に受付します。)

行 程  8:00        岩手大学正門前集合
      8:15~9:45   移動(奥州市埋蔵文化財調査センターへ)
      9:45~10:45  奥州市埋蔵文化財調査センター見学
          解説・案内  奥州市埋蔵文化財調査センター所長 佐久間 賢 氏
          テ ー マ  「鎮守府 胆沢城について」
     11:15~12:15  えさし藤原の郷にて昼食・休憩
     12:15~12:45  水沢グランドホテルへ移動
     12:45        水沢グランドホテル到着
     13:00~       フォーラム開始
     17:20        平泉文化フォーラム終了・移動
     19:00頃       岩手大学到着・解散

対 象  どなたでもご参加いただけます。

お申込  平成27年1月14日(水)までに電話、FAX、メールのいずれかでお申し込み下さい。
      FAX・メールによるお申し込みの際は、郵便番号・住所・氏名(読み方併記)、電話番号をご記載下さい。

 本件に関する問い合わせ先:
 地域連携推進課   TEL:019-621-6492、6852  FAX:019-621-6493  Email:renkei@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2284)

2014年度 第2回 若手女性研究者の研究力向上支援セミナー  掲載(更新)日時:2014-12-26 16:00:00

岩手大学が展開する文部科学省女性研究者研究活動支援事業(拠点型)「いわての復興に貢献する女性研究者支援」の一環として、本学および連携機関等の女性研究者・技術者の研究スキルアップを支援するために本セミナーを開催します。

今回は、主に国際学会において自信を持ってプレゼンテーションを行うスキルを養うため、魅力的かつ効果的な英語プレゼンテーションについて、講義とワークショップを通じて学びます。また、研究不正行為の防止を旨とした研究倫理に関する講義も行います。

◇日時:2015年1月22日(木)13時30分~16時30分
◇会場:岩手大学図書館2F 生涯学習・多目的学習室
◇内容:
 1. 講義「研究倫理 研究の不正行為とその防止」
   岡村勝文(岩手大学研究交流部研究推進課長)
 2. 講義とワークショップ「実践英語プレゼンテーション術 伝える”から“魅せる・惹きつける”へ」
   上村康子さん
   (通訳・実務翻訳者、ビジネス英語講師、米国コーネル大卒)

詳しくは、文部科学省女性研究者研究活動支援事業(拠点型)「いわての復興に貢献する女性研究者支援」ホームページ(下記URL)をご覧ください。
http://www.iwate-u.ac.jp/gender2013/topics/event/e_20141224_01.html

 本件に関する問い合わせ先:
 男女共同参画推進室  近藤 電話 019-621-6038 メール equality@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2307)

第32回岩手Farm to Tableフォーラム研究会  掲載(更新)日時:2014-12-02 13:00:00

岩手Farm to Tableフォーラム研究会では、次の通り第32回岩手Farm to Tableフォーラム研究会を開催いたします。
ご興味のある方でしたらどなたでも参加出来ます。
皆様のご参加をお待ちしております。

 ■日 時: 平成27年1月14日(水) 16時~17時45分
 ■場 所: 岩手大学図書館2階 生涯学習・多目的学習室
 ■テーマ: ジビエ ー動物資源の活用と安全の確保ー
   1.「野生鳥獣肉の衛生管理について」
       小西 豊 氏  厚生労働省医薬食品局食品安全部監視安全課 専門官 
   2.「野生動物由来人獣共通感染症」
       壁谷 英則 氏  日本大学生物資源科学部獣医学科 准教授  
 ■対  象: 教職員、学生、一般市民
 ■参加料: 無料
 ■主  催: 岩手Farm to Tableフォーラム研究会
 ■共  催: 岩手大学農学部附属動物医学食品安全教育研究センター

 本件に関する問い合わせ先:
 農学部 地域連携推進室 伊藤 TEL:019-621-6108  Email:fams@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2281)

「海と大気のはなし2」  掲載(更新)日時:2014-11-21 17:00:00

昨年度,岩手大学で開催された「海と大気のはなし」の第2回講演会のお知らせです。
下記のように東北大学での開催になりますが,本学「学校気象台」研究会も共催さ
せて頂きます。岩手県内の理科の先生方,将来理科の教員を目指している学生の参
加をお待ちしております。

              記

「新学術領域研究」気候系のhotspotアウトリーチ「海と大気のはなし2」

期日:2015年1月10日(土) 9:30-15:00

場所:東北大学片平キャンパス さくらホール

主催:文部科学省 科研費新学術領域研究「中緯度海洋と気候」気候系のhot spot

共催:岩手大学「学校気象台」研究会、仙台管区気象台

後援:宮城県教育委員会、仙台市教育委員会、公益社団法人日本気象学会、日本海洋学会

参加費:無料

当日スケジュール:
•9:15 受付開始
•9:30 開始
•09:30 - 開会のあいさつ、趣旨説明
•09:40 - 講演1 「冬の台風!?爆弾低気圧とは?」
     吉田 聡 独立行政法人 海洋研究開発機構アプリケーションラボ 研究員
•10:10 - ミニ質問コーナー & 休憩
•10:30 - 講演2 「身近に流れる海流の話」
     佐々木 克徳 北海道大学 大学院理学研究院 講師
•11:00 - ミニ質問コーナー & 休憩
•11:20 - 講演3 「天気予報と地球温暖化予測の仕組み」
     西井 和晃 東京大学先端科学技術研究センター 助教
•11:50 - ミニ質問コーナー & 休憩
•12:10 - 講演4 「海の塩分分布は天然の雨量計」
     須賀 利雄 東北大学 大学院理学研究科 教授
•12:40 - 午前のまとめ
•13:05 - 昼休憩 展示見学時間
•13:45 - 「地球の様子を、日々、観測するということ」仙台管区気象台
•14:15 - 岩手大学「学校気象台」報告 --北岩手山波状雲の力学的構造に関して--
     名越利幸 岩手大学 教員養成支援センター長 教育学部理科教育科 教授
•14:30 - 総合討論
•14:45 - 閉会の挨拶
•15:00 閉場

内容

子どもたちに自然現象のおもしろさを伝えて、子どもたちの「なぜ?」を引き出し
たい、「どうして?」を考えてもらいたい、「どうしてわかったの?」に答えたい
と思っている先生方は多いと思います。そんな先生方に、科研費新学術領域「気候
系の hot spot」に参加している第一線の4人の研究者が、海と空の観測をもとにし
た研究テーマから最新の話題を提供します。すぐに授業で使える、いま、海と空を
見て調べている人たちの話を聞きに来てください。われわれが感じている研究のワ
クワクを、講演会を通じてみなさまから子どもたちに伝えて頂けたら幸いです。

http://www.atmos.rcast.u-tokyo.ac.jp/hotspot/jpn/outreach/index.html

 本件に関する問い合わせ先:
 教育学部 理科教育科 名越利幸 019-621-6547,nagoshi@iwate-u.ac.jp
【添付ファイル】
ポスター

(記事番号:2272)

第3回SPERCスマートエネルギー工学講演会  掲載(更新)日時:2014-12-24 19:00:00

 岩手大学ソフトパス工学総合研究センター(SPERC)では、教職員・学生・一般市民を対象に「再生可能エネルギー」に関する様々な分野をテーマとして、連続セミナーを開催しています。
 第3回SPERCスマートエネルギー工学講演会では、「太陽電池の開発状況」をテーマに、下記の通り開催します。

日  時:2015年1月9日(金) 15時00分-16時00分
場  所:工学部キャンパス内 復興祈念 銀河ホール
講演者:谷口 浩 氏(シャープ株式会社 エネルギーシステムソリューション事業本部 品質保証部 部長・京都大学 非常勤講師)
題  目:太陽電池の開発状況

【関連するサイト】
● 第2回SPERCスマートエネルギー工学講演会(2013年4月, 本学HPニュース一覧より)
 http://www.iwate-u.ac.jp/event/event201304.shtml#1740
● 第1回SPERCスマートエネルギー工学講演会(2013年1月, 本学HPニュース一覧より)
 http://www.iwate-u.ac.jp/event/event201301.shtml#1642

 本件に関する問い合わせ先:
 岩手大学 大学院工学研究科フロンティア材料機能工学専攻 教授 吉澤正人(スマートエネルギー工学グループ・研究代表者) 電話:019-621-6354, E-mail: yoshizawa@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2302)