ホーム イベント情報一覧
各月イベント情報
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月のイベント情報2016年02月のイベント情報

【岩手大学音楽科】平成27年度卒業演奏会・修了演奏会のご案内  掲載(更新)日時:2016-02-08 21:00:00

平素は当科の教育・研究に多大なるご支援ご協力を賜り
厚く御礼申し上げます。

毎年恒例の卒業演奏会ならびに修了演奏会を下記のとおり
開催することとなりました。 お忙しいところ恐縮ではござい
ますが、ご光来のうえご高評賜りますようお願い申し上げます。

◎【第18回修了演奏会】
*日 時:2016年2月27日(土)14:30開演(14:00開場)
*場 所:盛岡市民文化ホール(マリオス)小ホール
*出 演:岩手大学大学院教育学研究科修士課程教科教育専攻
     音楽教育専修修了予定者および在学生、学部生

◎【第60回卒業演奏会】
*日 時:2016年2月28日(日)14:00開演(13:30開場)
*場 所:岩手県民会館中ホール
*出 演:岩手大学教育学部音楽教育科卒業予定者他

ともに入場無料です。未就学児のご来場はご遠慮ください。

※岩手大学音楽科ウェブサイト:
http://www.music.iwate-u.ac.jp/

 本件に関する問い合わせ先:
 教育学部 音楽科  music@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2694)

教育学部家政教育科 長澤由喜子 教授退職記念講演会のお知らせ  掲載(更新)日時:2016-02-02 14:00:00

教育学部家政教育科 長澤由喜子 教授は、平成28年3月31日をもって
定年退職されます。
 つきましては、退職記念講演会を次のとおり開催しますので、お知らせいたします。

 日時:平成28年2月27日(土)13:00~14:30
 場所:総合教育研究棟(教育系) 2F 北桐ホール
 演題:「 居心地を科学する(仮)」

 参加費:無料
 事前申込み:不要(当日、直接会場にお越しください。)

 本件に関する問い合わせ先:
  教育学部家政教育科 天木桂子 019-621-6608 または
            里見美香子 019-621-6609

(記事番号:2683)

工学部 マテリアル工学科 中村 満 教授 退職記念講演会のお知らせ  掲載(更新)日時:2016-02-12 15:00:00

工学部マテリアル工学科 中村 満 教授は、2016年3月31日をもって定年退職されます。
つきましては、退職記念講演会を次のとおり開催しますので、是非ご出席ください。

日時:2016年2月26日(金)15:00~16:00
会場:岩手大学復興祈念銀河ホール
演題:「個液界面現象と付き合い40年-溶接と粉末冶金研究の楽しさ-」

参加費:無料
事前申込み:不要

 本件に関する問い合わせ先:
 工学部 マテリアル工学科 水本 将之 TEL:019-621-6918、E-mail:mizumoto@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2703)

第36回岩手Farm to Tableフォーラム研究会のお知らせ  掲載(更新)日時:2016-01-22 16:00:00

岩手Farm to Tableフォーラム研究会(事務局:岩手大学農学部附属動物医学食品安全教育研究センター)では、次の通り第36回岩手Farm to Tableフォーラム研究会を開催いたします。
ご興味のある方でしたらどなたでも参加出来ます。
皆様のご参加をお待ちしております。

■日 時:平成28年2月23日(火)15時30分~17時00分
■場 所:岩手大学総合教育研究棟(生命系)1階スペースC
■話題提供
1.「本県におけるノロウイルス検出状況と近年の特徴」  
  岩手県環境保健研究センター保健科学部 佐藤直人 上席専門研究員
2.「難分解性有機フッ素化合物の ラットを用いた体内動態の検討」
  岩手県環境保健研究センター環境科学部 岩渕勝己 主査専門研究員
3.「O157、O26以外の腸管出血性大腸菌を検出するための分離培養法の検討 (2002~2014年に岩手県で分離された菌株による)」  
  岩手県環境保健研究センター検査部 山中拓哉 主査専門研究員
4.「入浴施設におけるレジオネラ症の集団感染事例について」
  岩手県環境保健研究センター保健科学部 岩渕香織 上席専門研究員
■対 象:教職員、学生、一般市民
■参加料:無料
■申込方法:メールにて「所属・ご氏名」を明記し、事務局fams@iwate-u.ac.jpまでお申込下さい。
■主 催:岩手Farm to Tableフォーラム研究会
■共 催:岩手県環境保健研究センター、岩手大学農学部附属動物医学食品安全教育研究センター

 本件に関する問い合わせ先:
 農学部 地域連携推進室 伊藤 TEL:019-621-6108 MAIL:fams@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2666)

工学研究科博士学位論文の公聴会のお知らせ  掲載(更新)日時:2016-02-09 11:00:00

大学院工学研究科博士論文にかかる公聴会を以下のとおり開催しますので、興味のある方は是非おいでください。

◆機械・社会環境システム工学専攻
  日時:2月22日(月)13:00~
  場所:工学部3号館3階313室

  日時:2月23日(火) 9:00~
  場所:工学部7号館4階412室

詳細については、添付ファイルをご参照ください。

 本件に関する問い合わせ先:
 学務部学務課 専門教育グループ   TEL:019-621-6307 E-mail:grikei@iwate-u.ac.jp
【添付ファイル】
公聴会公示

(記事番号:2695)

教育学部 講演会「科学と芸術の交通- ゲーテの植物学と色彩論と体性感覚 -」のご案内  掲載(更新)日時:2016-02-01 16:00:00

講演会「科学と芸術の交通 -ゲーテの植物学と色彩論と体性感覚-」
日 時:2016年2月22日(月)13:00~14:30
場 所:岩手大学総合教育研究棟(教育系)2階 北桐ホール
講 師:前田 富士男 氏(慶應義塾大学名誉教授)
対 象:教職員、学生、一般 (入場無料)
主 催:岩手大学教育学部

本件に関する問い合わせ先:
教育学部 学部運営グループ 千葉敬司  
E-mail : 1000leaf@iwate-u.ac.jp / 直通電話 : 019-621-6511

 本件に関する問い合わせ先:
 教育学部 学部運営グループ  千葉敬司 E-mail : 1000leaf@iwate-u.ac.jp / 直通電話 : 019-621-6511

(記事番号:2681)

2015年度岩手大学社会科目委員会 FD講演会「大学と性的マイノリティ支援」のお知らせ  掲載(更新)日時:2016-01-20 14:00:00

<企画趣旨>
 性同一性障害特例法や渋谷区における同性パートナーシップ条例の制定、全国各地で開催されるレインボーパレードなど、LGBT、あるいはLGBTIの社会的認知度は上昇しつつある。
 同時に、各地の大学においても学生によるLGBT(I)サークル、セクマイ(セクシュアル・マイノリティ)サークルの設立が相次いでおり、活発な活動を展開している。これらの自治体や市民、学生たちの取組みは、私たちの社会が、男女二元論や異性愛主義の囚われから脱却し、各人が各様に、自らの「性」のあり様を追い求め、またそれが許されるようなフェーズに移行しつつあることを如実に示すものと考えられる。
 しかし他方で、学生サークルが簇生しつつあるとはいえ、大学における性的マイノリティへの支援は試行錯誤の最中にあると言えるだろう。一部大学においては、サークルの公認化による支援やハラスメント防止規程の見直し、健康診断の改善などを行っているが、大学全体としてのポリシーや各教職員の意識啓発、そして支援の制度化など課題も多いのが現状である。
 そこで、このたび開催する講演会では、国際基督教大学で「ジェンダー研究センター」を設立し、学生とセクシュアル・マイノリティのグループを設立するなどの環境づくりに取組んできた田中かず子氏、弘前大学に勤務し国際NGOなどで活躍されている山下梓氏をお招きし、大学における性的マイノリティの現状と課題、そして展望についてご講演いただき、今後の取組みについて議論していきたい。
 皆様のご参加をお待ちしています。

<開催日時・場所>
日時:2016年2月22日(月)15時〜17時
場所:岩手大学図書館 生涯学習・多目的学習室
講師:田中かず子(ファーメント代表、元国際基督教大学ジェンダー研究センター長)
   山下梓(弘前大学男女共同参画推進室、岩手レインボー・ネットワーク主宰)
<プログラム>
 挨拶・趣旨説明
 講演① 山下梓「大学と性的マイノリティへの支援 ―現状と課題」
 講演② 田中かず子「大学と性的マイノリティへの支援―議論の発展にむけて」    
 質疑応答・まとめ 
                     (終了後、交流会を予定)
※参加費は無料です。
 交流会への参加をご希望される方は、2月15日(月)までに下記担当者(土屋)までご連絡ください。
本件に関する問い合わせ
岩手大学男女共同参画推進室 堀 久美(019-621-6998),horik@iwate-u.ac.jp
岩手大学教育学部 土屋 明広(019-621-6531,aktsuchi@iwate-u.ac.jp)

(記事番号:2662)

岩手大学共催「サスティナビリティフォーラム2016 ここちよく豊かに生き延びるために」(岩手大学総合教育研究棟〔教育系〕2階北桐ホール)開催のお知らせ  掲載(更新)日時:2016-02-12 18:00:00

 東日本大震災からの復興の途上にある現在低炭素社会を一つの柱とした持続可能な地域社会の実現に向けて、具体的で着実に前進する仕組みづくりが求められています。
 そのために2050年に向けた大きなビジョンを共有し、県民はもとより環境団体、事業者、研究者、行政等あらゆる主体の強みを生かして連携するため、このフォーラムを開催いたします。
 岩手大学は主催のサスティナビリティ・フォーラム実行委員会とともに、当フォーラムに共催しております。

【日時】平成28年2月21日(日)13:30~17:30
【会場】岩手大学総合教育研究棟【教育系】2階・北桐ホール(盛岡市上田三丁目18番8号)
【内容】
  12:30 開場・受付開始
  13:30 開会 主催挨拶
  13:40~15:00 基調講演
    『プラチナ社会へのイノベーションと低炭素社会
     ビジョン2050の実現は視野に入った!』
    講師:小宮山 宏 氏
    (三菱総合研究所理事長、プラチナ構想ネットワーク会長、 東京大学第28代総長)

  15:00~15:40 特別講演
    『連携が切り開く持続可能な地域づくり』
     INS(岩手ネットワークシステム)産学官民連携による
     科学技術×研究開発活動が拓くこれからの未来
     講師:岩渕 明 氏(岩手大学学長)

  15:50~16:20 サスティナビリティ対談
    『岩手からはじまる低炭素社会 未来を拓くもの』
     対談者:小宮山 宏 氏 × 岩淵 明 氏

  16:30~17:30 オープン・ディスカッション(共同討議)
    低炭素ものづくり、省エネ住宅、木質バイオマス、再生可能エネルギー、BDF、
    プラチナ社会研究等の各分野からの代表者に加えて会場の参加者を交えた
    ディスカッション。アドバイザーとして講演者から助言を得ます。

  展示(北桐ホールに隣接する教室にてパネル展示を行います)
   低炭素ものづくり、省エネ住宅、木質バイオマス
   再生可能エネルギー、BDF、プラチナ社会研究会、岩手デザイナー協会

【お問合せ先】
  岩手県地球温暖化防止活動推進センター 担当:櫻井・佐々木
  (NPO法人環境パートナーシップいわて)
  〒020-0045 盛岡市盛岡駅西通1-7-1 アイーナ5F
  TEL:019-681-1904 FAX:019-681-1906
  URL:http://www.iwate-eco.jp/join/sustainability.html

 本件に関する問い合わせ先:
 環境マネジメント推進室  中島(なかしま) 電話番号:019-621-6912 メールアドレス:knakashi@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2707)

被災“地”から被災“者”へ ~6年目の復興と地域課題を考える学生フォーラム~のお知らせ  掲載(更新)日時:2016-02-12 16:00:00

東日本大震災から5年目。多様な価値観、一人一人の望む暮らしの在り方に応じた県土と
復興を考えるため、学生が自身のこれまでの支援活動を振り返り若者視点から感じた地域
課題とこれから求められる視点を発信し、後の世代へとつなぐ復興の在り方と支援団体の
活動継続を考えます。

□日時 平成28年2月20日(土)13:00~17:00(第1日目)
              21日(日)10:00~12:30(第2日目)

□会場 岩手県公会堂大ホール(20日)
     岩手大学復興祈念銀河ホール(21日)

□プログラム
 20日 基調講演
        『多様性に配慮をもった視点から考えるこれからの復興
                   ~ひとりひとりが大切にされる社会をめざして~』
      (一財)ダイバーシティ研究所代表理事・復興庁復興推進参与 田村太郎 氏

      学生発表 1 発災~5年間の支援活動総括
             2 「若者」視点から発信する「現地に存在する地域課題」
      発表団体 岩手大学/三陸復興サポート学生委員会
             岩手県立大学/復興girls&boys
             東北大学/陸前高田応援サークル ぽかぽか
             福島大学/学生ボランティアセンター
             甲南女子大学/関西MyDogirls 

 21日 「若者」パネルトーク
       『学生視点で語る「これから必要なもの」』
       テーマ1 6年目の支援。僕らに求められる支援と姿勢は?
       テーマ2 多様化する地域課題に向けて僕らができることは?
       テーマ3 被災地で得たもの。これからどう生かす?

□申込方法
  「タイトル フォーラム申し込み」「1・参加者氏名(団体名)」「2・参加人数」
  「参加日を選択(2/20・21・両日)」を記載し、問い合わせ先にメールを送付
   してください。電話でも受け付けております。
   ※どなたでも無料で参加できます。
   ※申し込み人数が多い場合、抽選とさせていただきます。
      
         

 本件に関する問い合わせ先:
 三陸復興推進機構 後藤  TEL:019-621-6749(平日8:30~17:15)/MAIL:diug1959@iwate-u.ac.jp
【添付ファイル】
学生フォーラムチラシ

(記事番号:2706)

三陸復興サポート学生委員会 「被災”地”から被災”者”へ~6年目の復興と地域課題を考える学生フォーラム~」のお知らせ  掲載(更新)日時:2016-02-04 09:00:00

震災から5年目。

女性活躍推進法の成立、イクボスの広がり、若者の地域参画等、多様な視点を受け入れる風土づくりが注目を浴び、街づくりや復興政策、支援活動の展開にも、様々な立場からの視点が求められるようになります。

こうした背景をもとに、一人一人の望む暮らしの在り方に応じた復興を考えるため「被災地で活動する学生が振り返るこれまでと、若者視点で感じる課題と今後の取組」

という点から、後の世代へとつなぐ復興の在り方と支援団体の継続を考える2日間のイベントを開催します。

■イベント特設ページはこちら
https://www.facebook.com/events/1551921001793510/
・参加費無料
・先着順になります
※詳しい参加方法は特設ページおよび、下部チラシ裏面リンクから

■三陸復興サポート学生委員会について
岩手大学の学生による三陸復興を目的としたボランティア委員会です。陸前高田市・釜石市において、現地の子どもたちとの交流や地域の伝統行事の支援、地域コミュニティ活性化につながる取組の支援等を行っています。住民さんと名前で呼び合える関係でいることを大切に活動を継続しております。
https://www.facebook.com/sanrikuvolunteer/
https://twitter.com/gandai_gakuvo

 本件に関する問い合わせ先:
 三陸復興推進機構 生活支援部門 ボランティア班 後藤大平 019-621-6749(月~金 8:30~17:15)  diug1959@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2687)

教育学部 学校教育科 新妻二男 教授退職記念講演会のお知らせ  掲載(更新)日時:2016-02-03 13:00:00

教育学部学校教育科 新妻二男 教授は、2016年3月31日をもって
定年退職されます。
 つきましては、退職記念講演会を次のとおり開催しますので、お知らせいたします。

 日時:2016年2月19日(金)15:00~17:00
 場所:総合教育研究棟(教育系) 2F 北桐ホール
 演題:「岩手大学の三十六年間を振り返って−いま、思うこと」

 参加費:無料
 事前申込み:不要(当日、直接会場にお越しください。)

 本件に関する問い合わせ先:
  教育学部学校教育科 阿久津 洋巳 TEL:019-621-6573
                 E-mail: hakutsu@iwate-u.ac.jp または
            土屋 明広  TEL:019-621-6531
                 E-mail: aktsuchi@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2685)

岩手大学人文社会科学部 「2015年度 環境科学課程 特別研究発表会」 の開催のお知らせ  掲載(更新)日時:2016-02-09 14:00:00

岩手大学人文社会科学部環境科学課程では、「2015年度環境科学課程特別研究発表会」を下記の通り開催いたします。
環境科学課程特別研究受講生が各人の卒業論文の概要について発表し、質疑応答を行います。
発表者による学習・研究の集大成となる卒業論文の発表をぜひお聞きください。

「2015年度 環境科学課程 特別研究発表会」
開催日時:2016年2月17日(水)8:40-18:35(終了予定。昼休み12:30-13:15を含む)
会場:岩手大学学生センターA棟(地図参照)2階 G1大講義室

 本件に関する問い合わせ先:
 人文社会科学部 環境科学課程 中島(なかしま) 電話番号:019-621-6739 E-mail:knakashi@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2697)

教育学部美術教育科 近藤克義 教授退職記念講演会のお知らせ  掲載(更新)日時:2016-02-03 21:00:00

教育学部美術教育科 近藤克義 教授は、平成28年3月31日をもって
定年退職されます。
 つきましては、退職記念講演会を次のとおり開催しますので、お知らせいたし
ます。

 日時:平成28年2月16日(火)13:00~14:30
 場所:岩手大学芸術棟 213講義室
 演題:「 自作品を語る 」

 参加費:無料
 事前申込み:不要(当日、直接会場にお越しください。)

    
                 

 本件に関する問い合わせ先:
 教育学部 美術教育科 金沢 文緒 TEL:019-621-6536 E-mail: fmknzw@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2686)

工学研究科修士論文(博士前期課程)発表会について  掲載(更新)日時:2016-02-05 13:00:00

大学院工学研究科博士前期課程の修士論文発表会を開催します。
興味のある方は是非お越しください。

詳細については、発表会日程をご確認ください。

 本件に関する問い合わせ先:
 学務部学務課 専門教育グループ   TEL:019-621-6307 E-mail:grikei@iwate-u.ac.jp
【添付ファイル】
発表会日程
題目一覧

(記事番号:2692)

平成27年度人文社会科学研究科修士論文公開発表会  掲載(更新)日時:2016-01-28 09:00:00

平成27年度人文社会科学研究科修士論文公開発表会についてお知らせします。

日時:平成28年2月15日(月)9時50分~15時20分
場所:G1大講義室(岩手大学学生センターA棟1階)

どなたでもご参加いただけます。

 本件に関する問い合わせ先:
 人文社会科学部 学部運営グループ 八重樫麻衣子 019-621-6705

(記事番号:2674)

岩手大学中国留学生学友会主催の「中国春節祝賀会2016」  掲載(更新)日時:2016-01-28 16:00:00

岩手大学中国留学生学友会では、中国の旧正月に当たる「春節」の祝賀会を下記のとおり催すこととなりました。本祝賀会を通じて、皆様の日頃のご指導ご支援に御礼を申し上げるとともに、遠く岩手へやって来た私たち中国留学生と地域の方々との交流を深めていきたくご案内申し上げます。
また、誠に恐縮ではございますが、本祝賀会の運営費(主に学生への参加費補助)として、ご寄付を賜りますようお願い申し上げます。
諸事ご多用のことと存じますが、祝賀会で皆様にお会いできることを楽しみにしております。

日  時:2016年2月14日(日)18:00~
場  所:ホテルニューカリーナ(岩手県盛岡市菜園2−3−7TEL:019-625-2222)
     ※開催場所が昨年と異なりますので、ご留意ください。
会  費:社会人:5000円  学生:2000円  中学生以下:500円

◆祝賀会参加申込◆
申込方法:
 ①メールでのお申込:yandaxueyouhui2015@gmail.com
 ②FAXでのお申込:019-621-6290
申込内容:
 お名前とご所属を上記メールまたはFAXにてご連絡お願いいたします。
 なお、お電話での参加申込はご遠慮ください。
申込締切:2016年2月5日(金)

◆ご寄付について◆
申込方法:
①個人 5000円/1口(何口でも結構です)
②企業、団体等 10000円/1口(何口でも結構です)
納入方法:
 ①祝賀会へ直接ご持参されるか、集金を希望される方、銀行口座への振込をご希望される方は、下記の連絡先にご連絡お願いいたします。
 ②ご寄付をいただいた企業、団体等につきまして、当日の配布資料に広告(名刺サイズ)を掲載することができますので、ご希望の場合、下記の連絡先にご連絡お願いいたします

◆問い合わせ先◆
岩手大学中国留学生学友会長
徐楚煒(ジョ ソイ) yandaxueyouhui2015@gmail.com  080-4736-6943

(記事番号:2676)

岩手大学公開講座 「かんじきをはいて冬の森を歩こう」  掲載(更新)日時:2015-12-11 11:00:00

岩手大学農学部附属寒冷フィールドサイエンス教育研究センターでは、毎年「かんじきをはいて冬の森を歩こう」を開催しております。今年もかんじきを履いて冬の滝沢演習林を散策し、自然観察・アニマルトラッキングなどを行います。多くの皆様のご参加をお待ちしております!

○開 催 日 時:平成28年2月14日(日)13時~15時30分
         (13時滝沢演習林庁舎前集合)

○場   所: 岩手大学農学部附属寒冷フィールドサイエンス教育研究センター 滝沢演習林
        (IGR巣子駅より徒歩15分)
        (〒020-0623 岩手県滝沢市楢の木沢80 TEL:019-688-4101)

○対   象: 市民一般、親子

○定   員: 20名

○参 加 費: 無料

○留 意 事 項: ①防寒対策を万全にしてきてください。
          ②かんじき、スキーストックをお持ちの方はご持参ください。
          ③雪が少ない場合、かんじきの使用は一部分となり、自然観察が中心となりますので、ご了承ください。

○申 込 締 切:平成28年2月5日(金)又は定員に達し次第

※詳細は添付ファイルをご覧ください。


 本件に関する問い合わせ先:
 岩手大学地域連携推進機構 地域連携推進課  019-621-6492/renkei@iwate-u.ac.jp
【添付ファイル】
H28.2.14公開講座募集要項

(記事番号:2631)

平成27年度中核的専門人材養成事業の成果報告会のお知らせ  掲載(更新)日時:2016-02-02 10:00:00

「東北地方における林業再創生のための中核的林業生産技術人材養成プログラムの開発・実証」成果報告会について、下記のとおりお知らせいたします。

本報告会は,平成27年度「成長分野等における中核的専門人材養成等の戦略的推進」事業(文部科学省)により 実施された「東北地方における林業再創生のための中核的林業生産技術人材養成プログラムの開発・実証」の報告会です。東北地方の林業生産 を担うための環境調和型で高度技術レベルを有する森林管理技術者および経営感覚を持ち先進的林業作業技術や高度森林作業道作設技術の基礎 と応用力を修得した中核的林業生産技術者を養成するためのカリキュラム開発とあわせて実証研修や先進事例調査を行った成果を報告します。

日時:平成28年2月12日(金) 13:00~15:00

会場:岩手大学図書館2F(生涯学習・多目的学習室)

参加費:無料
    ※参加申込は必要ありません。直接会場へお越しください。
    ※皆様のご参加をお待ちしております。

※詳細は添付ファイルをご覧ください。

 本件に関する問い合わせ先:
 岩手大学農学部附属寒冷フィールドサイエンス教育研究センター   019-621-6665/fsciu@iwate-u.ac.jp
【添付ファイル】
H28.2.12報告会概要

(記事番号:2682)

人文社会科学部グローバル・地域人材育成副専攻報告会の開催について  掲載(更新)日時:2016-01-28 16:00:00

人文社会科学部では海外の研修等で獲得したグローバルな視点や行動力を生かし、個々の学生の所属する課程に応じた専門性に基づく、社会的・文化的・環境問題に関わる地域の諸課題の解決に貢献する能力と意欲を育成することを目的として、“グローバル・地域人材育成副専攻”を開設しています。
副専攻取得見込み4年次学生による報告会を下記のとおり開催します。
グローバル副専攻取得予定1~3年次学生や興味のある方はどなたでも参加できます。
皆様のご参加をお待ちしております。

日 時:平成28年2月12日(金)13:00~
場 所:学生センターB棟1階 GB11講義室

 本件に関する問い合わせ先:
 人文社会科学部 学部運営グループ 山谷 恭弘 019-621-6706

(記事番号:2677)

講演会(東北の復興と再生可能エネルギーの活用)のお知らせ  掲載(更新)日時:2016-02-02 22:00:00

 再生可能エネルギーの開発とその利用をテーマとした講演会を開催します。
 講師の高遠秀尚氏は、東日本大震災を契機に設立された産業技術総合研究所・福島再生可能エネルギー研究所において太陽光発電の最先端研究をされている方です。当日は、太陽光発電の基礎から最先端まで分かり易く講演して頂きます。
 山田周生氏は、自作のバイオディーゼルプラントを積んだ自動車で天ぷら油をエネルギー源に地球一周した方で、震災を機に釜石で再生可能エネルギーの活用に取り組んでおられます。当日は地球一周した車を14時30分からテクノホール前で公開します。
 多くの皆様のご来聴をお待ちしています。

主催:岩手大学物質機能・エネルギー科学系、SPERCスマートエネルギー工学研究グループ
共催:岩手大学COC推進室、INSニューマテリアル研究会
日時:2月10日(水)15時〜17時
会場:岩手大学工学部 テクノホール(盛岡市上田4−3−5)

・高遠秀尚氏 (産業技術総合研究所福島再生可能エネルギー研究所・再生可能エネルギー研究センター・太陽光チーム長)
 「太陽電池の開発動向とその課題」
・山田周生氏 (写真家、ジャーナリスト、ユナイテッドグリーン代表理事)
 「天ぷら油で地球一周と震災から学ぶ未来の生き方とは」

 本件に関する問い合わせ先:
 工学部 マテリアル工学科 吉澤正人 電話:019-621-6354、メール:yoshizawa@iwate-u.ac.jp
【添付ファイル】
学術講演会会告

(記事番号:2684)

平成28年3月修了に係る大学院農学研究科(修士課程)修士論文発表会のお知らせ  掲載(更新)日時:2016-02-04 13:00:00

農学研究科(修士課程)では、以下のとおり修士論文発表会を開催します。
専攻及び分野により日時と会場が異なりますので、ご確認のうえ、お越しください。

○農学生命専攻
 日時:平成28年2月15日(月)8:30~12:30
 会場:農学部 北講義棟 1階 2番講義室

○応用生物化学専攻
 日時:平成28年2月15日(月)8:40~15:30
 会場:農学部 総合教育研究棟(生命系) 2階 ぽらんホール

○共生環境専攻 共生環境学コース
 日時:平成28年2月15日(月)9:00~11:00
 会場:農学部 南講義棟 1階 4番講義室

○共生環境専攻 森林科学コース
 日時:平成28年2月15日(月)8:55~12:15
 会場:農学部 2号館 1階 2号会議室

○共生環境専攻 農村環境デザイン学コース
 日時:平成28年2月9日(火)13:00~14:00
 会場:農学部 1号館 4階 413室

○動物科学専攻
 日時:平成28年2月16日(火)9:00~14:20
 会場:農学部 総合教育研究棟(生命系) 2階 ぽらんホール

○バイオフロンティア専攻
 日時:平成28年2月17日(水)9:50~16:45
 会場:農学部 総合教育研究棟(生命系)1階 遠隔講義室(スペースC)

 本件に関する問い合わせ先:
 学務部学務課 専門教育グループ  019-621-6988

(記事番号:2690)

平成27年度岩手大学教育学研究科修士論文発表会のお知らせ  掲載(更新)日時:2016-01-28 20:00:00

岩手大学教育学研究科修士論文発表会を開催します。
直接会場までお越しください。
発表会の日時と場所は、添付ファイルをご覧ください。

 本件に関する問い合わせ先:
 学務部学務課 専門教育グループ 佐々木 電話:019-621-6507

(記事番号:2678)

「盛岡サケワークショップ」開催のお知らせ  掲載(更新)日時:2016-01-22 18:00:00

岩手大学では、東日本大震災及び大津波により壊滅的な被害を受けた三陸沿岸の水産業復興のため、新たに農学部内に水産系大学院および食料生産環境学科水産システム学コースを設置することになりました。

三陸沿岸の水産業はサケ漁に大きく依存しています。このためサケ類研究の推進により三陸水産業の復興と持続的発展を図ろうとする岩手大学の水産教育の支援のために、その成果を役立てることを目的として本ワークショップを開催します。

研究者、水産関係者、サケ放流事業関係者ほかサケについて興味のある一般の方まで広く参加をお待ちしております。

【日 時】2016年2月8日(月)~10日(水)
【場 所】ホテルメトロポリタン盛岡ニューウイング、岩手県盛岡市
【日 程】
2月08日(月) 8:45-20:30 ワークショップ及び歓迎レセプション
2月09日(火) 9:30-15:50 ワークショップ及びポスターセッション
2月10日(水) 9:00-17:30 フィールドツアー(関係者のみ)

※歓迎レセプション参加者は会費¥5000を頂きます
※2月10日のフィールドツアーは関係者のみで実施します。

【申込方法】メールまたはFAXにてお申し込み下さい。
メールの場合
件名を「盛岡サケWS参加申込み」として
・参加者氏名
・所属(職業・学部/専攻等)
・連絡先電話番号
・参加日程
をご記入のうえ、下記までお送り下さい
kamaishi@iwate-u.ac.jp

FAXの方は下記のパンフレットを印刷し、裏面の申込用紙をお送り下さい。

盛岡サケワークショップ ホームページ
http://sfrc.iwate-u.ac.jp/salmon_workshop_jp.html
パンフレット(申込用紙付き)
http://sfrc.iwate-u.ac.jp/MoriokaSalmonWorkshopAdJapanese.pdf
プログラム(実施要項)
http://sfrc.iwate-u.ac.jp/workshopprogramjapanese.pdf

 本件に関する問い合わせ先:
 三陸水産研究センター  澤井雅幸 sawai381@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2667)

平成27年度岩手大学三陸復興推進機構シンポジウム  掲載(更新)日時:2016-01-07 14:00:00

岩手大学では、被災地自治体の協力を得て、釜石市、久慈市、宮古市、大船渡市に、
サテライト・エクステンションセンターを設置し、被災地のニーズを汲み上げながら、
「『岩手の復興と再生に』オール岩大パワーを」をスローガンに、様々な震災復興推進活動に取り組んでいます。
岩手大学三陸復興推進機構の取組を広く皆様にご紹介します。

□日時 平成28年2月7日(日)13:00~17:30(12:30開場)

□会場 岩手大学北桐ホール(総合教育研究棟(教育系)2階)
http://www.iwate-u.ac.jp/campusannai/

□プログラム
 13:00~13:25 開会・岩手大学における三陸復興推進活動概要報告
 13:25~15:55 各部門の活動報告
 16:00~17:30 パネルディスカッション「三陸復興と地域創生について」
              モデレーター 八代仁岩手大学三陸復興推進機構長
             パネリスト    岩渕明岩手大学長 
                        菅原悦子岩手大学地域連携担当理事
                       廣田純一岩手大学三陸復興推進機構生活支援部門長 
                       中村一郎岩手県復興局長
                      山崎秀樹釜石市副市長
                       岩手大学学生代表
 17:30 閉会

 ※展示コーナーも設けています。
  場所:総合教育研究棟(教育系)2階 ロビー、E22講義室

□申込方法
 参加申込書に必要事項をご記入の上、FAXで三陸復興推進課までお送りください。
 電話又はメールでも受け付けております。
  ※どなた様でも無料で参加できます。

 本件に関する問い合わせ先:
 三陸復興推進課   TEL:019-621-6629/FAX:019-621-6995/E-mail:sanriku@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2653)

平成27年度 第2回教員研修会「道徳教育と哲学対話」のご案内  掲載(更新)日時:2016-01-14 14:00:00

平成27年度 第2回教員研修会「道徳教育と哲学対話」についてご案内いたします。

<講演とワークショップ>

◆日時  平成28年2月6日(土)13時30分~15時30分
◆会場  岩手大学総合教育研究棟(教育系,旧教育学部1号館)E24教室

◆演題 「道徳教育と哲学対話」
◆講師  立教大学文学部 教授 河野哲也氏
◆ワークショップ 「対話と思考による道徳教育の実践」

趣旨
 今回の講演では、道徳教育の時間に「哲学対話」の手法を導入する試みが紹介されます。さらに講演後、ワークショップの形式で哲学対話の活動を体験してもらいます。
 哲学といっても難しい概念を振りかざし、理屈をこねるものではなく、ある問題に対して意見を交わし、ともに考え、探求していく活動です。これからの道徳教育に求められている「対話力」と「思考力」の育成につながる教育方法を考えるとともに、対話における教師の役割を実践的に学ぶよい機会となります。現職の方はもちろん、教員を目指す学生さん、さらに道徳教育や哲学対話に関心のある方にも貴重な機会になります。皆様のご参加をお待ちしています。

※参加費は無料、事前申し込みは不要です。直接会場にお越し下さい。

主催 岩手大学教育学部、教育学部附属教育実践総合センター、岩手県教育研究ネットワーク
後援 岩手県教育委員会、岩手県市町村教育委員会協議会

 本件に関する問い合わせ先:
 岩手大学教育学部 附属教育実践総合センター 陳ヶ岡安雄、林悦子 電話:019-621-6640 メール:ehayashi@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2658)

第3回外国人留学生による“岩手のいいところ”写真展の開催について   掲載(更新)日時:2016-01-27 14:00:00

平成27年度岩手県留学生交流推進協議会(事務局:岩手大学国際課)の主催事業として、「第3回外国人留学生による“岩手のいいところ”写真展」を下記のとおり開催いたします。

岩手県内の高等教育機関等に在籍している留学生が、岩手にきて感じたこと、思い出になったことを写真で展示しています。今年度のテーマは「いわての食」としておりますが、食にかかわる写真の他にもユニークな写真が寄せられております。

これらの作品から優秀作品を選出し、表彰及び副賞の授与を行う予定です。
なお、作品賞のひとつである「アザリア賞」は、来場者の投票で決まりますので、ぜひ会場に足をお運びいただけますと幸いです。

            記
日時:平成28年2月5日(金)~2月19日(金)10:00-17:00
   ★11日は休館日です
会場:岩手大学図書館ギャラリー アザリア【入場無料】

※岩手大学での展示が終了後、岩手県国際交流協会(アイーナ)及び国立岩手山青少年交流の家にて、順次展示を行う予定です。

 本件に関する問い合わせ先:
 岩手大学国際課   019-621-6067, gryugaku@iwate-u.ac.jp
【添付ファイル】
案内
開催要項

(記事番号:2673)

女性の活躍促進セミナー2016 ~企業・団体とともに~ のお知らせ  掲載(更新)日時:2016-01-20 09:00:00

「いわて女性研究者支援ネットワーク」が2016年4月から発足するにあたり、
連携ネットワークの更なる拡充を目指して、女性の活躍促進セミナーを開催します。
企業や団体などの先進的事例を学び、いわて圏域の女性研究者・技術者の活動状況・
情報を共有します。ご関心のある皆さま、ふるってご参加ください。


日時 2016年2月2日(火) 15:00~17:00
会場 コラボMIU(盛岡市産学官連携研究センター)岩手大学工学部隣接
                        駐車場有
内容 
  ○基調講演「JR東日本のダイバーシティ推進『女性の採用と職域拡大』について」
     松澤 一美 (東日本旅客鉄道株式会社人事部
                ダイバーシティ推進グループ課長) 
  ○事業の経緯と今後 「拠点型事業から支援ネットワーク設立へ」
        菅原 悦子 (岩手大学理事・副学長、男女共同参画推進室長)

 ○話題提供 「企業・団体における女性の活動と課題」
  太田 睦子 ((公財)岩手県予防医学協会 医療技術部長)  
  千葉 由美子 ((株)大昌電子 管理本部岩手工場総務部長)
  佐々木 知美 ((一社)岩手県薬剤師会検査センター 食品分析課長補佐)
  高橋 けい子 ((有)クワン代表取締役会長)
 ○情報交換会
対象 岩手大学ならびに関係機関、企業、各種団体の実務担当者、女性研究者・技術者、
   地域の方々 等
主催 岩手大学男女共同参画推進室、INS男女共同参画推進研究会
後援 岩手県中小企業家同友会

 本件に関する問い合わせ先:
 男女共同参画推進室   019-621-6988   equality@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2660)