ホーム イベント情報一覧
各月イベント情報
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年10月のイベント情報2016年10月のイベント情報

さくらサイエンスプラン講演会のご案内  掲載(更新)日時:2016-10-24 13:00:00

 日本・アジア青少年サイエンス交流事業(さくらサイエンスプラン)の 実施に伴いまして、以下の通り講演会を開催いたします。
 さくらサイエンスプランでは、協定校を中心にアジアの学生10名を 約一週間招聘し、最先端の研究技術を体験させ、海外からの 優秀な人材の育成に貢献することを目的としております。
 今回は「岩手の“復興”と“未来”を支える科学技術を学ぶ」という タイトルのもと、被災地研修を中心とした活動と交流を行います。

 講演会では、岩渕 明 学長のご講演及び理工学部の教員による先端 研究紹介を予定しております。
 教職員及び学生の皆様のご参加をお待ちしております。


            記

日時   : 平成28年10月26日(水) 8:50~11:30
場所   : 理工学部 復興祈念銀河ホール
内容   : 1.基調講演(岩渕学長)
       2.岩手大学紹介(社会基盤・環境コース 伊藤先生)   
  3.先端研究紹介(化学コース 竹口先生)
       4.先端研究紹介(知能・メディア情報コース 明石先生)

使用言語 : 英語

 本件に関する問い合わせ先:
 理工学部 研グロ対策室 亀井 千幸 TEL:019-621-6405  Mail:kenguro@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2973)

第21回イーハトーブの科学と技術展(頭と体と心の3体験(みたいけん)フェスティバル  掲載(更新)日時:2016-10-20 09:00:00

下記の要領で、岩手山青少年交流の家と連携して、
第21回イーハトーブの科学と技術展を開催いたします。
是非ご参加ください。

会場: 盛岡市産学官連携研究センター棟
日時: 10月23日(日) 10:00~15:00

〇事業の内容
(1)岩手大学出展コーナー
・水中ロボット製作教室(理工学部 三好扶准教授)
・ロボコン体験教室(理工学部 小山猛助教)
・ドローンであそぼう(三陸復興・地域創生推進機構 今井潤教授)
・超簡単ラジオを作ろう(技術部)
・あなたも似顔絵名人(技術部)

(2)岩手県立県南青少年の家出展コーナー
・森のキーホルダーづくり

(3)国立岩手山青少年交流の家出展コーナー
・プラ板づくり

(4)大学研究室探検ツアー

 本件に関する問い合わせ先:
 三陸復興・地域創生推進機構 地域創生部門 今井潤 019-621-6491 e-mail: junimai@iwate-u.ac.jp
【添付ファイル】
イベントチラシ

(記事番号:2961)

陸前高田グローバルキャンパス 大学シンポジウム2017の開催について【1月21日・22日開催】  掲載(更新)日時:2016-10-19 18:00:00

 東日本大震災の発災から約6年が経ち、さまざまな大学が岩手県陸前高田市において行ってきた活動を大学関係者同士、そして市民の方々と共有することを通して、相互に交流が生まれることを目的に、下記のとおりシンポジウムを開催します。
 本シンポジウムは本学と立教大学が、陸前高田市の協力を得て開設予定の「陸前高田グローバルキャンパス」についてご説明するとともに、ご意見・ご要望を伺う機会とも考えておりますので、奮ってご参加ください。
 参加をご希望の方は、当日、直接会場にお越しください。

 日にち:2017年1月21日(土)、22日(日)
     ※当日のタイムテーブル(予定)は添付のチラシをご覧ください。
 場所:陸前高田市コミュニティホール
 対象:大学教職員・学生及び一般市民
 参加費:無料
 主催:岩手大学、立教大学
 後援:岩手県陸前高田市、陸前高田市教育委員会、いわて高等教育コンソーシアム(予定)、ふるさといわて創造協議会(予定)

 本件に関する問い合わせ先:
 シンポジウム事務局 地域連携・COC推進課  rtgcsymp@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2960)

岩手大学図書館 読書の秋の特別企画  掲載(更新)日時:2016-10-13 11:00:00

岩手大学図書館では不来方祭・オープンキャンパスの開催に
あわせて3つの特別企画を実施します。
みなさまのご来館お待ちしております!

■一般公開
 場所:岩手大学図書館(総合案内後ろ)
 日時:10/15(土)10:00~18:00
 
 オープンキャンパスでは岩手大学図書館を一般公開します。
 大学における研究と教育を支える「エンノシタノチカラモチ」、
 大学図書館をぜひこの機会にご覧ください。

■不要図書のリユース
 場所:岩手大学図書館1階玄関ホール
 日時:10/15(土)10:00~18:00
     10/16(日)10:00~18:00(図書館開館時間内)
 
 大学祭開催期間中、図書館で不要になった図書を無料で差し上げます。
 場所は図書館正面入口を入ってすぐの玄関ホールです。
 ぜひ、お気に入りの1冊を見つけてご自由にお持ちください。

■展示企画「ブックハンターが選ぶ41冊」
 場所:岩手大学図書館2階カウンター前
 期間:11月27日(日)まで

 学生たちが学生たちに読んでほしい本を選んで展示しています。
 オリジナルのPOPと紹介文が新しい本との出会いを演出してくれます。
 ぜひ手にとってみてください。

 本件に関する問い合わせ先:
 学術研究推進部学術情報課 総務グループ  TEL:019-621-6082 E-mail:lsomu@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2943)

平成28年台風10号災害緊急調査報告会  掲載(更新)日時:2016-10-06 14:00:00

 平成28年8月30日に岩手県に上陸した台風10号は,岩手県や北海道に甚大な被害をもたらしました。特に岩手県内では,死者20名,行方不明者3名に及び,孤立世帯も一時,535世帯1,093名に達するなど,近年では類を見ないほど大きな災害になってしまいました。
 岩手大学では,発災直後から地域防災研究センター所属の教員らにより水害や土砂災害などを精力的に調査してまいりました。それらの調査結果の概要を報告し,今後の防災活動に資することを目的に,緊急調査報告会を開催致します。是非ご参加くださいますようご案内申し上げます。

開催日時 2016 年 10 月 15 日(土) 16:00~18:50(開場 15:30)
開催場所 岩手大学理工学部キャンパス内
     復興祈念銀河ホール(定員 120 名)
対  象 一般市民,自然災害研究者,防災関係者,行政関係者,
     教育関係者,学生等(どなたでも)
入 場 料 無料 ※事前申込不要です

プログラムの詳細は、添付ファイルをご覧ください。

 本件に関する問い合わせ先:
 地域防災研究センター 特任助教 菊池 義浩 yoshihir@iwate-u.ac.jp
【添付ファイル】
RCRDM緊急調査報告会_案内

(記事番号:2935)

岩手大学オープンキャンパス  掲載(更新)日時:2016-09-15 09:00:00

 平成28年度第2回『岩手大学オープンキャンパス』を平成28年10月15日(土)に開催します。
 学部紹介・模擬講義・研究室公開・学生による大学生活紹介・入試相談コーナー等の様々なプログラムをご用意して皆様の参加をお待ちしております!

 ぜひ、岩手大学を観て、聴いて、感じて下さい。

 詳しくはこちらをご覧下さい。
 http://www.iwate-u.ac.jp/nyusi/campus/open_campus.html

 なお、当日は岩手大学大学祭「不来方祭」も同時開催します。

(記事番号:2900)

第67回岩手大学不来方祭開催  掲載(更新)日時:2016-09-15 18:00:00

岩手大学不来方祭実行委員会よりお知らせです。
今年も不来方祭を開催することとなりました。
各サークルや団体による模擬店、展示、発表など様々な企画をご用意してお待ちしております!ぜひお越しください。

日時 10月14日(金)前夜祭 16:00~19:00
     15日(土)本祭  10:00~16:00(オープンキャンパス同時開催)
     16日(日)本祭  10:00~16:00
場所 岩手大学構内

構内の駐車場には限りがあり、例年大変混雑します。ご来場の際はできるだけ公共交通機関等のご利用をお願い申し上げます。皆さまのご協力をお願いいたします。

○バス利用 (盛岡駅前バスターミナル11 番のりば)
「盛岡駅→岩手大学」
・岩手県交通バス 駅上田線
 乗車− 「松園バスターミナル行き」
 下車− 「岩手大学前」
・岩手県交通バス 駅桜台団地線
 乗車− 「桜台団地行き」
 下車− 「岩手大学前」

「岩手大学→盛岡駅」※お帰りの際は、行きとは別のルートとなります。
バス停は岩手大学正門前から約徒歩3分の所にある「上田二丁目」となります。
バス停:「上田二丁目」
・岩手県交通バス 駅上田線
 乗車- 「盛岡駅行き」
 下車- 「盛岡駅」
・岩手県北バス
バス停:「上田二丁目」
 乗車-「イオンモール盛岡南行き盛岡駅行き」
 下車-盛岡駅口


不来方祭の詳細は以下のホームページをご覧ください。
【岩手大学第67回不来方祭ホームページ】
http://kozukatasai63.web.fc2.com/

 本件に関する問い合わせ先:
 不来方祭実行委員会   gakusai@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2903)

世界遺産の整備・公開・活用国際シンポジウム(ASIA JOINT SYMPOSIUM 2016分科会)開催案内  掲載(更新)日時:2016-10-05 10:00:00

岩手大学では、平成15年度より国際的な大学間ネットワークや地域間交流を活用し、地域の発展に貢献するための事業UURRプロジェクト(University and University + Region and Region=大学・大学と地域・地域の連携事業)を推進してまいりました。平成25・26年度の2か年には、岩手大学・岩手県教育委員会・平泉町教育委員会・曲阜師範大学・山東省文物考古研究所・孔子研究院の6団体を主催者としてUURRプロジェクト「世界文化遺産の保存・管理・教育普及に関する検討会」を行いました。また、昨年度には岩手県教育委員会・中国浙江省文物考古研究所等と共催で浙江省杭州市において「世界文化遺産保護及び管理に関する国際シンポジウム」を開催いたしました。
今年度は岩手大学・岩手県教委育委員会・浙江省文物考古研究所・浙江大学共同で「世界遺産の整備・公開・活用国際シンポジウム」をテーマに、世界遺産の公開の方法、公開のための修復方法、世界遺産を活用した地域の取組などについて研究発表を行う予定でおります。ご多用中とは存じますが、ぜひご来場賜るようご案内申し上げます。

            記
日 時:2016年10月13日(木) 13:30~18:00
場 所:岩手大学教育学部北桐ホール(総合教育研究棟〈旧1号館〉2階)
入場料:無 料(一般の聴講歓迎)
【プログラム】
第一部 13:40~15:40 司会:佐藤嘉広氏(岩手県教育委員会)、
・13:40~14:20 「南宋期における中日関係」
 何忠礼氏(浙江大学教授、南宋文化研究センター長)
・14:20~14:40 「平泉遺跡群の考古学的調査成果と課題」
 伊藤博幸氏(岩手大学平泉文化研究センター客員教授)
・14:40~15:20 「浙江省における世界文化遺産資源とその申請管理について」
 黄 斌氏(浙江省文物考古研究所副所長、研究員)
・15:20~15:40 「Virtual Heritage- its power and an approach to get there」 
 Ahn Eunyoung安銀榮氏(Hanbat National University、Department of Information & Communication Engineering、Professor)
休憩10分 15:40~15:50

第二部 15:50~18:00 司会:伊藤博幸氏
・15:50~16:10 「史跡整備と世界遺産 ―柳之御所遺跡の整備をめぐって―」
 千葉正彦氏(岩手県教育委員会文化財専門員)
・16:10~16:30 「世界遺産「平泉」と価値のイメージ」
 佐藤嘉広氏(岩手県教育委員会世界遺産担当課長)
・16:30~17:10 「西湖世界遺産の価値及びその保護管理」
 潘滄桑氏(杭州西湖博物館館長)
・17:10~17:30 「ポータブル複合X線分析による中国産陶磁器の産地推定に関する研究」(會澤純雄・桑静・平原英俊・徳留大輔)
 會澤純雄氏(岩手大学理工学部准教授、平泉文化研究センター兼務教員)
・17:30~17:50 討論

 本件に関する問い合わせ先:
 岩手大学平泉文化研究センター事務局   Tel・Fax:019-621-6529  E-mail:ryukaiu@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2932)

ASIA JOINT SYMPOSIUM 2016 「地域創生と人材育成」開催案内  掲載(更新)日時:2016-09-27 15:00:00

10月13日(木)に岩手大学を会場として、日本・中国・韓国・マレーシアなど東・東南アジア地域における産学官連携活動の強化のための国際シンポジウム、「ASIA JOINT SYMPOSIUM 2016:地域創生と人材育成」を開催します。

本シンポジウムは、平成15年度、「2003年日中中小企業技術製品交流懇談会」より始まったUURRプロジェクト(海外大学&地域間における国際産学官連携事業)の一環として、中国・大連理工大学、韓国・国立HANBAT大学校、 及びマレーシア・パハン大学との共催により国際産学官連携シンポジウムを 毎年開催しているものです。

特に今回は「産学連携と人材育成」「金型・鋳造」「世界遺産」「環境工学」「農学」の5分野をテーマとした分科会を開催するなど、日本・中国・韓国・マレーシア など、東・東南アジア地域における全学的な産学官連携の強化を目指した内容としております。

つきましては、参加を希望される方は、別添参加申込書をダウンロードのうえ、下記連絡先まで10月7日(金)までに申込みくださいますよう、ご案内します。

1.開催日:2016年10月13日(木)
2.内容 
(1)開会挨拶・基調講演
 時間:9:00~12:00
 会場:北桐ホール(総合教育研究棟(教育系))
  <来賓挨拶> 達増拓也・岩手県知事
  <基調講演> 
   ①「新産業構造ビジョン」
    渡邉政嘉・岩手大学客員教授(経済産業省 産業技術政策課長)
   ②「地域復興のための人材開発」
    王志剛・岐阜大学副学長
   ③「平城宮跡の保存と活用」
    内田和伸・奈良文化財研究所遺跡整備研究室長

(2)分科会
 時間:13:30~17:30
 会場:別添開催要項参照
  分科会テーマ
   ①産学連携と人材育成(地域が求める人材の育成)
   ②金型・鋳造(金型・鋳造分野における地域創生と人材育成)
   ③世界遺産(世界遺産の整備・公開・活用)
   ④環境工学(環境保全技術)
   ⑤農学(一次産業をめぐる地域課題と研究動向)
 
(3)交流レセプション
 時間:18:30~20:00
 会場:ホテルメトロポリタン盛岡 本館
 会費:5,000円(会場で申し受けます)

 本件に関する問い合わせ先:
 国際連携室 石松、崔  019-621-6076, iuic@iwate-u.ac.jp
【添付ファイル】
ポスター
開催要項
参加申込書

(記事番号:2914)

平成28年度動物慰霊祭の開催について  掲載(更新)日時:2016-10-03 21:00:00

岩手大学農学部では、毎年動物慰霊祭を実施して、研究者や学生の研究のために命を捧げ、また、動物病院を受診したが、残念ながら亡くなった動物たちの供養を行っております。
つきましては、日頃動物に関わっていただいている方々のご出席をいただきたく下記のとおりご案内します。
また、慰霊祭終了後講演会を予定しておりますので、講演会への参加についても併せてご案内します。

日 時:平成28年10月12日(水)16:00~17:20
【慰霊祭】
時 間:16:00~16:30
場 所:畜魂碑前(雨天時は総合教育研究棟2F・ぽらんホール)
【講演会】
時 間:16:40~17:20
場 所:総合教育研究棟2F・ぽらんホール
演 題:「どう向き合うか 人と野生動物」
講 師:秋田市大森山動物園長
       小 松   守  氏

 本件に関する問い合わせ先:
 農学部 学部運営グループ 木村 t.kimura@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2930)

ロールモデル講演会 地元で働き、地元で暮らす  掲載(更新)日時:2016-10-04 19:00:00

今年度、男女共同参画推進学生委員会は「これからのライフプランニング~多様な視点から」をテーマとしています。そのもとで岩手県庁若者女性協働推進室と連携しロールモデルに関わる事業を進めて参りましたが、この度学生向け講演会を下記の要領で開催いたします。

                        記

・日時   2016年10月7日(金)17:30~20:00
・場所   岩手県公会堂21号室
・内容   県内で働く女性の方々の講演、意見交換
・お申込  メール AC0006@pref.iwate.jp
 電話 019-629-5346 FAX 019-629-5354
上記の連絡先まで①所属(学校名・学部学科)②氏名③連絡先(電話番号等)を明記し10/6(木)までにお申込み下さい。

 本件に関する問い合わせ先:
 岩手大学男女共同参画推進学生委員会   斎藤 gesco@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2931)

ハローパーティ(米・アーラム大学生との交流会)  掲載(更新)日時:2016-09-27 17:00:00

アメリカの大学生と英語、または日本語で交流するチャンスです!
岩手大学の協定校であるアメリカ・アーラム大学にはALTになるためのプログラムがあり、毎年数名の学生が日本に4ヶ月間滞在して、日本語研修を行います。今年も8名の学生が岩手大学に滞在することになりました。
そこで、毎年恒例のハローパーティ(歓迎会)を開催します!
この機会に、英語や日本語を使って交流してみませんか?

◇日時:2016年10月6日(木)16:30~18:00
◇会場:学生センターB棟1階 多目的室
 
特別な申込は必要ありません。直接会場にいらしてください。

岩手大学国際交流ページ
http://iuic.iwate-u.ac.jp/cgi-bin/news.cgi?f1=1408684419&f2=staff

 本件に関する問い合わせ先:
 グローバル教育センター  尾中夏美 onaka@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2915)

平成28年度10月期大学院入学式  掲載(更新)日時:2016-09-30 13:00:00

平成28年度10月期大学院入学式を挙行いたします。

【日時】平成28年10月3日(月)10:00~10:30(開場9:30)
【会場】岩手大学復興祈念銀河ホール

 本件に関する問い合わせ先:
 総務広報課 総務グループ  TEL:019-621-6006 E-mail:ssomu@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2924)

岩手大学公開講座 フィールドセミナー 秋の植物観察会  掲載(更新)日時:2016-08-26 09:00:00

岩手大学農学部附属寒冷フィールドサイエンス教育研究センターでは、
滝沢演習林で秋の樹木観察や不伐の森等の散策を楽しめる植物観察会を開催します。
ぜひ、この季節の森の様子を観察しましょう!

 ○日  時:平成28年10月2日(日)10:00~12:30

 ○場  所:岩手大学農学部附属寒冷フィールドサイエンス教育研究センター
       滝沢演習林 ※10時滝沢演習林庁舎前集合
      (住所:岩手県滝沢市楢の木沢80 TEL:019-688-4101)

○講  師:伊藤 勲 氏(元岩手大学農学部演習林職員)
  
○対  象:市民一般

○募集人数:15名程度

○参 加 費:無 料 

○服 装 等:森林散策に馴染む服装、小雨決行(雨具持参)
       水分補給の飲み物をご持参下さい。

○申込締切:平成28年9月21日(水)又は定員に達し次第

※詳細は、添付ファイルをご覧下さい。

 本件に関する問い合わせ先:
 岩手大学三陸復興・地域創生推進機構  地域連携・COC推進課  TEL:019-621-6492  メール:renkei@iwate-u.ac.jp
【添付ファイル】
募集要項

(記事番号:2877)

レクチャー・デモンストレーション「インドネシアの音楽文化と教育~ガムランと舞踊を中心に~」  掲載(更新)日時:2016-08-03 22:00:00

インドネシアよりガムラン音楽&楽器製作の専門家をお招きし、「インドネシアの音楽文化と教育」をテーマに、レクチャー・デモンストレーションを開催します。ガムラン音楽、スンダ(西ジャワ)の歌と合唱、ワヤン・ゴレック(人形芝居)、インドネシア舞踊を、解説と実演でご紹介します。

■日時: 10月2日(日)13:00開演 15:00終演(予定)

■会場:岩手大学 北桐ホール(総合教育研究棟(教育系)2階)

■司会・企画:川口明子(岩手大学教授)

■講師:へディ・リスディアナ・リスコンダ(ガムラン演奏家・楽器製作者)
 村上圭子(ガムラン演奏家、NPO法人日本ガムラン音楽振興会代表)
*来日予定でしたリスコンダ氏(ガムラン演奏家、元国立芸術高校バンドン校教員)は、都合により来日されないことになり、お詫び申し上げます。なお、公演は予定通り行いますので、ご了承ください。

■舞踊&通訳:アユ・イスカンダル・阿部(インドネシア舞踊家)

■演奏:岩手大学ガムラン・ドゥグン・アンサンブル(教育学部学生・大学院生)

■入場無料&定員100名(予約制・先着順)

■対象:一般(小学生以上)、岩手大学学生・教職員、岩手県の小・中・高校の教職員

■お申込先:岩手大学三陸復興・地域創生推進機構(地域連携・COC推進課)
 TEL:019-621-6492、FAX:019-621-6493、E-mail:renkei@iwate-u.ac.jp
 ご希望の方は、【10/2インドネシアの音楽文化と教育】の公演名ならびに【お名前】【所属(学校名等)】【人数】【連絡先の電話番号またはE-mail】を添えて、上記までお申し込み下さい。

■主催:岩手大学教育学部音楽教育科川口研究室
 共催:岩手大学教育学部音楽教育科/岩手大学アートフォーラム
 後援:岩手県音楽教育研究会/岩手県高等学校教育研究会音楽部会
*本公演はJSPS科学研究費(課題番号:15K04398 研究代表者:川口明子)の助成を受けたものです。

 本件に関する問い合わせ先:
 教育学部 音楽教育科 川口明子 TEL:019-621-6566 MAIL:akikok@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2856)