ホーム>ワーク・ライフ・バランス支援情報>次世代育成支援>妊娠・育児中の教職員がいる部署の教職員の方へ

ワーク・ライフ・バランス支援情報

次世代育成支援

妊娠・育児中の教職員がいる部署の教職員の方へ

周りに休暇や休業をとる人がいる方へ

休暇や休業の申し出を受けたら、今後の仕事の割り振りや体制について早めに話し合いましょう。お休みする人にとって、相談や復帰がしやすいよう雰囲気作りを心がけましょう。

妊娠の報告を受けた所属長・上司の方へ
~「おめでとう」の気持ちを込めて~

妊娠の報告を受けた際、あれやこれやとしなければならないことが頭の中を駆け巡って、最初は戸惑うかもしれません。しかし、そのような思いは一旦後回しにして、まずは、「おめでとう」と小さな命をお祝いしましょう。

はじめて妊娠した女性は勿論のこと、経産婦であっても体調の変化がともなう妊娠や出産には大きな不安があるものです。今後の仕事の進め方や引継ぎの時期、代替の人員確保などは、部下の意向を聞きながら、産休・育休に備えていくと良いでしょう。また、産休・育休取得者の復職予定表の作成等は、復帰を迎える職員の心構えにもつながり、復職がスムーズになるはずです。

<上司や人事担当者の皆さんへ>

上司や人事担当者は、産前産後休暇中の職員の業務を円滑に処理するために、必要に応じて人事配置上の措置を講じましょう。特に、産前産後期間は、母体の健康維持と回復に専念するための休養期間とされていますので、配偶者の負担を軽減することや男性の育児参加意識を高めるためにも、各種休暇や育児休業等の取得を奨励し、可能な限り承認するようにしましょう。

出産前後の女性職員、教員の業務分担については、本人や周囲の職員とよく相談することが重要です。また、必要に応じて、産前産後、育児休業期間中の臨時的職員の任用や非常勤職員の採用などの代替措置について人事担当者を交えて検討すると良いと思われます。その他、育児のために利用できる制度について、周囲の職員にも説明するなど、職場環境の整備に努めていきましょう。

サポート体制を築くポイント

妊娠~妊娠前期 妊娠がわかったら・・・

  • 妊娠の申し出を受けたら、今後のことについて話し合いましょう。困りごとが生じたら、まずは男女共同参画推進室にご相談下さい。
  • 休みに入るまでの業務や講義等の調整、休みの代替等についても、しっかり情報提供をしましょう。その上で本人の意向を伺い、休み中のプランを立てましょう。
  • 母健カードが提出されたら、作業の軽減など医師の指導に応じた措置を取りましょう。
この時期に備えるべき情報
  • 次世代育成支援職員規則(掲載準備中)

妊娠後期~育児休業 出産の前に・・・

  • 危険業務や時間外、休日労働、深夜勤務などへの配慮が必要です。本人が相談しやすい職場環境を整えておくことが大切です。
  • 他の教職員の業務を配慮しながら、早めに仕事の割り振りを済ませておくと引継ぎ者も安心です。
  • 育児休業の期間や復職後の予定について、本人とよく話し合い、他の教職員とも業務が円滑に進むように情報を共有するようにしましょう。
  • 休み中、職場の必要な情報が本人に届くようにしておくと復職の際、スムースです。

復職に向けて~復職 復職してしばらくは・・・

  • 復職後の業務について、本人の意向に基づき話し合いましょう。
  • 育児休業の延長や2度目の育児休業の申請、時短勤務等の制度利用についても、情報提供を行い、本人の希望をもとに業務の調整等が必要です。勤務の軽減の対象となる休日や時間外、深夜勤務についても、しっかり希望を聞き、話し合っておきましょう。
  • 復職後、しばらくは、仕事と育児の両立で大きな負担がかかる時期です。育児に取り組む教職への配慮として、業務の整理や割り振りなどが必要になります。
  • 地域の各種社会資源に関する情報収集のために男女共同参画推進室を活用しましょう。育児に取り組む同僚、先輩に出会うことで不安を軽減することもできます。
この時期に備えるべき情報

岩手大学ワーク・ライフ・バランス支援ガイド(PDF)