ホーム>ワーク・ライフ・バランス支援情報>次世代育成支援>パートナーが妊娠中及び育児中の男性教職員の方へ

ワーク・ライフ・バランス支援情報

次世代育成支援

パートナーが妊娠中及び育児中の男性教職員の方へ

パートナーが妊娠したら

タイミングを見て周囲の人に報告を。仕事だけに集中できない時期ですが、生活が落ち着いてきたらまた仕事や研究に集中できる時期が来ます。この時期こそワーク・ライフ・バランスを大切にしましょう。

パートナーの出産と育児に向けたプランづくりと支援体制構築に向けて

妊娠~妊娠前期 妊娠がわかったら・・・

妊娠中は、不安な気持ちになることが多いものです。パートナーの不安な気持ちを受け止めながら、家庭内の協力体制を築く大切な時期です。

この時期に備えるべき情報

妊娠後期~育児休業 出産の前に・・・

パートナーの職場復帰支援策の一つとして、近隣の保育所情報や子育て支援情報を収集することがあります。社会資源等も利用して夫婦の協力者をリストアップするのもいいかもしれません。この時期が比較的余裕がある時期ですので、様々な支援策について考えられる時期です。

この時期に備えるべき情報
  • 近隣の保育園、幼稚園情報等
  • 身近なワーク・ライフ・バランス実践者の経験談

復職に向けて~復職 復職の前に・・・

  • パートナーの復職を円滑にするために、保育所選びや入所手続きを行いましょう。また、いざというために二重保育(ベビーシッター、病児・病後児保育等)の情報を集め、復職に際して心配を減らしておきましょう。
この時期に備えるべき情報
  • しばらくは、子どもの体調等で急な休みが必要になるかもしれません。子の看護休暇などの制度をうまく利用して、焦らず、じっくりと向き合うことが大切な時期です。
この時期に備えるべき情報
  • 病児・病後児保育支援施設登録について(掲載準備中)

岩手大学ワーク・ライフ・バランス支援ガイド(PDF)