ホーム>ワーク・ライフ・バランス支援情報>次世代育成支援>妊娠・育児中の女性教職員(非常勤)の方へ

ワーク・ライフ・バランス支援情報

次世代育成支援

妊娠・育児中の女性教職員(非常勤)の方へ

職場に早めに申し出て、今後の業務について上司や周りの人と打合せをしておきましょう。また、職場の協力に対して感謝も忘れないようにしましょう。

出産・育児に向けたプランづくりと支援体制構築に向けて

妊娠~妊娠前期 妊娠がわかったら・・・

  • 妊娠がわかったらなるべく早く上司に伝えましょう。
  • 勤務時間内に受ける検診や通院は、早めに申請を。
  • 必要に応じて、「母健カード」を所属長に提出しましょう。
この時期に備えるべき情報

妊娠後期~育児休業 出産の前に・・・

  • 出産予定日は、母体や赤ちゃんの体調等でずれることもあります。身の回りの物品を整理し、仕事もまとめておきましょう。委員会や担当業務の引継ぎは早めに済ませておくと周囲の人も安心です。
  • 産休や育休、給付、各種制度の利用は、真性が必要です。希望をなるべく早く上司や周りの人に伝え、書類を準備すると安心です。
  • 休み中、会議の議事録や書類等の転送など、必要な情報が自宅に届くようにお願いしましょう。

復職に向けて~復職 復職の前に・・・

  • 復職に向けて、上司や周りの人たちとしっかり打合せを行いましょう。子育て環境など家庭の状況を知っておいてもらうことも大切です。
この時期に備えるべき情報
  • いよいよ復職です。様々な次世代育成支援制度を利用して、子どもだけではなく、自分の体調管理も大事にしましょう。
この時期に備えるべき情報
  • 子の看護休暇(リンク)

■出産及び育児に関わる休暇等の制度について

岩手大学ワーク・ライフ・バランス支援ガイド(PDF)