ホーム>女性研究者支援策>研究支援者・補助者

  • 岩手大学
  • 岩手大学男女共同参画推進室
  • 岩手大学男女共同参画 行動計画

女性研究者支援策

研究支援者・補助者

性別や研究分野に関わらず、子育て・介護により研究の遂行・継続が困難な研究者は、研究支援者・補助者の措置を受けられます。支援を受けた研究者からは「時間の創出と作業効率の向上につながって、研究・教育活動と生活の両立に対して効果的な支援と感じている」と評価を得ています。

教員の産前・産後休暇取得支援

岩手大学男女共同参画推進室では教員が産前・産後休暇を取得する場合、新たに支援教員を採用できるプロジェクトを2014年12月より行っています(試行期間)。この制度により出産する教員が産前・産後休暇を安心して取得できるようにし、職務継続を支援しています。支援教員によって休暇を取得する教員の業務が円滑に補助されるため、指導を受ける学生や休暇を取得する教員の所属部局にとっても大きな利点となっています。

男女共同参画の視点に立った業績評価

・教員公募の選考過程において「産前産後休暇、育児休業及び介護休業の取得期間」を考慮しています。

・教員個人調書において「育児・介護等に従事した期間」の記載欄を設け、その期間の業績を考慮しています。