ホーム>お知らせ>ニュース>平成26年版科学技術白書に岩手大学の取り組みが掲載されました

  • 岩手大学
  • 岩手大学男女共同参画推進室
  • 岩手大学男女共同参画 行動計画

ニュース

平成26年版科学技術白書に岩手大学の取り組みが掲載されました
Latest White Paper on Science and Technology Includes Iwate University's Distinctive Measures to Support Women Researchers

2014/07/01

平成26年版科学技術白書が公表され、「第2章 科学技術イノベーション人材の確保や活躍促進に向けた取組と今後の方向性」における「女性研究者が活躍できる環境の整備」に関する大学独自の取り組みとして、岩手大学の女性研究者支援策のうち配偶者転勤等同伴休業とOne-Up公募制度が以下のように紹介されました。

科学技術白書は、科学技術基本法に基づいて、科学技術の振興に関して講じた施策について報告を行うものです。

Iwate University's distinctive measures to support women researchers have been included in the latest While Paper on Science and Technology 2014, published by the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology late last month. Two measures taken by Iwate University and included in the White Paper are the leave which Iwate University faculty and staff can take to accompany one's spause who is relocated or studies abroad up to three years and One-Up System which enables a department to recruit a new faculty for a higher-ranking position when the position is open only for women.

White Paper on Science and Technology is pubished every year to report on various measures that are taken to develop and promote science and technology based on the Basic Law on Science and Technology.

平成26年版科学技術白書(文部科学省のページに飛びます)

第2章 科学技術イノベーション人材の確保や活躍促進に向けた取組と今後の方向性

第2節 多様な人材が活躍できる環境の整備

1 女性研究者が活躍できる環境の整備

(4) 具体的な取組

③ 大学による独自の女性研究者活躍促進のための取組(P. 110より抜粋)

(ⅲ)同居支援

配偶者が転勤や留学で海外に行く際、離職せずに休職して同伴できる配偶者転勤等同伴休業制度を創設(岩手大学)

(ⅳ)女性研究者の採用等に当たってのポジティブ・アクション

女性限定公募の際に、例えば、助教ポストを准教授ポストとする等、一つ上の職位での公募・採用を認め、それに伴い生じる人件費の差額を大学が負担する制度を創設(岩手大学)