ホーム>お知らせ>ニュース>2014年度 岩手大学次世代育成サポーター12名を認定しました

  • 岩手大学
  • 岩手大学男女共同参画推進室
  • 岩手大学男女共同参画 行動計画

ニュース

2014年度 岩手大学次世代育成サポーター12名を認定しました
Twelve Students Certified as Iwate University Supporters for Next Generation Nurturing

2014/07/17

岩手大学では、2011年度より、教職員の子育て支援や、地域での次世代育成支援活動に携わる本学学生を「岩手大学次世代育成サポーター」として養成・認定しています。4年目となる今年度も養成講座を開講し、7月4日、全課程を修了した12名が堺茂樹学長から岩手大学次世代育成サポーターとして認定されました。

本年度のサポーター養成講座は5月31日に開講。6月7日と2日間の座学で、男女共同参画と「サポーター」活動の意義や、子どもの発達や心理、食育、地域の子育て支援等について基本的な知識を修得し、6月11日から、地域の保育園や学童保育クラブでの実習に臨みました。

本年度は、岩手大学次世代育成サポーター養成講座スタート以来初めて、拠点型事業連携機関のひとつ岩手医科大学の学生6名がオブザーバーとして参加しました。

受講者からは「少しでも女性が、子育てと仕事の両立ができるように支援したい」などの感想が寄せられました。認定された12名は今後、岩手大学教職員の子・孫を対象とした夏季学童プログラムや地域の子育て支援活動における子どもの見守りや遊び支援などでの活躍が期待されます。

Iwate University President Shigeki Sakai certified its 12 students as Iwate University Supporters for Next Generation Nurturing on July 4 following the students' completion of the program on gender equality, child rearing support, related policies and local child-rearing support resources. Students attended two-day course on May 31 and June 7 followed by on-site training in local kindergarten and after-school club.

Six Iwate Medical University students joined in the course as observers for the first time since the program started in 2011.

One of the participants said she "would like to help working women with balancing childcare and work as a Iwate University Supporter for Next Generation Nurturing." Newly certified Supporters will engage in playing with and taking care of children in the summer program for children and grandchildren of the university staff and faculty next month and other programs in local community that involve children.