ホーム>お知らせ>ニュース>北東北国立3大学連携推進会議協議会 男女共同参画推進シンポジウム「これからもずっと輝き続けるために」に参加しました

  • 岩手大学
  • 岩手大学男女共同参画推進室
  • 岩手大学男女共同参画 行動計画

ニュース

北東北国立3大学連携推進会議協議会 男女共同参画推進シンポジウム「これからもずっと輝き続けるために」に参加しました
Presented at the Northern Tohoku regional symposium on gender equality

2014/08/08

7月30日、2014年度北東北国立3大学連携推進会議連携協議会(※)男女共同参画推進シンポジウム「これからもずっと輝き続けるために」が秋田大学で開かれ、本学からも参加しました。

シンポジウム前半では、北都銀行人事部女性活躍推進室長の佐藤千穂子さんが「北都銀行における女性活躍推進について」と題して基調講演。育児・介護に関する制度や、女性のための企業内大学など、女性活躍促進の取り組みについて紹介されました。

その後、介護との両立支援の取り組みについて、秋田大学、弘前大学と、本学の菅原悦子副学長(男女共同参画担当)(=写真)から事業報告。続いて、本学の堀久美准教授(男女共同参画推進室専任教員)も登壇して「これからも輝き続けるために~効果的な仕事と介護の両立支援とは~」をテーマにしたパネルディスカッションが行われ、秋田大学、弘前大学のパネリストとともに、介護に関わる話題提供や有効な支援策等について情報や意見がかわされました。

※北東北国立3大学の連携による男女共同参画について 2010年度に、北東北の大学の男女共同参画推進連携会議として発足。国立3大学が一層連携して女性研究者支援・男女共同参画を推進するため、2011年度、北東北国立3大学連携推進会議連絡協議会の課題別専門部会に「男女共同参画推進の取り組み」が位置付けられました。

Iwate University faculty and staff took part in the annual Northern Tohoku regional symposium on gender equality held in Akita University on July 30, 2014.

In the first half of the event, Ms. Chihoko Sato, chief of the Office for Promotion of Women, Personnel Division of the Akita-based Hokuto Bank gave a keynote speech about the bank’s support measures for employees who are raising children or taking care of family members, HOKUTO Women's College that the bank’s women employees can participate to get training and empowered and other measures to promote more women to contribute to the institution.

After the keynote speech, representatives of Akita University and Hirosaki University and Iwate University Vice President Etsuko Sugawara presented measures to support faculty and staff members who take care of family members in care needs at respective universities. Following the presentations, panel discussion on the effective to support employees balance between work and care needs in family took place and Associate Professor Kumi Hori of Iwate University’s Office for Gender Equality participated in the discussion with other speakers from Akita and Hirosaki Universities.