ホーム>お知らせ>ニュース>夏季学童「ぱるんkids'サマースクール」を実施しました

  • 岩手大学
  • 岩手大学男女共同参画推進室
  • 岩手大学男女共同参画 行動計画

ニュース

夏季学童「ぱるんkids'サマースクール」を実施しました
Summer School Program for Our Employees' Children and Grandchildren Held

2014/09/2

岩手大学では、教職員のワーク・ライフ・バランス実現支援の取り組みとして、教職員の子・孫を対象とした夏季学童「ぱるんkids’サマースクール」を実施しました。4年目の今年は、8月7日~8日と11日~12日に、2日間のプログラムを2回開催し、計20名の子どもたちが参加。

プログラムは、本学の教員や学生の協力もあり、留学生との交流や茶道、科学あそびやエコ工作、スポーツ教室、ストリートパフォーマンス体験(写真)など盛り沢山な内容となりました。子どもたちからは「楽しめるプログラムだった」、「色々な体験ができてよかった」、保護者からは、「送迎や昼食時など子どもと過ごす時間が増えた」「職場を見せる機会になった」等の感想が寄せられました。

今年度認定された岩手大学次世代育成サポーターの学生たちも、子どもの見守りや遊びの支援に活躍しました。

Iwate University held two-day summer school program for twenty children and grandchildren of our faculty and staff on August 7-8 and 11-12.

Children enjoyed diverse programs such as cultural exchange with international students, Japanese tea ceremony, science play, ecological crafts, sports, and street performance by our faculty and students. They said they "had a lot of fun" and "got to experience different things." Their parents said they were satisfied with the program because it gave them "more time to spend with kids on the way to work and during lunch hour" and "it gave an opportunity to show kids the parents' workplace."

Iwate University Supporters for Next Generation Nurturing who got newly certified this July helped with the program.