ホーム>お知らせ>ニュース>男女共同参画学協会連絡会シンポジウムで両住まい支援策について話題提供しました

  • 岩手大学
  • 岩手大学男女共同参画推進室
  • 岩手大学男女共同参画 行動計画

ニュース

男女共同参画学協会連絡会シンポジウムで両住まい支援策について話題提供しました
Presented Iwate University' Measures to Support Dual-career Couples at the 12th EPMEWSE symposium

2014/12/16

10月4日、東京大学で開かれた第12回男女共同参画学協会連絡会シンポジウム(2014)「女性研究者・技術者を育む土壌~連携・融合による支援をめざして」の分科会B「同居支援への支援策の模索」に本学男女共同参画推進室の堀久美准教授が出席し、両住まい手当や配偶者転勤等同伴休業などの岩手大学の支援策について、背景や制度、成果、課題について話題提供を行いました。

両住まい手当は、就業上の理由で配偶者やパートナー(法律婚に限定しない)と日常的に住まいを別にする2か所居住(両住まい)をせざるを得ない教員(性別、研究分野を問わない)を支援するために手当を支給するもので、岩手大学独自の支援策として他大学からも注目されています。(写真は分科会の様子 撮影・河野裕昭)

In the Workshop B "Searching for Solutions to Support Dual-career Academic Couples" at the 12th symposium of Japan Inter-Society Liaison Association Committee for Promoting Equal Participation of Men and Women in Science and Engineering (EPMEWSE) held on Oct 4 at the University of Tokyo, Dr. Kumi Hori, Associate Professor of the Office for Gender Equality, Iwate University gave a presentation on the university's measures to support dual-career academic couples including background, systems, outcomes and challenges of Allowance for Dual-career Couples and Leave to Accompany a Spouse Transferred Abroad and Others.

Allowance for Dual-career Couples intends to support faculty members (regardless of gender or specialization) who have no choice but to live apart from her/his spouse or partner (including de facto marriage) for work and is a unique support system that Iwate University offers.