ホーム>お知らせ>ニュース>若手女性研究者の研究力向上支援セミナーを開催しました

  • 岩手大学
  • 岩手大学男女共同参画推進室
  • 岩手大学男女共同参画 行動計画

ニュース

若手女性研究者の研究力向上支援セミナーを開催しました
Research Skills Improvement Seminar for Young Female Researchers Held

2015/2/4

1月22日、本学と拠点型事業連携機関等の女性研究者・技術者の研究スキルアップを支援するため、若手女性研究者研究力向上支援セミナーを開催しました。

前半は、本学の岡村勝文 研究交流部研究推進課長が「研究倫理 研究の不正行為とその防止」と題して、研究倫理に関する最新の状況、研究不正のガイドライン、研究に取り組む研究者の姿勢等について講義しました。後半は、通訳・実務翻訳者でビジネス英語講師の上村康子さんを講師に迎え、「実践英語プレゼンテーション術 “伝える”から“魅せる・惹きつける”へ」と題して、英語の文章構造と文章作成のルール、自分の言葉での英語表現、プレゼンテーション(デリバリー)におけるキーポイント等を、ワークをまじえてお話いただきました。

当日は、拠点型事業連携機関の女性研究者7名、地域企業の女性研究者1名を含む40名近くが参加し、事後アンケートでは、回答者の9割以上が「有意義であった」と評価。所期の目的であった女性研究者の研究力向上を図ることができました。

The Research Skills Improvement Seminar for Young Female Researchers was held on January 22 in Iwate University.

In the first half of the seminar, Katsuyoshi Okamura, Chief of Research Promotion Department, Iwate University gave the lecture titled "Research Ethics - Academic dishonesty and its prevention" and talked about latest research ethics and guidelines on academic dishonesty prevention. In the latter half, Ms. Yasuko Uemura who is a professional translator, business English instructor and Cornell University graduate gave a lecture and facilitated a workshop titled "Practical English Presentation - From 'Presenting' to 'Attracting'" and taught participants structures of English sentences, rules on writing in English, the way to express oneself in English and key points to effectively deliver a presentation.

Nearly 40 people including women researchers from the project's partner institutes and local business corporation took part in the seminar. More than 90% of the participants who completed the survey after the seminar said they were satisfied with the seminar. The seminar, as originally intended, helped our participants gain practical knowledge and skills around research ethics guidelines and academic presentation in English that they could use immediately after the seminar.