ホーム>お知らせ>ニュース>実践発表研修会「サイエンス体験のチャンスをつくろう」が開催されました

  • 岩手大学
  • 岩手大学男女共同参画推進室
  • 岩手大学男女共同参画 行動計画

ニュース

実践発表研修会「サイエンス体験のチャンスをつくろう」が開催されました
Briefing session of practice report “Make the opportunity of science experience!” held

2015/11/21

11月21日に実践発表研修会「サイエンス体験のチャンスをつくろう」(岩手大学男女共同参画推進室・岩手理系女子育成研究会(川村庸子会長)主催)が開催されました

本学男女共同参画推進室から佐々木裕美学術研究員が事業報告「小中学校向け移動図書(理系女性研究者関連図書)について」を発表、それを受けて軽米町立晴山小学校長畠山敏氏の移動図書貸出による成果報告「移動図書で科学好きの学校に」が行われました。続いて紫波町教育委員会社会教育指導員の阿部郁子氏の実践報告「親子で楽しむサイエンス教室」、岩手大学工学部小山猛助教の実践報告「小中高大学生女子のロボットへの挑戦」の発表があり、最後に本学男女共同参画推進室長菅原悦子理事から現在実施している文部科学省女性研究者支援事業報告「いわての復興に貢献する女性研究者支援について」がありました。

これらの報告を踏まえ、意見交換「理系女子育成のための今後の取組について」では、女子向けの教材開発などの新たな課題について意見交換が活発に行われました。