ホーム>お知らせ>ニュース>女性の活躍促進セミナー2016 ~企業・団体とともに~を開催しました。

  • 岩手大学
  • 岩手大学男女共同参画推進室
  • 岩手大学男女共同参画 行動計画

ニュース

女性の活躍促進セミナー2016 ~企業・団体とともに~を開催しました。Seminar for Promotion of Women's Participation in Corporation / Organization Held

2016/02/02

2月2日、「女性の活躍促進セミナー2016 ~企業・団体とともに~」をINS男女共同参画推進研究会とともに、岩手県中小企業家同友会の後援により開催しました。女性研究者研究活動支援事業(拠点型)の終了後、引き続き、いわて圏域の女性研究者の研究活動支援や育成・裾野拡大を推進するため「いわて女性研究者支援ネットワーク」が2016年4月から発足することになっています。本セミナーは、新年度からの取組みに向けて、企業や団体などの先進的事例を学ぶとともに現状を知り、いわて圏域の女性研究者・技術者の活動状況・情報を共有する好機となりました。  基調講演では、JR東日本人事部の松澤一美氏からJR東日本におけるダイバーシティ推進の理念に基づく女性の採用と職域拡大に関する取組みとその効果が紹介されました。事業の経緯と今後では、菅原悦子室長から国内外の男女格差の現状、本学における男女共同参画の取組みと成果、ならびに「女性研究者支援ネットワーク」設立への期待について説明がありました。話題提供では、医療・検査系の(公財)岩手県予防医学協会の太田睦子氏、電子部品メーカーの(株)大昌電子の千葉由美子氏、環境・食品分析系の(一社)岩手県薬剤師会検査センターの佐々木知美氏、ならびにデザイン・商品開発企業の(有)クワンの高橋けい子氏から、それぞれ女性社員・職員の働く現状と課題について報告がありました。  続いて情報交換会では、講師と話題提供者を囲み、男性参加者からも発言があるなど、活発に情報提供や質疑応答が行われました。42名の参加があり、「経営者目線、現場目線など様々な視点で女性活躍について考えることができた」「ダイバーシティの必要性を理解できた」等の感想がありました。事後アンケートでは、回答した参加者の全員から、すべてのプログラムが参考になったとの評価をいただきました。