ホーム>取り組み>環境整備

  • 岩手大学
  • 岩手大学男女共同参画推進室
  • 岩手大学男女共同参画 行動計画

取り組み

環境整備

岩手大学では、女性の採用はもちろん、定着を支援することが研究者の業績向上や登用につながるとの考えにもとづいて、女性研究者の定着・採用促進のためのポジティブ・アクションを制度化してきました。「いわての復興に貢献する女性研究者支援」においても、これまでに確立した支援策を発展・継続しています。

普及先機関においては、女性研究者の研究活動支援を推進する環境を整備するため、北東北という広い範囲に少ない女性研究者が点在する地域ならではの課題を共有し、連携をいかした課題解決の方策を検討しています。また、女性が能力を発揮でき、生活と仕事の両立が可能な環境整備に向けた課題や方策、復興に果たす研究機関での女性研究者の役割等について、情報・意見交換を行っています。

研究支援者・補助者措置

性別や研究分野に関わらず、子育て・介護により研究の遂行・継続が困難な研究者は、研究支援者・補助者の措置を受けられます。支援を受けた研究者からは「時間の創出と作業効率の向上につながって、研究・教育活動と生活の両立に対して効果的な支援と感じている」と評価を得ています。

ポジティブ・アクション経費制度

自然科学系研究者(自然科学全般または自然科学と人文・社会科学との融合分野の研究者)を対象に、女性限定公募を実施し採用した場合、女性研究者が働きやすい環境を構築するために必要な経費を3年間支給しています。この経費が、着任する女性研究者のスタートアップ経費になることもあります。

One-Up公募制度

助教を准教授とするなど、上位の職位で公募することが女性研究者の採用に効果的と見込まれる場合に、上位の職位で女性限定公募できる制度を設けています。

全学統一に記載する公募要領

公募要領に、よりふみこんだ表現で男女共同参画推進を明記して募集しています。

岩手大学は男女共同参画を推進しています。業績および資格等に関わる評価が同等と認められる場合には、女性を優先的に採用します。両住まい手当制度や子育て・介護中の研究者に対する支援策等についてはHP(http://www.iwate-u.ac.jp/gender/)をご覧ください。

両住まい手当

就業上の理由で日常的に配偶者やパートナーと住まいを別にする2か所居住(両住まい)をせざるを得ない研究者に対して、単身赴任手当相当額を支援しています。

配偶者転勤等同伴休業

配偶者が、転勤、転職、留学や研修のため、海外に生活の本拠を移すことになった場合に、同伴するために休業を取得できます。

ワーク・ライフ・バランス/キャリア相談

連携機関の女性研究者が子育て・介護と業務を両立しながらキャリアデザインを明確にできるように、専門の相談員が、ワーク・ライフ・バランスやキャリアについての相談に応じたり情報提供を行っています。

子育てとの両立支援

学内保育スペース(ぱるんひろば)

岩手大学の教職員や学生であれば、だれでも、妊娠中の休息、哺育中の授乳・搾乳、保育、女性研究者支援策に関する情報収集等のために「ぱるんひろば」を利用できます。学会・研究会の際の託児スペースとしても利用が広がっています。

学生サポーターによる子育て支援

所定の講座を修了し、岩手大学長が認定した「次世代育成サポーター」の岩手大学の学生が教職員の子育てと仕事の両立をサポートしています。

長期休暇中の学童保育

教職員の子や孫を対象に、夏季学童保育を実施しています。

休日勤務の際の保育支援

オープンキャンパスやセンター試験等の休日勤務の場合に、託児費用の補助や集団保育の実施による支援を行っています。

病児・病後児保育支援(試行中)

子の看護休暇が取得できない場合には、病児・病後児の保育費用補助を行っています。