役員会議事録(第265回)

日 時:平成22年3月16日(火) 14時~14時55分
場 所:役員会議室
出席者:藤井克己 学長、齋藤徳美 理事(総務・地域連携担当)、高塚龍之 理事(学術・教員組織担当)、倉田 裕 理事(財務・労務担当)
陪席者:大野眞男 副学長(評価・国際交流・附属学校担当)
    大塚尚寛 副学長(環境・情報統括管理担当)


議 題
1.次期新役員体制(案)について
  学長から、次期新役員体制(案)について資料1に基づき提案があった。
  審議の結果、大塚尚寛理事の担当である教員組織を第二期全学改革に修正し、次期新役  員体制(案)について決定した。なお、3月18日(木)開催の教育研究評議会で審議するととも に、持ち回り等の経営協議会を開催し審議する旨の付言があった。
  次期新役員体制及び平成22年度計画等について、3月26日(金)に記者会見を行うことと  した。

2.平成22年度国立大学法人岩手大学予算について
  学長から、3月11日開催の第24回経営協議会で審議了承した平成22年度国立大学法   人岩手大学予算について、提案があった。
  審議の結果、平成22年度国立大学法人岩手大学予算について決定した。

3.就職内定取消しに伴う学生の対応について
  学務部長から、就職内定取消しに伴う学生の対応について、提案があった。
  審議の結果、就職内定取消しに伴う学生の対応として、平成22年度前期の授業料を免除す ることとした。

4.その他
  なし

報 告
1.教育研究支援施設等長の任命等について
  学長から、 教育研究支援施設等長の任命等について資料3に基づき、報告があった。

2.経営協議会委員(学外の者)の選考について
  学長から、 経営協議会委員(学外の者)の選考について資料4に基づき、報告があった。

3.その他
  なし