役員会議事録(第328回)


日 時:平成23年 5月31日(火) 14時00分~15時10分
                 
場 所:役員会議室

出席者:藤井克己 学長、玉 真之介 理事(総務・教育・学生担当)、大塚尚寛 理事(研究・第二期全学改革・環境担当)、岩渕 明 理事(地域連携・国際連携担当)、馬場 剛 理事(財務・労務担当)
陪席者:菅原悦子 副学長(男女共同参画・附属学校担当)、西崎 滋 副学長(評価・情報統括管理担当)


議 題
1.理事の交代について
  学長から、資料1に基づき、大塚理事の後任として、現工学部教授の小川 智氏を平成23年7月1日付けで理事(研究・環境担当)・副学長としたい旨の提案があり、了承された。
  なお、任期は平成23年7月1日から平成25年6月4日までとする旨が付言された。

2.次期役員体制について
  学長から、議題1にも関わって、7月1日付けで新理事が着任するまでの分担、並びに7月1日以降の役員体制について、資料2に基づき提案があり、了承された。

3.教職員の勤務時間のあり方並びに休日労働への対応に係る答申について
  玉理事から、教職員の勤務時間のあり方並びに休日労働への対応について、この度本会議の下に設置された検討チームによる検討結果がまとまり、資料3に基づいて、答申内容の説明があった。答申は、教職員の勤務時間及び休日に関する基本的な考え方を確認した上で、休日労働に係る従来の対応方針の問題点、今後の休日の振替や代休制度等の考え方が記されていた。
  意見交換の後、この答申を踏まえ、人事労務企画室において具体的な検討を進めることとした。

4.その他
  前回の本会議において了承を得た、平成23年度地域課題研究支援経費の採択について、採択プロジェクトの支援経費を確定するにあたり、再度当該所要経費等を精査することとした。

報 告
1.岩手大学懲戒審査委員会報告について
  馬場理事から、岩手大学懲戒審査委員会の審議事案並びに結果について報告があった。
  続いて、学長から、6月5日付けで理事が交代することに伴い、同委員会における教育研究支援施設等の長のうち学長が指名する者として、高畑理事に委員をお願いしたい旨が述べられた。

2.その他
  なし