ホーム インフルエンザ対策について

インフルエンザ対策について

現在,インフルエンザが岩手県内で大流行しています。
インフルエンザは,大変感染力が強い病気なので,罹ると大学や家庭で感染が広がることから,予防に努めるようお願いします。
発熱,関節痛,咽頭痛,咳,頭痛等の症状がみられた場合には,自己判断せずに早めに医師の診断を受け,指示に従ってください。
なお,無理に登校すると多くの人にインフルエンザを感染させる可能性があります。
インフルエンザと診断された場合は、発症した後5日を経過し、かつ解熱した後2日を経過するまでは登校を控えてください。

【インフルエンザと診断された場合】

  1. 休んだ授業については、各自で授業担当教員に申し出てください。
    (成績評価について考慮されるか否かは各教員の判断によります)
  2. 診断書は必要ありませんが、罹ったことを証明できる物(領収書、診療明細書、薬剤情報提 供文書等)は保管しておきましょう!提出を求められる場合があります。
  3. 右の「インフルエンザ報告」から入力してお知らせください。

【インフルエンザ予防六ヶ条】

  • 一、水分をこまめに摂る
  • 一、栄養・睡眠を充分にとる
  • 一、適度な温度・湿度を保つ
  • 一、手洗い・うがいの励行
  • 一、人混みを避け、マスクを着ける
  • 一、1時間に1回は換気をする
インフルエンザ報告


>>パソコンの方はこちら

>>携帯電話の方はこちら

[QRコード]

本報告フォームは、SSLサーバ証明書を使用しております。
SSLはインターネット上でもっとも信頼性が高い暗号化通信技術であり、サーバ証明書は、信頼されるWebサイトであることを証明するものです。

一般的なブラウザであれば、通信に問題ありませんが、一部の旧機種の携帯電話など警告が表示されたり、通信できない場合もございますのでご了承ください。