ホーム ニュース一覧
各月ニュース
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2012年03月のニュース2012年03月のニュース

岩手県沿岸部の「放課後児童クラブ」(学童保育)の学習環境の支援を行いました  掲載(更新)日時:2012-03-29 11:00:00

 人文社会科学部の松岡勝実教授が、一般社団法人国立大学協会の「平成23年度震災復興・日本再生支援事業」の支援を受けて、3月21日に大槌町仮設放課後児童クラブ、27日に山田町南小学校放課後児童クラブにて(関口児童館放課後児童クラブ、轟木児童館放課後クラブも合同参加)、小学生を対象に、学習支援を本学の学生とともに実施いたしました。
内容は、春休みの宿題のお手伝い、絵本の読み聞かせ、風船教室の開催、課外活動(運動)支援です。春休みなのでランチタイムも語らいながらの交流となりました。

 本件に関する問い合わせ先:
 三陸復興推進室 濱田  電話019−621−6629 E-mail:sanriku@iwate-u.ac.jp

(記事番号:1351)

農学部 吉川信幸教授が日本植物病理学会賞 を受賞  掲載(更新)日時:2012-03-29 08:00:00

農学部農学生命課程 吉川信幸教授が、この度、平成24年度日本植物病理学会大会賞を受賞しました。
受賞題名は 「落葉果樹ウイルスのゲノム構造と機能に関する研究」です。
授賞式は、3月28日から30日に福岡国際会議場で開催される平成24年度日本植物病理学会大会総会で行われます。


(記事番号:1350)

平成23年度修了式・卒業式を挙行  掲載(更新)日時:2012-03-23 14:00:00

 平成24年3月23日、岩手県民会館において修了式ならびに卒業式を行いました。
 大学院323名、学部1,131名の計1,169名の学生が修了・卒業しました。
 大学院修了式においては、工学研究科博士後期課程電気電子・情報システム工学専攻の笹本益民さんが、学部卒業式においては、工学部機械工学科の木立孝紀さんがそれぞれ答辞を述べました。
 なお、学長の式辞は、次のURLに掲載しています。
http://www.iwate-u.ac.jp/shokai/aisatu.shtml

(記事番号:1349)

平成24年度岩手大学学生寮入居選考結果と追加募集について  掲載(更新)日時:2012-03-22 21:00:00

◆選考結果発表
平成24年度 岩手大学学生寮入居選考結果(後期)について、
現在下記のアドレスにて入居許可者の受験番号を公表しておりますので、
ご確認ください。

許可者には別途、入居許可通知書を送付いたします。
通知書を持って、正式な通知といたしますので
必ずご確認いただくようお願いいたします。


◆追加募集について
また、下記の寮については、欠員が生じましたので追加募集を行います。
希望者は下記アドレスから、申請書等をダウンロードし
必要書類を揃えて期日までに送付、または持参ください。


【募集寮名】:自啓寮(男子寮・2人部屋)
【募集人数】:若干名
【送付期日】:平成24年3月26日(月)必着
【結果発表】:平成24年3月27日以降に直接ご連絡します。


(受験生向け学生寮のページ)
http://www.iwate-u.ac.jp/jukensei/gakuryou.shtml

 本件に関する問い合わせ先:
 学務部学生支援課 学生支援グループ  019-621-6060

(記事番号:1347)

初代駐日キルギス大使から民族楽器コムズの寄贈  掲載(更新)日時:2012-03-22 11:00:00

キルギス共和国の初代駐日大使であるアスカル・クタノフ氏から,キルギスの民族楽器コムズが岩手大学工学部に贈られました。これは,東日本大震災から1年を迎えるにあたり,震災からの復興・再生を目指す日本とキルギスの人々との連帯のシンボルとして贈られたものです。

岩手大学工学部はキルギスのマナス大学,スラブ大学と学術交流協定を結んでおり,寄贈者であるクタノフ氏は,本学電気電子・情報システム工学科の吉森准教授が中心となって開催した光工学とITに関する国際シンポジウムに,キルギスアカデミィの研究者として参加されています。

3月12日には,工学部の西谷副学部長,吉森准教授が藤井克己岩手大学学長に,今回のコムズの寄贈とクタノフ氏からのメッセージを報告しました。その様子を伝えるニュースが,キルギス国営通信社カバルによりキルギス共和国で配信されました。

<本件に関する問い合わせ先>
岩手大学工学部電気電子・情報システム工学科
准教授 吉森久 yosimori@cis.iwate-u.ac.jp

(写真)
キャプション: キルギス民族楽器 コムズ(komuz)

キルギス国営通信社カバルの配信記事
http://www.kabar.kg/society/full/29237
和訳 komuz_ja.pdf
英訳 komuz_en.pdf
(和訳,英訳は通信社カバルの許可を得て翻訳したものです)

 本件に関する問い合わせ先:
 工学部 電気電子・情報システム工学科 吉森久 yosimori@cis.iwate-u.ac.jp
【添付ファイル】
和訳
英訳

(記事番号:1345)

平成24年度授業料口座引落日のお知らせ  掲載(更新)日時:2012-03-22 10:00:00

■口座引落日
2年次以上の学生
前期 平成24年4月20日(金)
後期 平成24年10月22日(月)

新入生
前期 平成24年5月21日(月)
後期 平成24年10月22日(月)

■金額
半期:267,900 年額:535,800

※引落日の前日までに届出口座に入金願います。
※年額一括納入手続きをした方は、前期授業料の引落日に年額引き落としします。
※授業料免除申請者については、審査結果の通知時に金額と納入方法をお知らせします。

 本件に関する問い合わせ先:
 財務部財務管理課 財務管理グループ 岩井 019-621-6031

(記事番号:1344)

平成24年度岩手大学一般入試の合格発表について  掲載(更新)日時:2012-03-21 16:00:00

 平成24年度岩手大学一般入試(後期日程)について、合格者の受験番号を下記URLにて公表しております。
 http://www.iwate-u.ac.jp/nyusi/kaiji/goukaku.html
 
 ホームページ上での合格者受験番号の公表は、情報提供サービスの一環として行っているものです。
 合格者の方には、別途「合格通知書」を郵送いたしますので、必ず確認してください。

 なお、合格発表直後は、アクセス数が急増・集中し、接続に時間がかかることが予想されますので、ご了承ください。

(記事番号:1342)

岩手大学環境人材育成プログラム「環境管理実務士」授与式を挙行  掲載(更新)日時:2012-03-16 14:00:00

岩手大学では、3月15日に、岩手大学認定資格「環境管理実務士」平成23年度授与式を挙行しました。

岩手大学は、平成21年度より、環境省「環境人材育成のための大学教育プログラム開発」採択事業として、ISO14001と産学官民連携を活用した「π字型」環境人材育成プログラムを進めてきました。
同プログラムは、フジサンケイグループ様が主催する第21回「地球環境大賞」受賞理由の1つになっています。

プログラムの所定要件を満たした学部生に対し、岩手大学長から岩手大学認定資格「環境管理実務士」が授与されます。
平成23年度は6名の学生に対して、「環境管理実務士」の授与が承認されました。
授与式には、4名の学生が出席し、藤井克己・岩手大学長より「環境管理実務士」認定証明書が授与されました。

岩手大学環境人材育成プログラム:http://www.iwate-u.ac.jp/ecoedu/CEMS.html

 本件に関する問い合わせ先:
 環境マネジメント推進室事務局   

(記事番号:1341)

本日、馬術部の学生がラジオに生出演します  掲載(更新)日時:2012-03-16 09:00:00

本日、IBCラジオ(684Khz)のラジオ番組「ワイドステーション」内のコーナーに、馬術部の学生さんが生出演する予定です。出演は16時過ぎの予定です。
皆様、ぜひお聞き下さい。


平成24年3月16日(金)16:00頃
IBCラジオ (684Khz):ワイドステーション

(記事番号:1340)

平成23年度学生表彰式を挙行  掲載(更新)日時:2012-03-15 12:00:00

 岩手大学では,3月15日に今年度の学生表彰式を行いました。
 今回は,学長賞として個人12人,団体2団体,奨励賞として個人11人,団体1団体が晴れの受賞となりました。
 学長からの祝辞では,今回は例年と違い東日本大震災が起きた特別な年に,それにもめげずに学術・芸術・スポーツの分野で本学の名を世に知らしめてくれた功績を高く評価しての表彰であることが述べられました。
 受賞者の中には,本学で初めてプロ野球の福岡ソフトバンクホークス球団にドラフト指名された三浦翔太君やNHK全国放送大学コンテストアナウンス部門で1位となった関向良子さん,土光杯全日本青年弁論大会最優秀賞となった松田敬子さん,団体では震災ボランティアとして現在でも被災地での活動を続けている「もりもり岩手」と「天気輪の柱」などがあり,平成23年度を反映した多彩な顔ぶれとなりました。
 なお,受賞者された方々は,平成23年度学生表彰者一覧のとおりです。

 本件に関する問い合わせ先:
 学生支援課   
【添付ファイル】
平成23年度学生表彰者一覧

(記事番号:1339)

【新入生と保護者の皆様へ】岩手大学学生センターの業務時間について  掲載(更新)日時:2012-03-08 17:00:00

 岩手大学学生センターの業務時間は平日の8時30分から17時15分となっており
ます。土曜日・日曜日・祝日は応対できませんので、あしからずご了承ください。
 なお、岩手大学生活協同組合(大学生協)は岩手大学と別の団体ですので、大学生協
が土曜日・日曜日・祝日に営業する場合でも大学の業務はお休みとなります。
  
  ◆学生センターの取扱業務 : 修学関係
                     入学料免除・徴収猶予関係
                     授業料免除関係
                     奨学金関係
                     学生寮関係
                     キャリア支援関係 等

 本件に関する問い合わせ先:
 学生支援課   

(記事番号:1334)

岩大PR映像コンテスト結果発表  掲載(更新)日時:2012-03-06 22:00:00

平成23年9月に応募を締め切った岩大PR映像コンテストの結果を
下記アドレスからご覧頂けます。

http://www.iwate-u.ac.jp/movie/


本コンテストは、岩大生が岩大生の目線で、主に高校生等に向けて
大学生活や岩手大学の魅力を45秒以内で伝える映像コンテストです。
個人、映像系サークル、美術系サークルなどの団体が、岩手大学を
どう魅せられるか工夫をして、素敵な作品に仕上げてくれました。

(記事番号:1332)

Twitter のアカウントについて  掲載(更新)日時:2012-03-06 19:00:00

現在Twitter上で「岩手大学」と名乗っている「@iwatedaigaku」は、岩手大学とは一切関わりがありません。
現在、本学公式のTwitter登録はありませんので、ご注意願います。

(記事番号:1331)

平成24年度 岩手大学学生寮入居選考結果について  掲載(更新)日時:2012-03-06 18:00:00

平成24年度 岩手大学学生寮入居選考結果(前期)について、現在下記のアドレスにて
入居許可者の受験番号を公表しておりますので、ご確認ください。

(受験生向け学生寮のページ)
http://www.iwate-u.ac.jp/jukensei/gakuryou.shtml


許可者には別途、入居許可通知書を送付いたします。
通知書を持って、正式な通知といたしますので
必ずご確認いただくようお願いいたします。

(記事番号:1330)

農林畜産業復興推進部門主催で「農地復興ワークショップ −耕作土壌の回復に向けて−」を開催しました。  掲載(更新)日時:2012-03-06 18:00:00

3月1日(木)に、農林畜産業復興推進部門農地復興班農耕回復グループ・高収益型農畜産復興支援班園芸グループが主催しました「「農地復興ワークショップ −耕作土壌の回復に向けて−」が情報メディアセンター附属図書館生涯学習・多目的学習室で開催されました。
 本ワークショップは、東日本大震災で被災した三陸沿岸の農地復興を目指すため、塩害対策の理論と対策を紹介し、地域のニーズにあった耕作土壌の回復について検討するため開催されました。
 最初に、農林畜産業復興推進部門総括責任者である農学部・岡田益己教授から、岩手大学の三陸復興への取り組みを紹介後、(独)国際農林水産業研究センターの小沢聖氏から「溝底栽培、籾殻培地など耕種的な塩害対策の提案」と題した基調講演が行われました。
 次いで、(独)農研機構近畿中国四国農業研究センターの望月秀俊氏、同機構東北農業研究センターの関矢博幸氏、冠秀昭氏から「農地土壌における塩類動態 −理論と実践−」と題し、農地土壌における除塩の可能性、作物への塩類の影響、除塩に際しての注意・工夫等が紹介されました。
 午後は、基調講演や午前の提言を受けて、「耕作土壌の回復に向けて」をテーマにワークショップ行われました。
 今後、農林畜産業復興推進部門農地復興班農耕回復グループ・高収益型農畜産復興支援班園芸グループは、本ワークショップで検討された内容を次年度以降の活動に反映させていく予定です。

 本件に関する問い合わせ先:
 三陸復興推進室 浜田秀樹  電話:019−621−6995 E-mail:sanriku@iwate-u.ac.jp

(記事番号:1329)

教育学部プロジェクト推進支援事業報告会で「大震災に係る心のケア担当教員(教育復興担当教員)の養成と研修のための教育内容と方法の確立に関する調査研究」が報告されました。  掲載(更新)日時:2012-03-06 18:00:00

 2月28日(火)に教育学部主催の「平成23年度教育学部プロジェクト推進支援事業報告会」が総合教育研究棟(教育系)で開催されました。
 この報告会のなかで、我妻則明教授(特別支援教育科)が「大震災に係る心のケア担当教員(教育復興担当教員)の養成と研修のための教育内容と方法の確立に関する調査研究」と題しまして、阪神・淡路の震災時に配置された大震災に係る心のケア担当教員(教育復興担当教員)に、聞き取り調査を行い結果を報告しました。
 今後は、平成24年度文部科学省復興教育支援事業に採択された岩手県立総合教育センターと学校心理士チームの協働による支援事業(復興対応となる教員リーダーを育成し、沿岸部への配置を目指す)での研修会に、今回のプロジェクトの成果の活用が期待されます。

 本件に関する問い合わせ先:
 三陸復興推進室 浜田秀樹  sanriku@iwate-u.ac.jp

(記事番号:1328)

平成24年度岩手大学一般入試及び私費外国人留学生入試の合格発表について  掲載(更新)日時:2012-03-06 15:00:00

 平成24年度岩手大学一般入試(前期日程)及び私費外国人留学生入試(前期日程)について、
合格者の受験番号を下記URLにて公表しております。
 http://www.iwate-u.ac.jp/nyusi/kaiji/goukaku.html

 ホームページ上での合格者受験番号の公表は、情報提供サービスの一環として行っているものです。
 別途郵送する合格通知書で必ず確認してください。

(記事番号:1322)

第21回地球環境大賞「文部科学大臣賞」受賞  掲載(更新)日時:2012-03-01 11:00:00

フジサンケイグループ様が主催する第21回「地球環境大賞」の結果が平成24年2月29日付で発表され、岩手大学が「文部科学大臣賞」を受賞いたしました。
大学が「文部科学大臣賞」を受賞するのは初めての快挙になります。

受賞理由には「持続可能な社会の形成に貢献する人材育成の推進」が挙げられています。全学的に実施している環境教育、ESD(持続発展教育)、ISO14001に基づく環境マネジメントシステムに加え、INS(いわてネットワークシステム)等が進める産学官民の連携を活用し、環境問題の解決と持続可能な社会形成に貢献できる環境人材育成に取り組んでいることが高く評価されました。

平成24年4月24日に、東京・元赤坂の明治記念館で行われる第21回「地球環境大賞授賞式」への御招待をいただいております。

○地球環境大賞とは
地球環境大賞は平成4年、「産業の発展と地球環境との共生」をめざし、産業界を対象とする顕彰制度として、公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン、名誉総裁・秋篠宮殿下)の特別協力を得て創設されました。温暖化の防止や環境保全活動に熱心に取り組む企業や団体を毎年表彰しています。フジサンケイグループ主催(主管:産経新聞社 フジサンケイ ビジネスアイ)し、経済産業省・環境省・文部科学省・国土交通省・社団法人日本経済団体連合会が後援しています。「地球環境大賞」「経済産業大臣賞」「環境大臣賞」「文部科学大臣賞」「国土交通大臣賞」「日本経済団体連合会会長賞」「フジサンケイグループ賞」の各賞があります。

地球環境大賞ホームページ http://www.fbi-award.jp/eco/about/index.html

 本件に関する問い合わせ先:
 環境マネジメント推進室   019-621-6911・6912 ems@iwate-u.a.jp

(記事番号:1326)