ホーム ニュース一覧
各月ニュース
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2013年11月のニュース2013年11月のニュース

第5回エコ大学ランキング総合第2位入賞  掲載(更新)日時:2013-11-29 14:00:00

この度、岩手大学はNPO法人エコ・リーグ(以下、エコ・リーグ)が毎年実施する、全国の大学における環境対策の評価、「第5回エコ大学ランキング」において、環境教育などに関する取り組みが高く評価され、総合第2位に入賞ました。
「エコ大学ランキング」はエコ・リーグが毎年夏期に全国約750校の大学を対象に実施する「大学における環境対策等に関する全国調査」に基づき、各大学の省エネなどの環境対策の取り組み状況を評価するものです。

本学は第1回から参加し、第1回総合第1位、第2・3回第2位となるなど毎年高い評価を受けています。今回のランキング結果においては、「環境教育」や「学生や地域との協働」などの面で高い評価を得ました。

 本件に関する問い合わせ先:
 岩手大学 環境マネジメント推進室 赤谷 TEL:019-621-6912 E-mail:akatani@iwate-u.ac.jp

(記事番号:1983)

日刊工業新聞の第1面掲載「目の動き瞬時に検出」  掲載(更新)日時:2013-11-26 11:00:00

岩手大学工学部の明石卓也准教授の研究室とスズキ株式会社が共同で、ドライバーの目の動きをリアルタイムにモニタリングするシステムを開発したことに関する記事が2013年10月17日付の日刊工業新聞の第1面に掲載されました。
参考URL
日刊工業新聞:http://www.nikkan.co.jp/
記事のページ:http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0420131017aaar.html

(記事番号:1979)

第53回北日本学生馬場馬術定期新人戦にて馬術部が団体優勝  掲載(更新)日時:2013-11-26 10:00:00

平成25年11月24日(日)に東北大学青葉山馬場にて行われた、第53回北日本学生馬場馬術定期新人戦にて、岩手大学馬術部から出場した3名が団体優勝しました。
出場者
・阿部佳代子さん(農学部1年)
・宮地洋平さん(農学部1年)
・向井田斉さん(農学部1年)

 本件に関する問い合わせ先:
 学生支援グループ   019−621−6056

(記事番号:1978)

少林寺拳法部が東北学生新人大会で多数入賞  掲載(更新)日時:2013-11-25 09:00:00

11月24日(日)に仙台市青葉体育館において、第43回少林寺拳法東北学生新人大会が開催されました。東北地区17大学の少林寺拳法部に所属する1、2年生の部員157名が出場する中、本学の学生は7部門において入賞しました。なお、男子白・緑帯の部で石井勇也さん(工学部1年)と木村洋輔さん(教育学部1年)のペアが1位入賞に輝きました。

参加した部員の皆さんお疲れさまでした。指導にあたった上級生の皆さんはじめ応援に駆けつけてくれたOB・関係者の皆さん、本当にありがとうございました。

 本件に関する問い合わせ先:
 工学部 松浦哲也  019-621-6376

(記事番号:1977)

農学研究科修士1年の尾上美咲さん(農学生命専攻)がInternational symposium on "Diversifying Biological Resources"にてBronze Poster Awardを受賞  掲載(更新)日時:2013-11-22 17:00:00

 2013年11月20日から21日にかけて筑波大学で開催されたInternational symposium on "Diversifying Biological Resources" ~Toward Food Security and Sustainable Society~において,岩手大学大学院・農学研究科・修士1年、尾上美咲(オノウエ ミサキ)さん(農学生命専攻,蔬菜花卉園芸学研究室(加藤一幾助教))がBronze Poster Awardを受賞しました。この研究は,オゾン水をトマトの栽培に利用することによって,オゾン水の生育促進効果を明らかにしたものです。特に低温時期にその効果が高いことが示唆されており、岩手県を含む寒冷地における園芸作物の栽培への貢献が期待されます。

題目:Plant growth and development of tomato by ozonated water of low concentration
発表者:Misaki Onoue, Ayaka Sasaki, Fumi Tatsuzawa, Kazuhisa Kato

本件に関する問い合わせ先:
 農学部 農学生命課程 蔬菜花卉園芸学研究室 加藤一幾 019-621-6111 kazukato(@)iwate-u.ac.jp
 http://news7a1.atm.iwate-u.ac.jp/sosaikaki/

(記事番号:1976)

工学系技術室・千葉寿技術専門職員の共著論文が英科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」に発表  掲載(更新)日時:2013-11-19 11:00:00

工学系技術室・千葉寿技術専門職員の共著論文が2013年11月18日10時
(グリニッジ標準時)英国の科学雑誌
Nature Communicationsのオンライン速報版で公開されました。

「固体中の原子の超高速運動を10兆分の1秒単位で制御し画像化する
新しい光技術」

[概要]
・超高速光デバイスの開発のために、固体中の原子運動を1兆分の1秒以下のスケールで制御し画像化する光技術の出現が望まれていました。
・固体中の原子の2次元運動を10兆分の1秒単位で制御し画像化に成功。
・将来の革新的な光デバイスの開発につながる汎用的な基盤技術として、また固体の物理的な機能性を探求するための新たな実験手法として期待されます。

■論文名
論文タイトル:All Optical Control and Visualization of Ultrafast 2D Atomic Motions in a Single Crystal of Bismuth
(ビスマス単結晶中の超高速2次元原子運動の全光学的制御と可視化)
doi:10.1038/ncomms3801
[論文URL]
http://www.nature.com/ncomms/2013/131118/ncomms3801/full/ncomms3801.html

<研究グループ>
本研究は自然科学研究機構分子科学研究所・大森グループ(大森賢治教授)を拠点に行われました。

<プレスリリース>
自然科学研究機構分子科学研究所
http://www.ims.ac.jp/topics/2013/131118_2.html

本件に関する問い合わせ先:
技術部工学系技術室 千葉寿 019-621-6908 , chibah(@)iwate-u.ac.jp

 本件に関する問い合わせ先:
 工学系技術室 電気電子・情報グループ 千葉寿 019-621-6908 , chibah@iwate-u.ac.jp

(記事番号:1974)

「地域貢献度調査」2013年調査で3位にランクイン  掲載(更新)日時:2013-11-19 10:00:00

「地域貢献度調査」2013年調査(実施:日本経済新聞社)において、全国737の4年制大学のうち、岩手大学が総合3位にランクインしました。
本調査は大学の人材や研究成果をどれだけ地域社会に役立てているかを探るもので、5分野の設問で構成されており、本学は「ボランティア・防災」と「組織・制度」分野で首位を獲得しました。
岩手大学は地域社会に開かれた大学として、今後も地域の方々や企業と協力し、地域の活性化に取り組んでまいります。

掲載誌『日経グローカル』ホームページ
http://www.nikkei.co.jp/rim/glweb/

(記事番号:1973)

「エコプロダクツ2013」(12/12〜14 東京ビッグサイト)に岩手大学はブースを出展します。  掲載(更新)日時:2013-11-18 15:00:00

日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2013」(主催:一般社団法人産業環境管理協会・日本経済新聞社)が、2013年12月12日(木)〜14日(土)に、東京ビッグサイト(東1〜6ホール)で開催されます。
公式HP http://eco-pro.com/eco2013/

岩手大学も、大学・教育機関コーナー(東6ホール)に、ブースを出展いたします。
岩手大学環境マネジメント学生委員会の活動を始めとする環境への取り組みと東日本大震災後の三陸復興推進活動について、パネルや資料でご紹介いたします。

また、14日(土)は、岩手大学の学生3名が企画、運営する体験型の環境学習を開催。松ぼっくりやどんぐりをちりばめるリース作り、新聞紙やチラシを材料とするエコバックづくりを学生が指導しながら、来場者に体験していただく予定です。

ぜひ、「エコプロダクツ2013」岩手大学ブースまでお越しください。

 本件に関する問い合わせ先:
 環境マネジメント推進室  中島清隆 TEL:019-621-6911・6912 E-mail:ems@iwate-u.ac.jp

(記事番号:1972)

岩手大学発ベンチャー アイカムス・ラボ 世界初ベン型電動ピペット発売開始  掲載(更新)日時:2013-11-15 15:00:00

岩手大学発ベンチャーの(株)アイカムス・ラボが世界初!ペン型電動ピペット
pipetty を発売しました。
世界最小・最軽量(従来比約2/3)で高精度連続分注機能を有しています。

http://www.youtube.com/watch?v=Qa_Kz70tf1w

 本件に関する問い合わせ先:
 インキュベーション部門  今井潤 019-621-6491 junimai@iwate-u.ac.jp
【添付ファイル】
リーフレット

(記事番号:1970)

農学部修士1年の?野侑恵さん(応用生物化学専攻)が第5回食品薬学シンポジウムで優秀発表賞を受賞!!  掲載(更新)日時:2013-11-14 13:00:00

岩手大学大学院・農学研究科・修士1年、?野侑恵(タカノ ユキエ)さん(応用生物化学専攻、天然物生化学研究室(木村賢一教授))は、11月1日(金)・2日(土)に京都大学大学院薬学研究科で開催された、第5回食品薬学シンポジウムで優秀発表賞を受賞致しました。発表内容は、地域特産の山菜シドケやボウナに含まれる機能性物質の研究で、「3,6-Epidioxy-1,10-bisaboladiene(EDBD)はがん細胞に対しアポトーシスとネクローシスを誘導する」です。本研究成果が、今後企業による新しい食品開発へ結びつくことを期待しています。

 本件に関する問い合わせ先:
 農学部 応用生物化学課程 木村賢一 019-621-6124、kimurak@iwate-u.ac.jp
【添付ファイル】
ポスター発表と賞状(?野)

(記事番号:1967)

大学院工学研究科 太内田一真君が国際会議APMC2013にてBest Student Paper Awardを受賞  掲載(更新)日時:2013-11-12 12:00:00

2013年11月5日から8日にかけて韓国ソウル市にて開催された国際会議 Asian Pacific Microwave Conference (APMC 2013)において,大学院工学研究科電気電子・情報システム工学専攻の太内田一真君(本間研究室)の発表論文が,Best Student Paper Awardを受賞しました。この研究は,電磁界シミュレーションに通信多重技術を応用することによって,携帯電話等の複数アンテナの計算を数倍の速度で実現可能とするもので,将来の通信システム設計への貢献が期待されます。

題目:Fast FDTD Analysis of MIMO Channel Using Spread Spectrum Technique
著者:Kazuma Ouchida, Naoki Honma, and Yoshitaka Tsunekawa

 本件に関する問い合わせ先:
 工学部 電気電子・情報システム工学科 本間尚樹 honma@iwate-u.ac.jp

(記事番号:1966)

サッカー部が第62回全日本大学サッカー選手権大会(インカレ)へ出場!  掲載(更新)日時:2013-11-11 14:00:00

岩手大学サッカー部が東北地区大学サッカーリーグ1部で第2位となり、先日行われた北海道地区リーグ第2位とのプレーオフを制し、14年ぶり4回目となる全日本大学サッカー選手権大会(インカレ)への出場が決定しました(1回戦:12月14日)。
ご声援の程、よろしくお願いします!

 本件に関する問い合わせ先:
 学務部学生支援課 学生支援グループ  

(記事番号:1964)

男子バスケットボール部が第65回全日本大学バスケットボール選手権大会(インカレ)へ出場!  掲載(更新)日時:2013-11-11 14:00:00

男子バスケットボール部が、第14回東北大学バスケットボールリーグ1部2次リーグで2勝1敗の成績を収め、準優勝となりました(個人賞は下記のとおり)。11月26日から行われる第65回全日本大学バスケットボール選手権大会(インカレ)へ2年連続で出場します。ご声援のほどよろしくお願いします!

○第14回東北大学バスケットボールリーグ1部 〜個人賞〜
教育学部4年 田中舘洸 敢闘賞 得点王 アシスト王 ベスト5
教育学部3年 石橋 諒 リバウンド王  

 本件に関する問い合わせ先:
 学務部学生支援課 学生支援グループ  

(記事番号:1963)

岩手大学農学部とロッテンブルグ大学との部局間学術交流協定の調印式を行いました  掲載(更新)日時:2013-11-07 13:00:00

 ドイツ及び日本の森林・林業・木材産業並びにバイオマスエネルギーに関する相互理解と発展を目的として,両大学の協力関係と学術交流の促進を図るため,岩手大学農学部とロッテンブルグ大学の学術交流協定を締結しました。
 調印式は,ロッテンブルグ大学のバスティアン・カイザー学長及びセバスティアン・ハイン教授並びに長澤孝志農学部長及び農学部共生環境課程関係者が出席し,平成25年11月6日(水)18時00分から,事務局2階役員会議室において行われました。

 本件に関する問い合わせ先:
 農学部学部運営グループ   621-6103

(記事番号:1960)

平成26年度推薦入試Iの出願状況について【11/1〜11/7】  掲載(更新)日時:2013-11-01 17:00:00

 平成26年度推薦入試Iの出願受付期間中(11/1〜11/7)、各日17時現在の出願状況を集計が完了次第、下記のURLにて公表いたします。
 出願受付は11月7日(木)【必着】となっておりますので、出願する際は余裕を持って早めに郵送いただきますようお願いいたします。

岩手大学入試情報 http://www.iwate-u.ac.jp/nyusi/index.html

(記事番号:1958)