ホーム ニュース一覧
各月ニュース
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2015年09月のニュース2015年09月のニュース

文部科学省 平成27年度「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」に採択されました  掲載(更新)日時:2015-09-28 16:00:00

 文部科学省では、平成25年度から、大学等が自治体と連携し、課題解決に資する様々な人材や情報・技術が集まる、地域コミュニティの中核的存在としての大学の機能強化を図ることを目的として「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)」を実施してきました。
 今般、地方から東京圏への若い世代の流出が顕著である状況を踏まえ、大学COC事業を発展させ、地方公共団体や企業等と協働し、地方創生の中心となる「ひと」の地方への集積を目指して「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」が公募されました。
 公募を受け、岩手大学を申請大学、岩手県立大学、富士大学、盛岡大学、岩手県立大学盛岡短期大学部、岩手県立大学宮古短期大学部、一関高等工業専門学校を参加大学として申請しておりましたが、9月28日付けで採択となりましたのでお知らせいたします。
 本学では、平成25年度に採択された「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)」をさらに加速させるとともに、事業協働機関との強い連携によりCOC+事業を推進させ、学生の地域定着に向けた取り組みをさらに強化してまいります。

【事業概要】

1.事業名称
ふるさといわて創造プロジェクト(事業期間:平成27年度~平成31年度)

2.事業協働機関
主幹大学  岩手大学(COC+大学)

参加大学等 岩手県立大学(COC大学)、富士大学、盛岡大学、岩手県立大学盛岡短期大学部、岩手県立大学宮古短期大学部、一関工業高等専門学校

参加自治体 岩手県、盛岡市、宮古市、大船渡市、花巻市、北上市、久慈市、遠野市、一関市、陸前高田市、釜石市、八幡平市、奥州市、滝沢市、矢巾町、金ケ崎町、岩泉町

参加企業等 岩手県商工会議所連合会、岩手県商工会連合会、岩手経済同友会、岩手県中小企業団体中央会、岩手県中小企業家同友会、岩手県農業協同組合中央会、岩手県漁業協同組合連合会、岩手県森林組合連合会

3.主な事業内容
・いわて創造人材育成
4つの能力(「いわてを知り、理解する」「いわてを説明する」「いわてをつなぐ」「岩手の未来を創造する」)をもつ人材を育成します。

・若者・女性地域定着
18歳時点と22歳前後の若者の県外流出を抑制することに関して、「地域企業・団体の魅力向上」、「インターンシップの強化」及び「地元大学進学率の向上」に取り組みます。

・新産業&雇用創出
学卒者の雇用の受け皿を増やすために新産業クラスター形成等を通じて、雇用の創出を図ります。

・三陸復興・先導モデル創出
沿岸被災自治体と参加大学が行ってきた三陸復興に関する取組をさらに充実・発展させます。

・起業家人材育成
「起業家人材育成道場(仮称)」を開催するなど、学生が主体的に課題解決を学修し実戦経験を積む教育により、将来起業を目指す人材を育成します。

4.事業目標
地元就職率を参加大学平均で45%(事業開始時)から55%(平成31年度)へ、実数で155人増を目指します。
事業終了時点で、上記増加数の1割に相当する16人分以上の新規雇用を事業協働機関において創出することを目指します。

 本件に関する問い合わせ先:
 研究交流部地域連携推進課 地域連携推進グループ  TEL:019-621-6852

(記事番号:2544)

【岩手大学学生限定】ロボットアイデアコンテスト 募集のお知らせ  掲載(更新)日時:2015-09-25 14:00:00

工学部ものづくりEF起業家支援室では、広くロボットアイデアを募集し、アイデ
アのユニークさ、環境への優しさなどの観点でコンテストを行いま す。優れた
優れたアイデアを来年度の授業で、ものづくりすることも視野に、10/30(金)に審査・表彰式を行います。

奮ってご応募ください。

テーマ  「人に寄り添う/人に代わって/人を助けて仕事をする」ロボット
対象:岩手大学全学の学生個人およびグループ

募集期間 9/14(月)~10/15(木)17:00必着

発表ならびに表彰式 
10/30(金) 13:30-17:15 工学部4号館3階 329室
賞品:1位 5万円相当図書券、2位 3万円相当図書券、 3位 2万円相当図書券
応募要項、詳細は下記のWEBを参照下さい。
http://www.ef.iwate-u.ac.jp/index.html
共催・協賛 (株)カガヤ http://www.iwate-kagaya.jp/company/gaiyo

 本件に関する問い合わせ先:
 工学部 ものづくりエンジニアリングファクトリー 星由美子 monoef@iwate-u.ac.jp 内線6407
【添付ファイル】
公募要項
ロボットポスター

(記事番号:2542)

技術部農学系技術部(演習林)の高橋健保技術専門職員が森林管理技術賞(技術貢献賞)を受賞しました  掲載(更新)日時:2015-09-24 15:00:00

 この度、農学系技術部(演習林)の高橋健保技術専門職員が、全国大学演習林協議会による森林管理技術賞(技術貢献賞)を受賞しました。
 この賞は、同協議会が「優れた森林管理技術の開発もしくは普及に多大な貢献をした者」に授与するものです(授与規程第3条)。
 今回の受賞理由は、「積雪寒冷地における森林作業道作設技術の開発及び普及指導活動における貢献」であり、北東北地方の地況・林況に応じて工夫を重ねた、いわゆる岩手大学方式の路網作設技術の開発への努力が認められたものです。
 現在では県内の社会人研修で講師も務める高橋技術専門職員の、森林作業道作設技術の開発及び普及指導活動における業績が高く評価されての受賞です。

 本件に関する問い合わせ先:
 技術部 農学系技術部 佐々木一也 E-mail:kzyasski@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2541)

大学連携によるカリフォルニア・イノベーション研修に本学の学生および教職員が参加しました  掲載(更新)日時:2015-09-24 14:00:00

 国内15大学による合同海外研修プログラムである、カリフォルニア・イノベーション研修に、岩手大学の教職員および学生7名が参加しました。
 この研修は現地教育支援団体であるUS-JAPAN Forumが主催するプログラムであり、米国・カリフォルニア州サンノゼ市近郊のシリコンバレーを中心に、グーグル社やアップル社などの企業や、カリフォルニア大学バークレー校、スタンフォード大学、サンノゼ州立大学などの著名な大学を訪問し、現地大学生との交流、現地企業でのインターンシップ、起業家や研究者による講演やディスカッションなどを行い、イノベーションやグローバルな視点でのキャリア形成などについて学びました。
 また、研修中に行われた「日米未来フォーラム」では、150年前に鹿児島からアメリカに渡り、のちにカリフォルニアワインを世界的なブランドに押し上げた長沢鼎を記念し、カリフォルニアワインの過去と将来、日米ワイン産業の将来について議論を行いました。その中で学生たちはサンノゼ州立大学生とともにそれぞれが考えるワインビジネスの将来像について英語でのプレゼンテーションを行い、参加者の注目を引くユニークな発表を行いました。
 本フォーラムには尾藤広幸 財務労務担当理事および上村松生 国際連携・広報担当副学長も出席しましたが、上村副学長はパネルディスカッションにも登壇し、本学の農学分野における産学官連携の実情等について紹介しました。
 短期間ながら、多数の企業や大学への訪問の間に、発表の準備のために議論を重ねる、大学での講義とは一味違ったプログラムを、多様な大学、学年、国籍、専門分野からなる参加者で協働しながら体感したこともあり、学生たちの成長を随所で感じ取ることができる機会となりました。
 なお、この研修には本学の学生に限らず、本学職員も実務研修としてUS-JAPAN Forumの運営に関わりながら学生とともに英語での発表を行うなど、非常に密度の濃い研修を体感しました。

 本件に関する問い合わせ先:
 学務部国際課 国際連携グループ  019-621-6067

(記事番号:2540)

農学研究科動物科学専攻の江村菜津子さんが日本繁殖生物学会優秀発表賞を受賞しました  掲載(更新)日時:2015-09-21 17:00:00

本学農学研究科動物科学専攻1年の江村菜津子さんが、2015年9月17日〜20日に宮崎大学木花キャンパスで開催された第108回日本繁殖生物学会において優秀発表賞を受賞しました。受賞対象研究は、初期胚や胚性幹細胞の未分化性を制御する転写因子OCT-4のブタ初期胚の栄養膜細胞形成における必要性を明らかにしたものであり、生殖工学技術を駆使した研究手法と研究結果が高く評価されました。

発表題目:ブタ初期胚の栄養膜細胞形成におけるOCT-4発現の必要性
発表者:江村菜津子, 櫻井伸行, 高橋一生, 橋爪 力, 澤井 健

 本件に関する問い合わせ先:
 農学部動物科学課程 教授 澤井 健 TEL:019-621-6259

(記事番号:2539)

岩手大学生2名がインドネシア国立大学ガネーシャ教育大学で環境活動を行いました。  掲載(更新)日時:2015-09-17 18:00:00

2015年9月7日(月)~11日(金)2名の岩手大学生が、インドネシア国立大学ガネーシャ教育大学バリ島シガラジャキャンパスで環境活動を行いました。

この活動は、岩手大学環境人材育成プログラム(ISO14001と産学官民連携を活用した「π字型」環境人材育成プログラム)学外実習の一環として実施。
独立行政法人環境再生保全機構平成27年度地球環境基金助成金の支援を受けた特定非営利活動法人ASIA Environmental Allianceによるコーディネート活動に基づき行われています。

岩手大学環境人材育成プログラムHP:http://www.iwate-u.ac.jp/ecoedu/
独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金HP:http://www.erca.go.jp/jfge/about/index.html
特定非営利活動法人ASIA Environmental Alliance HP:http://aea.main.jp/schedule/index5

海外での環境活動に関心を持っている岩手大学人文社会科学部環境科学課程及び岩手大学環境マネジメント学生委員会に所属する5名が、活動グループ“shar_E”を結成。
インドネシア国立ガネーシャ教育大学言語芸術学部日本語教育学科所属の学生や教員と打ち合わせを行いながら、同大学での環境活動を準備してきました。

岩手大学環境マネジメント学生委員会HP:http://emsc.jimdo.com/

shar_E所属メンバーのうち、笹萌華さんと毛内里美さん(共に人文社会科学部環境科学課程3年)の2名が、今回、ガネーシャ教育大学を訪問。
同大学の学生や教員といっしょに、省エネ啓発活動やペットボトル廃棄物分別活動などを行いました。

9/9(水)には、ガネーシャ教育大学言語芸術学部の学生・教員約100名を対象に、セミナーを開催。
shar_Eや岩手大学環境マネジメント学生委員会を紹介した後、「もったいない精神」やエコに関する日本文化として「風呂敷」と「風鈴」を説明しました。
風呂敷や南部鉄器製風鈴の実物も見ていただきました。
同学部日本語教育学科1年生・2年生対象の講義にもお邪魔し、環境活動をアピールしました。

9/10(木)、日本語教育学科生約70名を対象とする「日本の文化とエコ」をテーマとしたセミナー開催。
岩手大学の学生2名が、事前に協力している日本語教育学科生に風呂敷での包み方や風鈴の作り方をレクチャー。
レクチャーを受けた学生がセミナーに参加した学生にそれらを教える方法がとられました。
風鈴はシガラジャの隣にあるロビナビーチで日本語教育学科生と一緒に拾った貝殻や白化した珊瑚で作成。
身近なものでの工夫を実体験してもらいました。

9/11(金)セミナー「環境トーキング」開催。日本語教育学科生約70名が参加しました。
参加学生は5つのグループに分かれ、模造紙とポストイットを使い、チーム名とリーダーを決定した後、バリ島の環境問題を提示、その問題の原因とすぐにできそうな解決策を考え、発表を行いました。

岩手大学の学生2名は盛大な歓迎と環境活動への多大な協力をいただきました。
今回の環境活動を通して、省エネ・廃棄物分別と日本(語・文化)の理解が深められ、岩手大学とガネーシャ教育大学の国際交流が広げられました。

同大学での次回の環境活動は2016年2~3月の実施を予定しています。

 本件に関する問い合わせ先:
 環境マネジメント推進室 環境人材育成プログラム担当 中島 電話番号:019-621-6912 メールアドレス:ems@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2536)

【重要】授業料引落月変更のお知らせ  掲載(更新)日時:2015-09-17 17:00:00

 本学の授業料につきまして、これまで前期授業料は4月、後期授業料は10月の引落でしたが、平成27年度後期授業料分から1ヶ月後ろ倒しにすることと致しました。
 よって、今後の授業料納付時期は以下の通り変更となります。

■前期授業料: 4月20日 →  5月20日に変更
■後期授業料:10月20日 → 11月20日に変更
※20日が土・日・祝日の場合は、翌営業日となります。

次回の後期授業料の引落は10月ではなく11月20日(金)です。ご注意ください。

※年額を一括で納付済の方は、平成28年度より適用になります。
※授業料免除申請者は、結果が出るまで引落しません。免除結果通知時に別途引落の案内をいたします。

 本件に関する問い合わせ先:
 財務部財務管理課 財務管理グループ  019-621-6031
【添付ファイル】
授業料引落月変更のお知らせ

(記事番号:2535)

『芸術体験の転移効果』(東信堂、遠藤孝夫訳)が刊行されました。  掲載(更新)日時:2015-09-17 11:00:00

ドイツの教育学者リッテルマイヤー教授の著書が、『芸術体験の転移効果 最新の科学が明らかにした人間形成の真実』(東信堂、遠藤孝夫訳)として翻訳・刊行されました。本書は、
音楽、美術、演劇、ダンス、造形といった芸術に関わる活動(芸術体験)が、当該の芸術の知識や技能の習得の次元を越えて、より幅広い人間形成上の機能、いわゆる「転移効果」をもたらすことを、実証的な研究成果の総括として明らかにしたものです。学校教育や人間形成を考える際の新たな知見の提供として注目すべき成果と思います。翻訳は本学教育学部の遠藤孝夫教授が担当しました。

 本件に関する問い合わせ先:
 教育学部 遠藤孝夫  endot@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2534)

シュタイナー教育の翻訳書の刊行  掲載(更新)日時:2015-09-17 11:00:00

『新訂版 シュタイナー教育』(イザラ書房、遠藤孝夫訳)が9月末に刊行されます。本書は、2008年に刊行された旧版が品切れとなり、増刷要望が強かったことから、「推薦の言葉」(日本シュタイナー学校協会代表・秦理絵子)と「訳者あとがき」を新たに加え、新訂版として刊行するものです。シュタイナー教育を体系的に、極めて分かりやすく解説した本です。翻訳は本学教育学部の遠藤孝夫教授が担当しています。本書の詳しい内容は次をご覧下さい。http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784756501288

 本件に関する問い合わせ先:
 教育学部 遠藤孝夫  endot@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2533)

附属小学校吹奏楽部が全日本吹奏楽コンクール第58回東北大会で金賞を受賞!  掲載(更新)日時:2015-09-16 10:00:00

9月12日(土)山形県県民会館において行われた全日本吹奏楽コンクール第58回東北大会に附属小学校吹奏楽部が出場し、3年連続で金賞を受賞しました。

演奏曲:フランツ・レハール 作曲 鈴木英史 編曲  喜歌劇「メリー・ウィドウ」セレクション
指揮者:菊池 真理子 教諭
吹奏楽部員  36名

 本件に関する問い合わせ先:
 教育学部附属小学校  主幹教諭 校内教頭 馬場 宣彦 babanori@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2532)

学生特別支援室の新村 暁専門職員が第53回全国大学保健管理研究集会で優秀演題賞を受賞しました  掲載(更新)日時:2015-09-11 13:00:00

 教育推進機構学生特別支援室の新村暁専門職員(障害学生支援コーディネーター)は、2015年9月9日、10日に岩手大学を当番校に開催された、第53回全国大学保健管理研究集会(公益社団法人全国大学保健管理協会主催)において優秀演題賞を受賞しました。発表演題は「発達障害学生支援に関する教員の認識の変化」で、本研究は,本学教員を対象に実施した2回のアンケート調査結果の比較をとおして、発達障害学生への教員の理解が深まっていることを示したもので、本学の障害学生支援が高く評価されました。

 本件に関する問い合わせ先:
 教育推進機構  早坂浩志 hiroshi@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2529)

【大学院入試】人文社会科学研究科及び工学研究科合格発表について  掲載(更新)日時:2015-09-10 13:00:00

 岩手大学大学院の下記入試について、次のURLにて合格者受験番号の公表を行っています。
 
 ・平成27年10月入学及び平成28年4月入学 大学院人文社会科学研究科(修士課程)
 ・平成27年10月入学及び平成28年4月入学 大学院工学研究科(博士前期課程)
 ・平成27年10月入学及び平成28年4月入学 大学院工学研究科(博士後期課程)

 
 ○岩手大学入試情報ホームページ
 http://www.iwate-u.ac.jp/nyusi/kaiji/goukaku.html
 
 なお、ホームページ上での合格者受験番号の公表は、情報提供サービスの一環として行っているものです。別途郵送する合格通知書を必ず確認してください。

(記事番号:2527)

附属小学校合唱部が第82回NHK全国学校音楽コンクール東北大会金賞受賞、全国大会に出場決定!  掲載(更新)日時:2015-09-09 14:00:00

 9月6日(日)名取市文化会館において行われた、第82回NHK全国学校音楽コンクール東北大会に附属小学校合唱部が出場し、金賞を受賞しました。
 10月11日(日)に東京渋谷NHKホールで行われる、全国大会に出場します。
 附属小学校の全国大会への出場は5年連続で、今回で6回目の出場となります。

課題曲「地球をつつむ歌声」  自由曲「笑いのコーラス」
指揮者 小川 暁美 教諭  
伴奏者 山根 大輔 教諭
合唱部児童 41名 

 本件に関する問い合わせ先:
 教育学部附属小学校  主幹教諭 校内教頭 馬場 宣彦 babanori@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2528)

平成28年度岩手大学アドミッション・オフィス入試(AO入試)第1次選考結果について  掲載(更新)日時:2015-09-07 13:00:00

 平成28年度岩手大学アドミッション・オフィス入試(AO入試)の第1次選考結果を下記のURLにて公表しております。

 http://www.iwate-u.ac.jp/nyusi/kaiji/goukaku.html

 なお、ホームページ上での公表は、情報提供サービスの一環として行っているものです。別途送付する選考結果通知書を必ず確認してください。

(記事番号:2523)

【大学院入試】農学研究科合格発表について  掲載(更新)日時:2015-09-04 13:00:00

 岩手大学大学院農学研究科入試(平成27年10月入学及び平成28年4月入学)について、下記URLにて合格者受験番号の公表を行っています。

http://www.iwate-u.ac.jp/nyusi/kaiji/goukaku.html
 
 なお、ホームページ上の合格者受験番号の公表は、情報提供サービスの一環として行っているものです。別途送付する合格通知書を必ず確認してください。

(記事番号:2522)

【明日9/5放送】岩手大学紹介番組「がんばれ!がんちゃんⅡ~岩手大学の国際化~」をテレビ岩手で放送します  掲載(更新)日時:2015-09-04 09:00:00

9月5日(土)10:00からテレビ岩手(デジタル4ch)において、岩手大学紹介番組「がんばれ!がんちゃんⅡ~岩手大学の国際化~」が放送されます。

テレビ岩手からの番組内容は以下のとおりです。
「岩手大学は地域の課題に取り組む人材や地球規模で物事を考え、その地域に根付いて活動する“グローカル人材”の育成に取り組んでいる。震災復興に関する学修や国際交流で学ぶ学生たちの活動を通して紹介する。また、留学生が見る岩手大学の魅力とは?」

皆さま是非ご覧ください。

 本件に関する問い合わせ先:
 岩手大学広報室   電話:019-621-6015 メール:kkoho@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2524)