ホーム ニュース一覧
各月ニュース
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年01月のニュース2016年01月のニュース

陸前高田市、立教大学と地域創生・人材育成等の推進に関する相互協力及び連携協定を締結しました  掲載(更新)日時:2016-01-28 14:00:00

岩手大学は、1月19日、陸前高田市、岩手大学及び立教大学における地域創生・人材育成等の推進に関する相互協力及び連携協定を締結しました。この協定は、「陸前高田市をフィールドとし、岩手大学及び立教大学が持つ教育研究資源を幅広く活用し、復興と地域創生に貢献する」「教育研究及び幅広い交流に係る拠点を設置し、人材育成や地域社会の創造を市民とともに推進する」ことなどを目的に掲げています。両大学は震災後、陸前高田市で継続的な復興推進活動を行っており、両大学と市とのつながりが協定のきっかけとなりました。同じ志を持つ大学が連携し、陸前高田市の地でさらなる人材育成に力を入れることとなります。
 また、活動拠点として移転が予定される高田東中の現在の校舎を活用する予定で、平成29年4月には「地域復興創生センター(仮称)」を新設し、学生や研究者が集う場とする予定です。同センターでは、共同での教育活動やシンポジウム開催などを検討しています。

(記事番号:2675)

【1/30放送】岩手大学紹介テレビ番組「ガンダイニング」総集編の放送について  掲載(更新)日時:2016-01-28 12:00:00

昨年の10月から12月まで放送しておりました、岩手大学を紹介するテレビ番組「ガンダイニング」の総集編が放送されます。3ヶ月間全13回の放送分を学生リポーターの上野さん、西川さんとイメージキャラクター「がんちゃん」がふり返ります。
みなさま是非ご覧ください。

放送日:1月30日(土)13:00~13:54
放送局:IBC岩手放送(デジタル6ch)

※残念ながら放送をご覧になれない方は、岩手大学のホームページ、公式Youtubeチャンネルに全13回分を掲載しておりますので、そちらをご覧ください。

岩手大学ホームページ
http://www.iwate-u.ac.jp/koho/gandaining.shtml

岩手大学公式Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC8ua2BprbPkSvGSMYwK1aOA

 本件に関する問い合わせ先:
 岩手大学広報室   TEL:019-621-6015 MAIL:kkoho@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2665)

人文社会科学部学生が「第56回デーリー東北新春短編小説」において新人賞を獲得  掲載(更新)日時:2016-01-27 11:00:00

 このたび、デーリー東北新聞社(八戸)が募集した「第56回デーリー東北新春短編小説」において、
人文社会科学部環境科学課程4年生の稲村安莉さんが応募した短編「加速度9.8」が多数の作品のな
かから新人賞に選ばれました。
 就活の不安やストレスから煙草を吸いたいという衝動に駆られ,ふと喫煙スポットで副流煙を吸い込
む女子学生。彼女が出会ったのは,煙草をひっきりなしに吸う男子高校生。病気で進級も遅れた彼の言
葉が,徐々に彼女に響き始める。重力加速度を比喩としたストーリー展開が理知的であると,選者は高
く評価しています。 

*詳細はデーリー東北の以下のものをご覧ください。
  受賞記事(選評等) 掲載 デーリー東北 2016年1月1日版
  小説本文・作者紹介 掲載 デーリー東北 2016年1月5日版

 本件に関する問い合わせ先:
 人文社会科学部 環境文化論研究室  019-621-6737

(記事番号:2672)

連合農学研究科2年の山崎由理さんが「環境に配慮した持続可能な農村開発に関する国際学会(ISERD)」においてAward Excellent Poster Presentationを受賞!  掲載(更新)日時:2016-01-27 11:00:00

連合農学研究科生物環境科学専攻2年の山崎由理さんが,2016年1月16~17日にカンボジア王国・プノンペンで開催された「環境に配慮した持続可能な農村開発に関する国際学会(ISERD)第7回国際会議(7thICERD)」においてAward of Excellent Poster Presentationを受賞しました。この国際会議では,全114件のポスター発表の中から8件の発表に対してAward of Excellent Poster Presentationが授与されました。
山崎さんの発表は,北海道東部に位置する十勝川水系の広域を対象として,河川水中のpH,生物化学的酸素要求量(BOD),浮遊物質(SS)および電気伝導率(EC)について経年的に評価したものです。その結果,日本有数の農業地域である十勝川水系では,pH,BODおよびSSは比較的濃度が少なく安定している傾向にあるものの,ECは地点ごとにばらつきがみられました。このとき,河川水中のEC値は流域内の畑草地率および森林率と相関関係にあったことから,流域内の畑草地面積の増加によりイオン成分など河川水に含まれる溶存物質が増加していることが示唆されました。十勝川水系では,河川水中の窒素濃度の上昇が報告されていますが,EC値の上昇の原因として窒素成分以外の物質が流入している可能性が考えられます。このため,十勝川流域内の主な土地利用(農業・市街地など)が河川への水質負荷に及ぼす影響に関する体系的な評価が今後の課題として挙げられました。

発表題目:Characteristics of the River Water Quality under Base Flow Condition in the Tokachi River Basin, Japan―十勝川水系における平水時の河川水質評価―
発表者:山崎由理・宗岡寿美・岡澤宏・木村賢人・辻 修 / Yuri Yamazaki, Toshimi Muneoka, Hiromu Okazawa, Masato Kimura and Osamu Tsuji

 本件に関する問い合わせ先:
 農学部 連合大学院事務室  rendai@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2671)

岩手大学イーハトーヴ基金のご案内  掲載(更新)日時:2016-01-26 16:00:00

岩手大学は、多くの皆様からご協力いただいた「岩手大学学生支援基金」「岩手大学被災学生支援募金」等を引き継ぎ、平成27年に「岩手大学イーハトーヴ基金」を創設いたしました。本基金は、本学の教育研究や学生支援を幅広く展開することを目的とした「一般基金」と、東日本大震災により被害に遭った学生たちへの修学支援など、使途を特定した「特定基金」で構成されます。多くの皆様方のご支援を賜りますよう心からお願い申しあげます。

詳しくは、岩手大学イーハトーヴ基金のホームページをご覧ください。
http://www.iwate-u.ac.jp/ihatovkikin/

(記事番号:2670)

平成28年度岩手大学一般入試の出願状況について  掲載(更新)日時:2016-01-25 17:00:00

 平成28年度岩手大学一般入試の出願受付期間中(1/25~2/3)、各日17時現在の出願状況を集計が完了次第、次のURLにて公表いたします。
 出願締切は、2月3日(水)【必着】となっておりますので、余裕をもって早めに郵送していただきますようお願いいたします。
 なお、出願書類を提出に際しては、募集要項をよく確認し、記入漏れや誤り、提出書類の不足がないよう十分ご注意ください。

岩手大学入試情報
http://www.iwate-u.ac.jp/nyusi/index.html

 本件に関する問い合わせ先:
 学務部入試課   019-621-6064

(記事番号:2664)

岩手大学紹介テレビ番組「ガンダイニング」動画掲載のお知らせ  掲載(更新)日時:2016-01-25 16:00:00

岩手大学紹介テレビ番組「ガンダイニング」の動画を岩手大学ホームページ及び岩手大学公式Youtubeへ掲載しましたのでぜひご覧ください。(平成27年度第8回~最終回分)

~ガンダイニングとは?~
平成27年度で11年目を迎えた岩手大学を紹介するテレビ番組です。大学の様々な取組や学生の姿を、2人の学生リポーターとイメージキャラクターの「がんちゃん」が紹介します。
※ガンダイニングはIBC岩手放送および企業・団体からの御協賛により放送しております。

放送日   :  2015年10月6日〜2015年12月29日(全13回)
放送時間 :  毎週火曜日 18:55〜18:58(再放送 同日24:38〜24:41)

放送日 主な内容
27.11.24 農学部の再編について髙畑義人 農学部長にインタビュー
27.12.01 人文社会科学部の再編について横山英信 人文社会科学部長にインタビュー
27.12.08 工学部機械システム工学科でロボット研究に取り組む三好 扶 准教授の研究室訪問
27.12.15 教育学部2年でフィギュアスケート選手の佐藤洸彬さんにインタビュー
27.12.22 株式会社大東環境科学の桐田貴史さん(工学部卒業)と株式会社岩鋳の新沼由子(教育学部卒業)にインタビュー
27.12.29 本年度文部科学省COC+に採択された「ふるさといわて創造プロジェクト」について、八代仁 副学長にインタビュー

岩手大学ホームページIBC岩手放送「ガンダイニング」ページ
http://www.iwate-u.ac.jp/koho/gandaining.shtml

岩手大学公式Youtube
https://www.youtube.com/channel/UC8ua2BprbPkSvGSMYwK1aOA

(記事番号:2669)

平成28年度研究生・科目等履修生の出願案内  掲載(更新)日時:2016-01-25 14:00:00

岩手大学では、「正規の学部学生・研究科学生とは異なる身分で、特定の指導教員について研究を行うことができる制度=【研究生】」および「在学生とともに授業を受けて単位を修得する制度=【科目等履修生】」があります。

平成28年度研究生および科目等履修生について、下記の通り出願を受け付けます。
前期( 4月入学の場合)平成28年2月 5日(金)~2月12日(金)
後期(10月入学の場合)平成28年8月17日(水)~8月22日(月)

 本件に関する問い合わせ先:
 学務課 教務情報グループ 後藤 TEL:019-621-6055/E-mail:gkyomu@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2668)

「グローカル語り場-いわての未来をグローバルな視点で考えよう!-」を開催しました。  掲載(更新)日時:2016-01-21 12:00:00

岩手県留学生交流推進協議会(会長:岩渕 明 岩手大学長)は、岩手県外国人留学生就職支援協議会、岩手県・岩手県国際交流協会「世界とのかけはしクラブ」との共催により、1月19日(火)アイーナ(岩手県民情報交流センター)にて「グローカル語り場-いわての未来をグローバルな視点で考えよう!-」を開催しました。
この取組は、岩手県内に住む外国人留学生および海外体験のある日本人学生が、県内企業や自治体等関係者とともに、「地域の将来像」、「地域企業のグローバル展開」、「まちづくり」「ひとづくり」、「多文化共生」などをテーマに、それぞれの体験事例などを基に語り合いながら、地域の実情を知り、地域活性化など課題解決に向けた新しいアイデアを探る「語り場」を設けることで、岩手の未来を考えるとともに、そこにグローバル化の果たす意味や役割を考察することを目的に、今年度初めて開催されたものです。
初回となる今回は、「いわてのイチオシ!」をテーマに、岩手大学グローバル教育センター 松岡洋子教授の進行のもと、岩手にある様々なリソースを国内外に広く売り込むためのビジネスモデルについて、「ターゲット」や「滞在期間」、「利益循環」などの視点も踏まえ、学生・企業等関係者混成によるグループワークを行い、最後にグループ毎に発表を行いました。
当日は岩手大学、岩手県立大学、富士大学、盛岡大学、一関高等工業専門学校、に所属する日本人学生及び留学生の他、岩手県内の企業及び経済団体、自治体等関係者など50名を超える参加者があり、8つに分かれたグループからは岩手の様々な資源(温泉等の自然資源、民俗文化、歴史遺産、農林水産物)等を効果的に売り込むため、それぞれ大変ユニークな発表がおこなわれました。
参加者からは「岩手にとってのグローバルとは何かを考える良い機会となった」、「多様な人と話をすることで普段気づかないことを気づかされた」、「岩手の有する「ヒト・モノ・コト」の潜在的な力を再認識し、もっと活かしたいと思った」といった感想があり、今後についても「学生と企業のコラボで世界に発信できるプロジェクトを作りたい」「企業の実際の課題をテーマにもっと絞った話し合いをしたい」といった前向きな意見が挙げられました。
 これらの意見を参考に、留学生や日本人学生と地域との交流機会を増やしつつ、地域の活性化に貢献するため、今後もこのような「語り場」を定期的に開催していきたいと思います。

 本件に関する問い合わせ先:
 岩手大学国際課(岩手県留学生交流推進協議会事務局)   gryugaku@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2663)

国際会議IUMRS-ICAM 2015においてフロンティア材料機能工学専攻2年生がBest Poster Awardを受賞  掲載(更新)日時:2016-01-20 13:00:00

2015年10月26-29日に国際材料学会連合(International Union of Materials Research Societies)が開催した先進材料に関する国際会議14th International Union of Materials Research Societies-International Conference on Advanced Materials (IUMRS-ICAM 2015)において、工学研究科フロンティア材料機能工学専攻2年の遠藤 友理さん、野田 裕介君、水野 州君の3名がBest Poster Awardを受賞しました。それぞれの発表題目は「Enhancement of trapped field on MgB2 superconducting bulks using fine MgB2 raw powder(遠藤)」、
「Substitution effects of divalent and tetravalent elements in BiCuSeO system on thermoelectric properties(水野)」、「Epitaxial growth of (Pr1-yYy)1-xCaxCoO3 films by pulsed laser deposition(野田)」でした。

 本件に関する問い合わせ先:
 工学部 藤代博之  fujishiro@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2661)

日本水環境学会東北支部会にて教育学部3年生が優秀発表賞受賞  掲載(更新)日時:2016-01-18 10:00:00

平成28年1月9日,東北大学で開催された日本水環境学会第3回東北支部研究発表会にて,教育学部3年生(安川研究室)の長坂雄斗君が優秀発表賞を受賞しました。発表演題は「ハンドドライヤーのドレンタンク内のバイオフィルム制御に向けた検討」でした。昨年度の研究発表会では安川研の田畑優希君が「病原性アメーバ・ネグレリアフォーレリ日本分離株の全ゲノム解析」を発表して優秀発表賞を受賞しましたので,本学部学生の2年続けての受賞となりました。

 本件に関する問い合わせ先:
 教育学部 理科教育 安川洋生 TEL:019-621-6549

(記事番号:2659)

平成28年度前期 授業料免除申請受付会の開催について  掲載(更新)日時:2016-01-14 08:00:00

平成28年度前期の授業料免除申請受付会を以下の通り開催します。申請希望者は、必ず期間内に書類を提出して下さい。
◆ 受付日   : 2月15日(月)~2月22日(月)
◆ 受付時間 : 10:00~11:00 / 12:00~16:30 
◆ 受付場所 : 学生センターB棟1階 多目的室

(注意)
・受付〆切後は一切受け付けることが出来ません。参加できない場合は事前にご連絡ください。
・不足書類がある場合は揃った分だけを先に提出してください。不足書類は後日受け付けます。
・今回の申請受付会は在学生対象です。平成28年4月に入学予定の方の受付は日程が違いますのでご注意ください。
・東日本大震災被災による免除は、年間での結果を出すため前期のみの受付となります。希望される方は必ず前期に申請してください。

 本件に関する問い合わせ先:
 学生支援課 奨学グループ  019-621-6506,6882/gseikatu@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2657)

平成28年度岩手大学学生寮 4月新規入居者募集について  掲載(更新)日時:2016-01-07 08:00:00

平成28年4月学生寮新規入居者の募集を行います。
詳細は以下の学生寮ホームページをご覧ください。
【ホームページURL】http://www.iwate-u.ac.jp/zaigakusei/gakuryou.shtml

【申請受付期間】平成28年1月22日(金)~2月12日(金)
  ※入居申請は受験前に行う必要がありますのでご注意ください。

 本件に関する問い合わせ先:
 学生支援課 学生支援グループ  TEL:019-621-6060 mail:gshien@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2652)

教育学部 名越利幸教授の監修著「肱川あらし」ガイドブックが第31回愛媛出版文化賞「奨励賞」受賞  掲載(更新)日時:2016-01-06 12:00:00

「Great Nature Story 肱川あらし」ガイドブック;名越利幸教授監修著が,愛媛新聞社主催の第31回愛媛出版文化賞におきまして文化全般部門「奨励賞」を受賞しました。この賞は愛媛県ゆかりの秀逸な出版物に贈られる賞で,応募作品の中から大賞1点、部門賞3点、奨励賞3点が選ばれます。(※本年度,大賞は該当作品なし)尚本書は,日本地理学会国内機関誌「地理学評論」,日本気象学会国内機関誌「天気」にすでに書評が掲載されております。1月19日,愛媛新聞社にて,授賞式が行われます。



本件に関する問い合わせ先:

教育学部 理科教育科 名越利幸 TEL/FAX: 019-621-6547

e-mail: nagoshi@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2650)

農学部 佐原健教授の日本蚕糸学会賞受賞が決定  掲載(更新)日時:2016-01-05 15:00:00

この度、農学部農学生命課程応用昆虫学研究室の佐原健教授に対し、一般社団法人日本蚕糸学会より平成28年度日本蚕糸学会賞が授与されることが決定いたしました。
平成28年3月17日に京都工芸繊維大学にて開催される蚕糸学会第86回大会において授賞式ならびに受賞講演が行われます。
今回で85回となります本学会賞の受賞研究課題名は「カイコにおける染色体同定技術の開発と鱗翅目昆虫遺伝子FISHマッピングへの応用」です。
   

 本件に関する問い合わせ先:
 農学部 農学生命課程 応用昆虫学研究室 佐原 健 TEL/FAX: 019-621-6147 e-mail: sahara@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2649)

授業料口座引落のお知らせ及び未納者の掲示について  掲載(更新)日時:2016-01-05 13:00:00

■口座引落日
平成28年1月20日(水)
※引落日の前日までに届出口座に入金願います。

■引落金額
半期:267,900円 年額:535,800円
※授業料免除申請者は、審査結果通知の金額が引落になります。

■口座引落対象者
平成27年度授業料未納者
※各掲示板に学籍番号を掲示しています。

 本件に関する問い合わせ先:
 財務部 財務管理課 財務管理グループ 019-621-6031

(記事番号:2648)