ホーム ニュース一覧
各月ニュース
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年10月のニュース2016年10月のニュース

平成28年度 後期授業料引落日のお知らせ  掲載(更新)日時:2016-10-31 16:00:00

■口座引落日
平成28年11月21日(月)
※引落日の前営業日までに届出口座に入金願います。

■引落金額
半期:267,900円
年額:535,800円

■口座引落対象者
・全学生(後期授業料免除申請者及び年額一括納入者を除く)
※前期授業料未納者は、前期分も対象となります。
※年額一括納入者のうち、未納分がある者は対象となります。
※授業料免除申請者は、審査結果の通知時に金額と納入方法をお知らせします。

 本件に関する問い合わせ先:
 財務部経理課 資金管理グループ  019-621-6031

(記事番号:2987)

理工学部西山清教授の企業との共同研究成果が「サイエンスアゴラ2016」に出展  掲載(更新)日時:2016-10-31 14:00:00

理工学部西山清教授と(株)エー・アール・アイとの共同研究成果である3次元高臨場感音場再生装置が、2016年11月3日(木・祝)〜2016年11月6日(日)に日本科学未来館で開催される「サイエンスアゴラ2016」に出展されます。

http://www.jst.go.jp/chizai/news/science_agora_2016.html

サイエンスアゴラは、あらゆる人に開かれた科学と社会をつなぐ広場の総称です。

 本件に関する問い合わせ先:
 理工学部 システム創成工学科 知能・メディア情報コース 019-621-6475

(記事番号:2986)

【11/1放送】岩手大学紹介テレビ番組「ガンダイニング」第5回のお知らせ:不来方祭  掲載(更新)日時:2016-10-31 10:00:00

岩手大学を紹介するテレビ番組「ガンダイニング」が、10月4日から3ヶ月間にわたり、毎週火曜日全13回放送されます。
第5回の放送では、10月15日(土)に開催した大学祭「不来方祭」の様子を紹介します。

放送日:11月1日(火)18:55~18:58
   (再放送)同日24:55~24:58
放送局:IBC岩手放送(デジタル6ch)

昨年度のガンダイニングについては、本学ホームページおよび公式YouTubeで視聴できます。
また、岩手県外の方を含め視聴できない方につきましては、後日ホームページおよびYouTubeに掲載する予定です。

岩手大学ホームページ
http://www.iwate-u.ac.jp/koho/gandaining.shtml

公式YouTube
https://www.youtube.com/channel/UC8ua2BprbPkSvGSMYwK1aOA

 本件に関する問い合わせ先:
 岩手大学広報室   TEL:019-621-6015 MAIL:kkoho@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2985)

「陸前高田グローバルキャンパス 復興・まちづくりプログラム」開発業務委託に関する公募について  掲載(更新)日時:2016-10-31 09:00:00

平成29年年4月に、岩手大学及び立教大学が、岩手県陸前高田市に「陸前高田グローバルキャンパスを設置します。
そこで実施する復興・まちづくりをテーマにした学修プログラムの開発について、企画競争による公募を行います。
添付ファイルの公募案内を確認し、参加する場合には下記担当まで公募要領・仕様書等を請求願います。
なお、企画提案書の提出期限は平成28年11月4日(金)17時(必着)までとなります。

 本件に関する問い合わせ先:
 地域連携・COC推進課  八重樫 renkei@iwate-u.ac.jp
【添付ファイル】
公募案内

(記事番号:2968)

岩手大学イーハトーヴ基金 2016年度海外留学派遣支援事業(2次募集)のお知らせ  掲載(更新)日時:2016-10-28 18:00:00

本学が認めた海外研修プログラム(2016年10月~2017年3月出発)に参加する学生に対し、大学が参加経費の一部を支援します。

・支援対象:学部学生及び大学院生

・支援人数:プログラム実施期間が28日以上の海外研修  6名程度
        プログラム実施期間が28日未満の海外研修 12名程度
      (※プログラム実施期間に渡航に係る移動時間は含まない。)

・支援経費:プログラム実施期間が28日以上の海外研修 1人あたり 7万円
        プログラム実施期間が28日未満の海外研修 1人あたり 4万円

・募集期間:11月1日(火)~12月15日(木)

・提出書類:申請書(様式有り)
       成績証明書
       成績評価係数算出計算書

・締  切:12月15日(木)

 本件に関する問い合わせ先:
 国際課 国際教育グループ 越田 TEL/019-621-6927 E-mail/gryugaku@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2984)

平成29年度岩手大学人文社会科学部編入学試験合格発表について  掲載(更新)日時:2016-10-28 13:00:00

 平成29年度岩手大学人文社会科学部編入学試験について、次のURLにて合格者受験番号の公表を行っています。

http://www.iwate-u.ac.jp/nyusi/kaiji/goukaku.html

 なお、ホームページ上での合格者受験番号の公表は、情報提供サービスの一環として行っているものです。別途郵送する合格通知書を必ず確認してください。

(記事番号:2972)

【在学生向け情報】推薦入試Ⅰ実施に伴う入構等許可申請について  掲載(更新)日時:2016-10-28 11:00:00

平成29年度推薦入試Ⅰの実施に伴い、学生センター掲示板等でお知らせしているとおり平成28年11月22日(火)は建物等内への入館が規制されます。
特別の理由により入館しなければならない者は、添付の申請書に必要事項を記入のうえ、指導教員等から許可を得て、下記のとおり申請してください。

1.申請期間 平成28年11月14日(月)~11月18日(金)12時まで
2.申請先  学生センターA棟 ③・④窓口
【入館規制場所】
学生センターA棟、B棟、人文社会科学部1号館、
総合教育研究棟(教育系)、教育学部2号館、芸術棟、教育学研究科棟、第一体育館、第二体育館、グラウンド(課外活動施設含む)、
理工学部建物全棟、
農学部1・2号館、北講義棟、南講義棟、総合教育研究棟(生命系)

 本件に関する問い合わせ先:
 学務部入試課   TEL:019-621-6064
【添付ファイル】
推薦入試Ⅰ用入構許可申請書

(記事番号:2983)

教育学部附属中学校佐々木亘教諭が「2016年第9回《数学・授業の達人》大賞」において最優秀賞を受賞  掲載(更新)日時:2016-10-27 19:00:00

教育学部附属中学校の佐々木亘教諭が、東京理科大学数学教育研究所(理数教育研究センター・数学教育研究部門)が主催する「2016年第9回《数学・授業の達人》大賞」において、最優秀賞(全国一位)を受賞しました。
受賞対象の授業は、2016年6月2日の学校公開研究会における3Cの研究授業(共同研究者:山崎浩二教授)です。テーマは、「標本調査を活用して3年生の睡眠時間を調べよう」です。
10月30日(日)に、東京理科大学で行われる授賞式では、審査委員長の秋山仁氏、藤嶋昭学長から賞状が伝達される予定です。なお、授賞式当日は東京理科大学のホームカミングデーにあたり、25分の模擬授業も実施される予定です。
教員個人の受賞ではありますが、本校の教育・研究の方向性が間違っていない証となりました。

 本件に関する問い合わせ先:
 教育学部 附属中学校 佐々木亘 sasakiw@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2981)

理工学部が宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所と連携協定を締結しました  掲載(更新)日時:2016-10-24 10:00:00

 岩手大学理工学部と宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所は、先端加工技術に関する連携協定を締結しました。本協定は、先端加工技術に関する実効的な研究協力体制の構築、将来の宇宙科学(宇宙理工学)ミッションに向けた共同研究、多様な人材育成・活用等の項目を協力内容とするもので、本学にとって宇宙科学分野の研究開発に関わる初めての協定締結となります。10月18日(火)に行われた協定調印式では、船﨑理工学部長と同研究所の稲谷芳文副所長が協定書にサインを行いました。
 船﨑学部長は、「理工学部が培ってきたものづくりに関する強みをもって、JAXAとの連携協力においても貢献できるのではないかと考えている。JAXAの最先端設備で高度な技術に挑戦することにより、本学の宇宙研究も発展していく」と強く期待。
 稲谷副所長は、「技術者がインハウスで物を作る機会が減っているのが現状。宇宙科学は一見華やかに見えるが、基本的なものづくりが大切。連携を通じ、人材育成や高度加工技術の獲得について、連携による相互の発展を期待する」と展望を述べました。
 調印式の終了後、協定の締結を記念し稲谷副所長による講演会も実施。「宇宙活動の今後とロケットの将来を考える」をテーマに、一般大衆の宇宙旅行を具現化する未来の宇宙輸送システム等、現状のロケット利用にとらわれない宇宙科学の知見についてご講演いただきました。会場には本学研究者、技術者、学生らが集まり、今後の宇宙研究の展開に熱心に耳を傾けていました。

 本件に関する問い合わせ先:
 理工学部 学部運営グループ  TEL/019-621-6305 E-mail/tsomu@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2971)

【10/25放送】岩手大学紹介テレビ番組「ガンダイニング」第4回のお知らせ:オープンキャンパス  掲載(更新)日時:2016-10-24 10:00:00

岩手大学を紹介するテレビ番組「ガンダイニング」が、10月4日から3ヶ月間にわたり、毎週火曜日全13回放送されます。
第4回の放送では、10月15日に開催した「オープンキャンパス」の様子を紹介します。

放送日:10月25日(火)18:55~18:58
   (再放送)同日24:55~24:58
放送局:IBC岩手放送(デジタル6ch)

昨年度のガンダイニングについては、本学ホームページおよび公式YouTubeで視聴できます。
また、岩手県外の方を含め視聴できない方につきましては、後日ホームページおよびYouTubeに掲載する予定です。

岩手大学ホームページ
http://www.iwate-u.ac.jp/koho/gandaining.shtml

公式YouTube
https://www.youtube.com/channel/UC8ua2BprbPkSvGSMYwK1aOA

 本件に関する問い合わせ先:
 岩手大学広報室   TEL:019-621-6015 MAIL:kkoho@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2970)

工学研究科機械システム工学専攻の宮田雅樹さんが精密工学会東北支部学術講演会においてベストポスタープレゼンテーション賞を受賞  掲載(更新)日時:2016-10-21 10:00:00

10月8日に一関工業高等専門学校で開催された精密工学会東北支部学術講演会において、大学院工学研究科機械システム工学専攻の宮田雅樹さんが「ベストポスタープレゼンテーション賞」を受賞しました。

精密工学会は「ものづくり」に関わるテーマを広範囲に探究する学会で、本講演会では「設計・生産システム」「精密加工」「メカトロニクス」「精密計測」「人・環境」に関する発表が行われました。ベストポスタープレゼンテーション賞は、若手講演32件の中から、参加者の投票により、特に優れた発表をした1名に授与されました。

発表タイトル:3次元工具振動を利用した歯車型研磨に関する研究
連名者:宮田雅樹、西川尚宏、吉原信人、水野雅裕

内容:歯車のような複雑な形状を持った機械部品を低コストで量産したい場合には金型が用いられます。金型材料は非常に硬い金属であるため、一般的に放電加工と呼ばれる電気加工法で加工されます。しかし放電加工面は梨の肌のようなざらざらした面であるため、後加工として手作業による研磨加工が必要です。本研究では、研磨加工の自動化と研磨精度の向上を目的として3次元工具振動研磨加工システムを開発し、歯車成形用金型の研磨に適用してその基本特性について調べました。

 本件に関する問い合わせ先:
 理工学部 システム創成工学科機械科学コース 水野雅裕 m.mizuno@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2966)

ASIA JOINT SYMPOSIUM 2016 in IWATEを開催しました  掲載(更新)日時:2016-10-20 15:00:00

 アジア及び東南アジア地域における産学官連携の強化を目的とするASIA JOINT SYMPOSIUM in IWATEが、10月13日(木)に岩手大学にて開催されました。本シンポジウムは、平成15年度より大連理工大学と本学との間で金型鋳造分野を中心に推進され、近年平泉世界遺産教育など活動分野の拡大が図られている「UURRプロジェクト」や、平成20年度より中国・大連理工大学及び韓国・国立ハンバット大学校と共に毎年開催されてきた「国際産学官連携シンポジウム」等の取り組みを継承し、さらにマレーシア・パハン大学も加わり産学官連携及び金型分野の連携強化を図るものです。本学及び中国・大連理工大学、韓国・国立ハンバット大学校、マレーシア・パハン大学の主催により、「地域創生と人材育成」を主題とし、産学連携と人材育成、金型・鋳造、世界遺産、環境工学、農学の5分野について、講演会・分科会により研究成果を共有しました。
 第1部の冒頭では、岩渕 明 岩手大学長より、「このシンポジウムが、それぞれの国・地域において、大学・社会間協力や国際的な共同研究、学術交流の活性化に寄与する機会となることを願っています。」と開催挨拶が述べられました。
 続いて中国・大連理工大学、韓国・国立ハンバット大学、マレーシア・パハン大学の代表者より主催校挨拶が述べられました。また、達増 拓也 岩手県知事より開催地の地方公共団体を代表し、「岩手県では本年を本格復興元年と定めており、復興の先の地方創生に積極的に取り組んでいます。地域創生と人材育成のシンポジウムを本県で開催することは誠に時宜を得ており、期待しています。」とご挨拶いただきました。
 続く基調講演では、まず王 志剛 岐阜大学副学長より、「地域復興のための人材開発」と題してご講演いただきました。岐阜県の主要産業に関するデータや「清流の国 ぎふ」という地域創生の活動を踏まえ、岐阜大学における共同研究開発や協力協定の実績、COC+事業の展開等についてご説明いただきました。
 次に、内田 和伸 奈良文化財研究所遺跡整備研究室長が、「平城宮跡の保存と活用」をテーマにご講演。平城宮研究及び保全の経緯について触れた上で、1978年に決定された平城宮跡の保護方針、維持システムの改良、近年の平城宮跡の活用などについてご説明いただきました。
 講演会終了後は、第2部として分野毎の分科会も開催され、本学を含めた各国の研究者およそ45名が研究成果を発表しました。
 当日は海外より約30名、本学より約90名の関係者が出席。国や分野の枠を超え、地域創生と人材育成という1つのテーマのもと、相互の研究や先進的な取り組みについて学び、更なる連携の強化に期待が高まりました。
 翌日の14日(金)は、岩手県金ヶ崎町にある自動車部品メーカーのアイシン東北株式会社と平泉町の中尊寺・毛越寺・平泉遺産文化センターを視察し、本県の製造業及び世界遺産の現状について理解を深めました。

 本件に関する問い合わせ先:
 国際連携室   TEL/019-621-6076 E-mail/iuic@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2964)

課外活動で優秀な成績を収めた附属小児童の皆さんが、岩渕学長を訪問しました  掲載(更新)日時:2016-10-19 14:00:00

10月19日(火)、岩手大学教育学部附属小学校の課外活動で優秀な成績を収めた児童の皆さんが、岩渕学長を訪問しました。賞状を手に、これまでの努力や、活動の楽しさについてお話してくださいました。岩渕学長からは、言葉が通じなくても楽しめるスポーツや音楽といった活動を、これからグローバルに活躍する中でも大切にしてください、と激励の言葉が述べられました。
各活動の記録は、以下のとおりです。

○陸上 黒川 澪 さん(6年生)
 平成28年度 第62回盛岡市小学校陸上記録会
 6年女子80Mハードル
 12秒94(市内第1位)※大会新記録

○水泳 村上 結莉 さん(6年生)
 平成28年度 第52回盛岡市小学校水泳記録会
 6年女子50M背泳ぎ
 32秒26(市内第1位)※大会新記録

○吹奏楽(部員44名) 部長 藤倉 康誠 さん(6年生)
【今年度のコンクール】
・全日本吹奏楽コンクール盛岡地区大会 金賞(地区代表)
・全日本吹奏楽コンクール岩手県大会  金賞(県代表)
・全日本吹奏楽コンクール東北大会   金賞(東北代表)※4年連続
・東日本学校吹奏楽大会(25年ぶり) 銀賞

○合唱部(部員51名) 部長 千葉 京佳 さん(6年生)
【今年度のコンクール】
・NHK全国学校音楽コンクール岩手県大会 金賞(県代表)
・NHK全国学校音楽コンクール東北大会  銅賞
・IBCこども音楽コンクール       優秀賞(東北大会推薦)

 本件に関する問い合わせ先:
 岩手大学広報室   TEL/019-621-6015 E-mail/kkoho@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2959)

イワテバコ10月号に「岩大E_code」が紹介されています  掲載(更新)日時:2016-10-19 10:00:00

10月19日発行の岩手日報タブロイド誌「イワテバコ10月号」に陸前高田市の魅力を発信する活動を行っている「岩大E_code」が紹介されています。
これは、岩手大学と岩手日報社の連携協定の一環として、岩手県内各地の地域課題に取り組む本学の活動を、岩手日報創刊140周年記念として発行しているイワテバコに掲載していただいております。
なお、イワテバコは岩手日報に折り込まれているだけでなく、東京・銀座のいわて銀河プラザ等の岩手県外にも置かれています。

 本件に関する問い合わせ先:
 岩手大学広報室   TEL:019-621-6015 MAIL:kkoho@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2954)

【10/18放送】岩手大学紹介テレビ番組「ガンダイニング」第3回のお知らせ:岩手大学競技舞踏部  掲載(更新)日時:2016-10-17 10:00:00

岩手大学を紹介するテレビ番組「ガンダイニング」が、10月4日から3ヶ月間にわたり、毎週火曜日全13回放送されます。
第3回の放送では、今年度のインカレ優勝者もおります「岩手大学競技舞踏部」を紹介します。

放送日:10月18日(火)18:55~18:58
   (再放送)同日24:55~24:58
放送局:IBC岩手放送(デジタル6ch)

昨年度のガンダイニングについては、本学ホームページおよび公式YouTubeで視聴できます。
また、岩手県外の方を含め視聴できない方につきましては、後日ホームページおよびYouTubeに掲載する予定です。

岩手大学ホームページ
http://www.iwate-u.ac.jp/koho/gandaining.shtml

公式YouTube
https://www.youtube.com/channel/UC8ua2BprbPkSvGSMYwK1aOA

 本件に関する問い合わせ先:
 岩手大学広報室   TEL:019-621-6015 MAIL:kkoho@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2953)

平成29年度前期 研究生の出願受付について【海外在住者向け】  掲載(更新)日時:2016-10-14 16:00:00

 岩手大学では、海外に在住している方を対象に研究生【平成29年度4月入学】の募集を行います。詳細については、以下のURLをご覧ください。
【日本語 Japanese】
http://iuic.iwate-u.ac.jp/cgi-bin/news.cgi?f1=1380846306&f2=staff

【英語 English】
http://iuic.iwate-u.ac.jp/cgi-bin/etopics.cgi?f1=1380845877&f2=staff

 本件に関する問い合わせ先:
 学務課 教務情報グループ 後藤 電話:019-621-6055 E-mail:gkyomu@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2951)

岩手大学広報誌「Hi!こちら岩手大学」vol.35を発行しました  掲載(更新)日時:2016-10-14 13:00:00

岩手大学広報誌「Hi!こちら岩手大学」の最新号vol.35を発行しました!以下のURLより最新号およびバックナンバーを閲覧いただけますので、ぜひご覧ください。

http://www.iwate-u.ac.jp/koho/hi_iwateuniv.shtml

◇Hi!こちら岩手大学 vol.35コンテンツ◇
P1.センパイ紹介!特別版 株式会社NTTドコモ 吉澤 和弘 代表取締役社長
P2.研究紹介 「死者との対話」を通じた心の復興 教育学部 麥倉 哲先生
P3.キャンパスライフ アメリカンフットボール部&岩手大学合唱団
P4.RIO OLYMPIC REPORT!
リオデジャネイロオリンピックを戦って 教育学部 清水 茂幸先生 
  TOPICS 宮澤賢治生誕120周年記念事業を実施 ほか

 本件に関する問い合わせ先:
 総務広報課 広報グループ  TEL/019-621-6015 E-mail/kkoho@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2946)

オープンキャンパスネット放送番組「岩手大学留学生の生活」を公式YouTubeに掲載しました!  掲載(更新)日時:2016-10-13 15:00:00

8月10日のオープンキャンパスでは、人文社会科学部「メディア文化論特講Ⅰ」の受講者によるネットを使った生放送が行われました。この放送用に、学生が制作した番組全6本を随時岩手大学公式Youtubeチャンネルに掲載します。

最後は、岩手大学留学生の生活を紹介します。

掲載ページは下記のとおりです。
https://youtu.be/tgTDcbyy_YA

なお、岩手大学公式Youtubeチャンネルには昨年度の制作番組も掲載しています。
岩手大学公式Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC8ua2BprbPkSvGSMYwK1aOA

 本件に関する問い合わせ先:
 岩手大学広報室   TEL:019-621-6015 MAIL:kkoho@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2945)

教育学研究科の大谷哲弘特命教授が日本カウンセリング学会「学校カウンセリング松原記念賞」を受賞  掲載(更新)日時:2016-10-13 13:00:00

平成28年7月に平成27年度日本カウンセリング学会記念賞・学校カウンセリング松原記念賞の受賞が決定し、8月27日(土)山形大学で開催された日本カウンセリング学会第49回大会総会で授賞式が行われました。

松原記念賞は、「学校カウンセリングに関する研究あるいは著書で優れた業績をあげた者を表彰し、もってカウンセリングの発展に寄与することを目的としている」(学会HPより)ものです。就職を希望する高校生を対象にした進路意思決定に関する研究論文と,高校新入生を対象に行っている学校適応を促進するグループアプローチの実践とそのケース報告論文や教育相談に関する実践的活動が評価されての受賞となりました。

下記のURLは学会HPの受賞者一覧になります。
http://www.jacs1967.jp/winner/

 本件に関する問い合わせ先:
 教育学研究科 大谷哲弘  

(記事番号:2944)

平成29年度岩手大学アドミッション・オフィス入試Ⅱ(AO入試Ⅱ)第1次選考結果について  掲載(更新)日時:2016-10-12 13:00:00

 平成29年度岩手大学アドミッション・オフィス入試Ⅱ(AO入試Ⅱ)第1次選考結果を下記のURLにて公表を行っております。

http://www.iwate-u.ac.jp/nyusi/kaiji/goukaku.html

 なお、ホームページ上での公表は、情報提供サービスの一環として行っているものです。別途郵送する選考結果通知書で、必ず確認してください。

(記事番号:2936)

農学部・天然物生化学研究室の上杉祥太博士が、第151回日本農芸化学会東北支部大会(鶴岡)で支部若手奨励賞を受賞!!  掲載(更新)日時:2016-10-12 09:00:00

2016年9月に岩手大学大学院連合農学研究科を修了し、PD(日本学術振興会特別研究員)並びに連大研究員として、農学部・応用生物化学科・天然物生化学研究室(木村賢一教授、大野美紗助教)で研究を継続している上杉祥太博士(盛岡三高出身)が、10月9日(日)の日本農芸化学会(会員数約10,500名)の東北支部大会で、支部若手奨励賞を受賞致しました。受賞研究題名は、「遺伝子変異酵母を用いた生物活性物質の探索法の確立と抗がん物質を中心とした作用機序解析」で、天然資源からの新規バイオプローブ探索に新たな道を開くと共に、3種の抗がん物質の今後の可能性を提示した内容です。また、前日に開催された若手の会において、受賞講演を行いました。尚、この賞は、申請時に1 年以上継続して日本農芸化学会員であり、本年4 月2 日現在で満30 歳以下の東北支部内の大学・大学院・高等専門学校等に、学生、研究生、博士研究員、あるいは任期付教員として在籍している2名以内に毎年贈られるもので、岩手大学からは初の受賞となります。

 本件に関する問い合わせ先:
 農学部 応用生物化学科 木村 賢一 019-621-6124、kimurak@iwate-u.ac.jp
【添付ファイル】
賞状

(記事番号:2942)

全日本学生フォーミュラ、岩手連合EVチームの本学在学生2名が岩渕学長へ優勝報告!  掲載(更新)日時:2016-10-07 17:00:00

9月6日~10日に静岡県小笠山運動公園にて「第14回全日本学生フォーミュラ大会(自動車技術会主催)」が行われ、岩手大学の学生2名が参加する一関工業高等専門学校・岩手大学・岩手県立大学EVチーム(岩手連合EV)が見事に電気自動車EV部門で総合優勝を果たしました。
岩手大学HP掲載ニュース
http://www.iwate-u.ac.jp/news/news201609.shtml (記事番号:2894)
10月6日には、本学より岩手連合チームに車両設計・製作メンバーとして参加した山生章義さん(工学研究科1年)と笹野大祐さん(工学部3年)が、岩渕学長へ優勝を報告しました。静的審査の車検でトラブルが発生し、動的審査(走行競技)に参加できなかった昨年の悔しさを糧に、出場2回目にしてEVクラス総合優勝という快挙を遂げた道のりについて説明しました。来年はEVクラスのみでなく、全出場チームの頂点を目指したい、と意気込む2人。岩渕学長からも、よりハイレベルな車両開発に向け、激励の言葉が述べられました。
岩手の力を結集させた岩手連合EVチームの、更なる活躍を期待しています!

 本件に関する問い合わせ先:
 岩手大学広報室   TEL/019-621-6015 E-mail/kkoho@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2939)

【10/11放送】岩手大学紹介テレビ番組「ガンダイニング」第2回のお知らせ  掲載(更新)日時:2016-10-07 13:00:00

岩手大学を紹介するテレビ番組「ガンダイニング」が、10月4日から3ヶ月間にわたり、毎週火曜日全13回放送されます。
第2回の放送では「宮澤賢治生誕120年」ということで、9月に実施した記念事業の様子や宮澤賢治の資料が展示されている農業教育資料館等を放送します。

放送日:10月11日(火)18:55~18:58
   (再放送)同日25:25~25:28
放送局:IBC岩手放送(デジタル6ch)

昨年度のガンダイニングについては、本学ホームページおよび公式YouTubeで視聴できます。
また、岩手県外の方を含め視聴できない方につきましては、後日ホームページおよびYouTubeに掲載する予定です。

岩手大学ホームページ
http://www.iwate-u.ac.jp/koho/gandaining.shtml

公式YouTube
https://www.youtube.com/channel/UC8ua2BprbPkSvGSMYwK1aOA

 本件に関する問い合わせ先:
 岩手大学広報室   TEL:019-621-6015 MAIL:kkoho@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2937)

オープンキャンパスネット放送番組「岩手大学落語研究会」を公式YouTubeに掲載しました!  掲載(更新)日時:2016-10-06 13:00:00

8月10日のオープンキャンパスでは、人文社会科学部「メディア文化論特講Ⅰ」の受講者によるネットを使った生放送が行われました。この放送用に、学生が制作した番組全6本を随時岩手大学公式Youtubeチャンネルに掲載します。

今回は、岩手大学落語研究会を紹介します。

掲載ページは下記のとおりです。
https://youtu.be/02SHV0HUsqI

なお、岩手大学公式Youtubeチャンネルには昨年度の制作番組も掲載しています。
岩手大学公式Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC8ua2BprbPkSvGSMYwK1aOA

 本件に関する問い合わせ先:
 岩手大学広報室   TEL:019-621-6015 MAIL:kkoho@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2934)

ロッテンブルグ大学(ドイツ)が開催するサマースクールに学生16名が参加しました  掲載(更新)日時:2016-10-06 09:00:00

 岩手大学農学部とロッテンブルグ応用科学大学(以下ロッテンブルグ大学)の交流は今年で4年目を迎え、学生の派遣は3回目となります。本研修プログラムは、本学単独ではなく複数の教育機関が連携して学部生レベルでの海外経験を積ませることを目的に毎年実施されています。今回は9月9~18日の日程で開催され、岩手大学農学部澤口勇雄教授を団長として本学のほか宇都宮大学・信州大学・島根大学・鹿児島大学・岐阜森林アカデミーの6教育機関から総勢48名が参加しました。このうち岩手大学からは、教員3名、技術職員1名、学生16名(共生環境課程3年生:森林科学コース14名および共生環境コース2名)の参加となりました。
 今年の研修テーマは「森林と人間社会」で、ドイツにおける森林の多目的な利用形態や森林環境教育の現状等についての英語による講義とディスカッションおよび現場での実地見学が行われました。具体的には、森林でのリラクゼーションプログラム、樹木葬の実施形態と管理方法、国立公園での野生動物管理、先進的林業経営や高収益性製材工場の実態、ドイツと日本の森林観・管理制度の違い、最新林業機械による集材システム、多機能性都市近郊林のあり方、天然更新型広葉樹林の管理方法等、多岐にわたる濃密な内容の研修でした。実地見学ではロッテンブルグ大学がチャーターした大型バスを用いて、南ドイツを中心にオーストリア、スイス、フランス国境付近まで足をのばし、精力的かつ広範囲な視察を行うことができました。
 研修に参加した学生は、派遣前にグローバル教育センター講師による語学トレーニングを受けており、帰国後には研修報告会を実施して各々が現地で学んだ内容をパワーポイントによるプレゼンテーション形式で発表することになっています。本プログラムでは、これらの事前・事後指導を通じて、より効率的に研修の成果が得られるよう工夫がなされています。また、学部3年生という比較的年次の早い段階で海外経験を積むことは国際的な活動への動機づけとなり、その後の国外留学希望者も年々増え続けています。

 本件に関する問い合わせ先:
 農学部  小藤田 久義  TEL&FAX: 019-621-6171 E-mail: kofujita@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2933)

オープンキャンパスネット放送番組「岩手大学同袍寮」を公式YouTubeに掲載しました!  掲載(更新)日時:2016-10-03 17:00:00

8月10日のオープンキャンパスでは、人文社会科学部「メディア文化論特講Ⅰ」の受講者によるネットを使った生放送が行われました。この放送用に、学生が制作した番組全6本を随時岩手大学公式Youtubeチャンネルに掲載します。

今回は、岩手大学同袍寮を紹介します。

掲載ページは下記のとおりです。
https://youtu.be/dutLpOOKL_c

なお、岩手大学公式Youtubeチャンネルには昨年度の制作番組も掲載しています。
岩手大学公式Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC8ua2BprbPkSvGSMYwK1aOA

 本件に関する問い合わせ先:
 岩手大学広報室   TEL:019-621-6015 MAIL:kkoho@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2929)

岩手大学アドミッション・オフィス入試Ⅰ(AO入試Ⅰ)合格発表について  掲載(更新)日時:2016-10-03 13:00:00

 平成29年度岩手大学アドミッション・オフィス入試Ⅰ(AO入試Ⅰ)について、
下記URLにて合格者受験番号を公表しております。

http://www.iwate-u.ac.jp/nyusi/kaiji/goukaku.html

 ホームページ上での合格者受験番号の公表は、情報提供サービスの一環として行っているものです。別途郵送する合格通知書で必ず確認してください。

(記事番号:2922)

【大学院入試】教育学研究科合格発表について  掲載(更新)日時:2016-10-03 13:00:00

 岩手大学大学院教育学研究科(教職大学院)入試について、下記URLにて合格者受験番号を公表しております。

http://www.iwate-u.ac.jp/nyusi/kaiji/goukaku.html

 なお、ホームページ上での合格者受験番号の公表は、情報提供サービスの一環として行っているものです。別途送付する合格通知書を必ず確認してください。

(記事番号:2921)

【10/4放送】岩手大学紹介テレビ番組「ガンダイニング」第1回のお知らせ  掲載(更新)日時:2016-10-03 11:00:00

岩手大学を紹介するテレビ番組「ガンダイニング」が、10月4日から3ヶ月間にわたり、毎週火曜日全13回放送されます。
第1回の放送では「学生リポーターの紹介」と「岩渕明学長へのインタビュー」をお送りします。

放送日:10月4日(火)18:55~18:58
   (再放送)同日25:10~25:13
放送局:IBC岩手放送(デジタル6ch)

昨年度のガンダイニングについては、本学ホームページおよび公式YouTubeで視聴できます。
また、岩手県外の方を含め視聴できない方につきましては、後日ホームページおよびYouTubeに掲載する予定です。

岩手大学ホームページ
http://www.iwate-u.ac.jp/koho/gandaining.shtml

公式YouTube
https://www.youtube.com/channel/UC8ua2BprbPkSvGSMYwK1aOA

 本件に関する問い合わせ先:
 岩手大学広報室   TEL:019-621-6015 MAIL:kkoho@iwate-u.ac.jp

(記事番号:2928)