ホーム 大学紹介 教育学部
教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー):教育学部

岩手大学教育学部では、教育に関わる実践的な知識・技能と学術諸分野に関する専門的な知識の修得を通して、幅広い視野と専門的な能力を持つ学校教員、 地域社会における生涯教育の指導者及び芸術文化活動の指導者の養成を目的とする。この教育目的達成のために、学校教育教員養成課程、生涯教育課程、 芸術文化課程ごとに、全学共通教育科目と専門教育科目で構成される系統的な教育課程を編成している。

全学共通教育科目は、学士課程を修めた知識人として幅広い教養と豊かな人間性を養うことを目的とし、大学共通の科目群が用意されている。教育学部においても 各分野の教育的指導者の素養として、各課程の学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)の中に総合的思考力を養うために幅広い教養を身に付けることを掲げている。 この目的達成のため、幅広い分野についてバランスの良い単位修得ができるようにカリキュラムが組まれている。

学校教育教員養成課程の専門教育科目は、Ⅰ教職専門科目、Ⅱ教科専門科目、Ⅲ所属専門科目、Ⅳ選択科目、Ⅴ卒業研究の5つの科目区分により構成している。 本課程に入学した場合には、所属のコース・サブコースや専修に応じて、小学校教員、中学校教員、特別支援学校教員のいずれかの教員免許状を取得し卒業することとなる。 その際に、教員免許状の法規上の科目はもちろんのこと、さらに充実した教員養成を行うために必要な単位の取得を課している。またそのために多様な科目群が用意されている。 この中で、学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)にも位置づけられているように、教員として共通に身に付けるべき基礎となる内容(基礎力の育成)に加え、 自らが得意とする分野を形成することにより、 <子どもの理解>、<教育の諸科学>、<教科の内容論・方法論・授業論>、<新たな教育内容を開発するための諸科学>等を深める内容(専門分野の育成)の両面の育成を図っている。 ここで特に専門分野の教育では単に知識や技能を深めるだけではなく、ものの見方や課題分析力、論理的思考力などを養うことも意図している。 さらに別の観点軸として、系統的に教育現場での実践的な体験を組み込み、基礎や理論的側面と教育現場における実践的側面のバランスのとれたカリキュラムを構成している。 また、?選択科目の活用などで、専攻分野の他に希望に応じて複数の教員免許状が取得できるようにカリキュラム構成が行われている。

生涯教育課程と芸術文化課程の専門教育科目は、Ⅰ課程共通科目、Ⅱコース基礎科目、Ⅲコース発展科目、Ⅳ選択科目、Ⅴ卒業研究の5つの科目区分により構成している。 人が豊かなライフスタイルを築くために、生涯にわたって学習する機会が提供される社会のあり方が求められている。 これらの課程では、それぞれの分野の特徴を生かし、このような社会教育の場面で活躍できる指導者養成を目的とする。 そのために?課程共通科目として生涯教育の基礎について学ぶ科目が用意されている。 またこのような社会教育の場面においては、学習者の学ぶ意欲が高く、より専門的な教育内容に対応する必要があることから、課程内のそれぞれのコースの分野において専門的な力量の育成に力を入れている。 さらに学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)にも位置づけられているように、専門的な教育課程を深める中で、知識・理解や技能面に加えて、ものの見方や課題分析力、論理的思考力などを養うとともに、専門分野の文化に視座をおいた教育を行っている。 また、希望により専門分野に関わる各種の資格取得や中学・高校の教員免許状が取得できるようにカリキュラム構成が行われている。

教育学部は全ての課程に共通して卒業研究を重視している。卒業研究では専攻する諸分野の中にテーマを定め、探究的な活動を通して、課題を分析し、 論理的に思考する力や、物事を総合的な観点から思考し、創造的に推進していく力、また一つの物事を主体的及び計画的に実行するとともにその成果を表現する方法論などを養うことができる。 卒業研究は学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)の中に掲げられた多くの能力の総合的な実践の場として、学士課程の集大成に位置付けられる。

学校教育教員養成課程生涯教育課程芸術文化課程


◇学校教育教員養成課程

学校教育教員養成課程は、教育に関する理論的・実践的な力量、教育内容とその背景をなす諸学問の理解及び豊かな人間性・社会性を備え、 教員としての意欲と高い使命感を持った小学校、中学校及び特別支援学校の教員の養成を教育目的とする。 この教育目的の実現のために、学校教育教員養成課程の専門教育は、以下の5つの科目に区分して、体系的な教育課程を編成している。

    1. 教育及び子どもに関する基礎的知識と技能の修得のための教職専門科目
    2. 教科に関する専門的知識と技能の修得のための教科専門科目
    3. 所属サブコース毎の専門的な知識と技能の修得のための所属専門科目
    4. 幅広い知識と教養の修得に資するための選択科目
    5. 卒業研究

このうち、教職専門科目では、通常学校における発達障害等のある児童生徒等への支援を含め、学校教育全般での対応が求められている特別支援教育への基礎的な理解を学ぶ必要があるという観点から、 「特別支援教育」を必修科目としている。また、4年一貫教育実習システムとして、1年次の観察実習、2年次の学校体験実習、3年次の主免教育実習、4年次の副免教育実習を配置している。 4年間の教職課程の学習成果を確認し、教職への意欲と自覚を促すことを目的として、在学期間全般にわたって「教職ポートフォリオ」を導入している。

【学校教育コース】
  • 学校教育コースは、小学校及び中学校教員の養成を主たる目的とする。このコースの学生は、1年次後期から、得意分野の形成や教科に関する専門的知識の深化を図ることを目的として、 サブコース(国語、社会、数学、理科、技術、家政、英語、音楽、美術、保健体育、教育学、心理学、教育実践学、特別支援教育の14サブコース)のいずれかに配属となる。 併せて、小学校の教員免許状取得を卒業要件とする「小学校教育専修」か、中学校の教員免許状取得を卒業要件とする「中学校教育専修」のどちらかを選択することになる。 学校教育コースの教育課程は、学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に示された資質能力を学生が修得して、卒業要件となる教員免許状を取得できるだけではなく、 卒業要件以外の教員免許状(副免許状)も取得できるように編成している。
【特別支援教育コース】
  • 特別支援教育コースは、特別支援学校教員の養成を主たる目的としており、基礎免許状としての小学校もしくは中学校教員免許状と特別支援学校教員免許状の取得が卒業要件となる。 特別支援教育コースの教育課程は、学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に示された資質能力を学生が修得して、卒業要件の教員免許状を取得できるだけではなく、 卒業要件以外の教員免許状(副免許状)も取得できるように編成している。


◇生涯教育課程

生涯教育課程は、指導的立場で生涯学習社会に貢献できる人材を育成する教育研究の場として、生涯教育の基盤となる知識を深め、 地域社会における文化活動やスポーツ活動・スポーツライフの充実を可能にする専門的で実践的な知識と能力を備えた人材を育てることを教育目的とする。 この教育目的の実現のために、生涯教育課程の専門教育は、以下の5つの科目を区分して、体系的な教育課程を編成している。

    1. 生涯教育分野の基礎的な知識を身に付けるための課程共通科目
    2. 各コースの領域の知識と技能の基礎を学ぶためのコース基礎科目
    3. 各コースの専門的知識と技能をさらに深く学び、各コースが目指す能力を十全に身に付けるためのコース発展科目
    4. 各コースの専門的領域に関する知識と技能を背景に、生涯教育に関連する資格等を身に付け又は資格の条件となる資質能力を修得するための選択科目
    5. 卒業研究

課程共通科目は、日本語・地域文化コース、スポーツ教育の各コースにおける学びの前提となる生涯教育分野における基礎的な知識を身に付けるための授業科目で、 所属コースに応じて学生が所定科目群の中から選択して履修する。卒業研究については、専門教育を通して身に付けた知識や技能を統合し、 各コースの専門領域の課題を主体的に探求し解決につなげる能力と態度を育成するために必修として課している。

【日本語・地域文化コース】
  • 日本語・地域文化コースでは、その教育目的と学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に基づき、生涯学習ニーズの高い日本語文化(日本語教育を含む) 及び地域文化領域を中心に構成されたコース基礎科目・コース発展科目を修得することによって、地域社会の文化活動の発展と向上に寄与するための 専門的・実践的な知識・技能を身に付ける。さらに、選択科目を修得することによって、社会教育主事資格科目、学芸員資格、日本語教育副専攻科目といった、 生涯教育の指導者として求められる資格等を取得することができる。 また、卒業要件としては義務付けられていないが、教職関係の単位を取得することによって中学校及び高等学校教諭一種免許状(国語、社会、地歴、公民)を 取得することが可能である。
【スポーツ教育コース】
  • スポーツ教育コースでは、その教育目的と学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に基づき、スポーツ活動の実践・指導・普及に関する 専門的知識を中心としたコース基礎科目・コース発展科目を修得することによって、地域社会のスポーツ活動の発展と向上に 寄与するための専門的・実践的な知識・技能を身につける。さらに、選択科目を修得することによって、スポーツ分野の指導者として 必要な資質能力を修得し、各種競技・フィットネス・メディカルコンディショニング・マネジメント等の公認スポーツ指導者資格の取得に資するよう教育課程を編成している。 また、卒業要件としては義務づけられていないが、教職関係の単位を取得することによって中学校及び高等学校教諭一種免許状(保健体育)を取得することが可能である。


◇芸術文化課程

芸術文化課程は、伝統芸術の継承から新しい芸術の創造までを含んだ芸術諸分野の幅広い領域を基礎とし、 さらなる専門研究によって芸術表現の可能性を追求しつつ、その専門知識と実践力によって地域社会の芸術活動や芸術教育に携わることのできる実践者・指導者の育成を教育目的とする。 この教育目的の実現のために、芸術文化課程では、以下の5つの要素を体系的・総合的に構成した教育課程を編成している。

    1. 生涯教育及び芸術文化全般(創造・受容・啓発)に関する基礎的知識と技能の修得のための課程共通科目
    2. 創造活動とその教育・啓発活動に必須とされる表現方法の基礎を修得するためのコース基礎科目
    3. 実技・実習科目を中心とした、より高度な実践的技法・能力の修得のためのコース発展科目
    4. 芸術表現全般についての実践的技術から得られた知見に基づいて、地域社会の芸術活動に強い関心をもち、指導的立場からその活性化に寄与できる能力を修得するための選択科目
    5. 課題の探求・解決能力育成のための卒業研究
【美術・デザインコース】
  • 美術・デザインコースでは、その教育目的と学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に基づき、地域の美術活動の啓発・指導に 必要な知識と技能を学び、創作活動の現場に主体的に参加できる技術と知識を備えた実践的表現者・指導者として必要な資質能力を修得する。 また、卒業要件としては義務付けられていないが、教職関係の単位を取得することによって中学校及び高等学校教諭一種免許状(美術、工芸)、 および学芸員関係の単位を取得することによって学芸員の資格を取得することが可能である。
【書道コース】
  • 書道コースでは、その教育目的と学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に基づき、地域の書道活動の啓発・指導に必要な知識と技能を学び、 創作活動の現場に主体的に参加できる技術と知識を備えた実践的表現者・指導者として必要な資質能力を修得する。 また、卒業要件としては義務付けられていないが、教職関係の単位を取得することによって高等学校教諭一種免許状(書道)を、 また学芸員関係の単位を取得することによって学芸員の資格を取得することが可能である。
【音楽コース】
  • 音楽コースでは、その教育目的と学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に基づき、地域の音楽活動の啓発・指導に必要な知識と技能を学び、 創作活動の現場に主体的に参加できる技術と知識を備えた実践的表現者・指導者として必要な資質能力を修得する。 また、卒業要件としては義務付けられていないが、教職関係の単位を取得することによって、中学校及び高等学校教諭一種免許状(音楽)を、 また学芸員関係の単位を取得することによって学芸員の資格を取得することが可能である。