ホーム 在学生・保護者の方/学生生活 奨学金 東日本大震災被災者対象奨学金
東日本大震災被災者対象奨学金について
 日本学生支援機構を除く地方公共団体・民間奨学団体等(以下、「奨学団体」という。)の、岩手大学被災学生を対象とした奨学金の募集について説明します。
 被災学生を対象とした奨学金に関しましては 平成28年4月時点で募集のあった奨学金について、一括して募集します。 全応募者を学内選した上で奨学団体に推薦し、奨学団体での審査を経て正式に採用となります。
1.応募資格
 東日本大震災により、次の被害を受け、かつ、家計が逼迫していると判断される者
 (1)実家が全壊の被害を受けた者
 (2)福島第一原子力発電所事故の影響で家族が実家を離れて現在も避難生活をしている者
 (3)主たる家計支持者が死亡(行方不明を含む)した者
2.必要書類
○ 被災者対象奨学金応募用紙
○ 応募用紙に記載する所得金額に関する証明書
・平成27年度所得証明書(内容は平成26年分:本紙)
・平成27年分の源泉徴収票又は確定申告の写し
※ 提出する書類は父母、又は父母に変わって家計を支えている者についての証明書です。
○ 罹災証明書(写)
3.手続きの流れ
(1) 学生 平成28年4月18日(月)までに必要書類を学生センターA棟6番窓口に提出する。
(2) 大学 学内選考を行い、推薦内定者に申請の意思確認を行う。申請する学生には奨学団体の応募用紙を配布する。
(3) 学生 応募用紙等を大学に提出する。
(4) 大学 奨学団体からの審査結果を受け本人に通知。
(5) 学生 奨学団体からの指示に従い各種手続きを行う。
書類配布期間:平成28年4月1日(金)~
書類提出期限:平成28年4月18日(月)
配布・提出場所:学生センターA棟6番窓口
4.学内選考
○ 選考基準
  「被災状況」、「家計状況」、「成績」をそれぞれの基準により点数化して総得点の高い者から上位者とします。
○ 奨学団体への推薦内定
  上位者から「被災者向け奨学金募集団体一覧」の上位の奨学団体に推薦します。
※なお、奨学団体への推薦は一人一団体を原則とします。
(併給が可能な奨学金であっても、複数団体への同時推薦は行いませんのでご了承下さい。)
5.奨学団体書類の作成
 推薦対象となった奨学団体への推薦を希望する場合、その奨学団体の応募書類を配布するので、所定の期日までに必要書類を取り揃えて提出してください。
6.注意事項
(1)  採用者は、奨学団体が開催するイベントへの参加や面接、年度末の学業成績報告等、 奨学団体が課す義務を遵守する必要があります。
(2)  応募用紙の記載事項に虚偽が発見された場合には推薦内定が取り消されます。
(3)  被災者向け以外にも様々な奨学金の応募が来ております。それらについては奨学団体毎に応募用紙等を提出する必要がありますので、学生センターA棟6番窓口まで必要書類を受け取りに来てください。
(4)  全ての奨学団体について言えることですが、受給期間中に長期欠席や休学をした場合には、奨学金が停止されます。また、懲戒処分を受けたり、学業成績が著しく不良であったり、その他奨学金の受給者としてふさわしくないと認められる場合には奨学金の支給が打ち切られます。
7.平成27年度応募実績
 平成27年度中に本学に応募のあった団体の一覧、及び被災者を対象とした本学独自の奨学金の一覧についてはこちらをご覧下さい。
 
問い合わせ先 : 岩手大学学務部学生支援課
(学生センターA棟6番窓口)
〒020-8550 岩手県盛岡市上田三丁目18番34号
電話 : 019-621-6062
FAX : 019-621-6066