ホーム 在学生・保護者の方/学生生活 専門教育科目 工学部
工学部
応用化学・生命工学科

原子や分子の視点と環境・生命工学の視点を併せ持つ人材の育成をめざし、環境調和型の新物質の創製、生命現象や情報機構などについて教育研究を行います。
無機化学分野 無機化学や分析化学、界面化学、電気化学、環境化学などの基礎知識をもとにして、環境に配慮した機能性無機材料やエネルギー変換材料などに関する教育研究を行います。
有機化学分野 有機化学や有機反応化学、高分子合成化学、高分子材料化学などの基礎知識をもとにして、化学製品や医薬品、電子材料などの開発に必要な教育研究を行います。
物理化学分野 物理化学や量子化学、反応工学、分離工学などの基礎知識をもとにして、有用な物質・材料の合成、機能制御、構造解析などに関する教育研究を行います。
生命工学分野 生物学や生命化学、分子細胞生物学などの基礎知識をもとにして、有用物質生産や幹細胞利用に関するバイオテクノロジー、および生命情報に関する生理・生物情報学などの教育を行います。
マテリアル工学科

材料資源と環境リサイクルの視点から、さまざまなマテリアル(材料・物質)の物性や機能などについて基礎教育を行い、先端的な研究へと導きます。
金属材料工学分野 材料熱力学や材料組織学、金属構造材料学などの金属とセラミックスの物理的・化学的性質を基礎に、金属工学、材料精製、加工プロセスなどの専門知識を習得。
その上で、新機能材料・新エネルギー関連材料などの創製、製錬・資源リサイクル、廃棄物処理、鋳造・溶接・粉末冶金、非破壊材料評価技術などの金属材料工学に関する教育研究を行います。
電子材料工学分野 電磁気学や固体物理学、電子物性学などを基礎に、固体内の電子の動きや、固体の電気的・磁気的・熱的・結晶学的性質についての知識を習得。
その上で、半導体・磁性体・超伝導体などの新電子材料開発、新物質創製や極限計測技術の開発、物質科学・ナノテクノロジー、計算材料学、材料設計・解析などの電子材料工学に関する教育研究を行います。
 
電気電子・情報システム
工学科


電気・電子・通信・情報の基礎理論と応用技術を中心として、人間支援・環境に配慮した高度に電子情報化されたユビキタス社会に適応できる教育研究を行います。
電気電子
工学コース
電子デバイス
工学分野
エレクトロニクスの基盤である半導体、磁性材料などの電子材料と応用電子デバイスに関する教育研究を行います。
電子システム
工学分野
計測制御や信号処理、通信工学などを基礎として、電子機器や電子応用システムに関する教育研究を行います。
電気エネルギー
工学分野
プラズマや強電界などの電気物理現象に加え、電気エネルギーに関する理論と技術に関する教育研究を行います
情報システム
工学コース
コンピュータ・
ネットワーク
工学分野
コンピュータのハードウェアと基本ソフトウェアとともに、通信・ネットワークに関する教育研究を行います。
知的情報
処理システム
工学分野
人工知能などの高度な知的情報処理システムや、音声・画像などのパターン情報処理システムの教育研究を行います。
メディアシステム
工学分野
安全・安心でユニバーサルなコミュニケーションシステムを構築するためのメディア技術やインタラクティブシステムに関する教育研究を行います。
機械システム工学科

知的先進金型技術、材料力学および知的生産システム、航空宇宙システム、福祉・人間支援のロボティクスの分野に関して教育研究を行います。
機械科学・航空分野 主に航空宇宙システム工学の課題に対応して、機械材料学、水力学、熱力学、伝熱工学などを中心に機械工学の基礎と幅広い実践能力を具体的に養います。機能 材料学や固体力学、粘性流体工学、航空流体工学、燃焼工学、自動車基礎工学、制御工学などの知識も身に付けることができます。
機械知能・
ロボティクス分野
主にロボティクス工学の課題に対応して、機械力学、機械加工学、機械設計学などを中心に機械工学の基礎と幅広い実践能力を養います。コンピュータ制御、制御工学、生産加工学、生産システム工学、トライボロジーなどの基礎も身に付けることができます。 
社会環境工学科
〈日本技術者教育認定機構(JABEE)認定学科〉

安全・安心な社会システムの構築をめざして、質の高い環境のあり方とそのつくり方、さらには地域防災や福祉社会基盤の整備に関する教育研究を行います。
建設工学分野 構造力学や土質力学、水理学などの建設や社会環境工学にかかわる基礎とともに、道路や橋梁、建設材料、維持管理、設計手法などについても教育研究を行います。
防災工学分野 建設工学を基礎に、水工学、地震防災工学、耐震工学、地質工学などについても教育研究を行います。
環境工学分野 都市・交通計画学や上下水道工学、環境化学などの社会環境工学にかかわる基礎とともに、水・大気・地圏環境工学、廃棄物処理工学、生態系などについても教育研究を行います。
福祉基盤工学分野 生活の場の快適と健康をテーマに、福祉住居学、福祉支援工学、都市および交通計画、景観工学、ユニバーサルデザインなどについて教育研究を行います。
シラバスへ