サイト内検索
ホーム 在学生・保護者の方/学生生活 専門教育科目 農学部
農学部
農学生命課程

バイオサイエンス・バイオテクノロジーの探求・応用、および生物産業の創出・発展、この両者を総合的な形で社会に還元できる人材の育成を図ります。
生命資源科学コース バイオサイエンスとバイオテクノロジーを駆使して生物資源の生命機能を解明し、寒冷地有用植物の遺伝資源の機能開発、新規作物の創出、植物ウイルスと昆虫の制御および機能利用、さらには遺伝育種を通じて、寒冷生物資源の応用開発と持続的農業生産に関する基礎教育を行います。
生物産業科学コース 栽培環境の最適な制御、農作業の快適化による労働負荷と環境負荷の低減を目的として、農業の生産性・快適性・持続性および資源循環を高める理論と技術を学び、さらには、産業化に有用な知識取得のために、農産物流通技術、農業経済や経営理論に関する基礎教育を行います。
応用生物化学課程   生物関連産業の発展にとって必要不可欠な知識と手法を習得するための教育研究を行います。
共生環境課程

自然環境と、農林業を中心とした人間の社会・経済活動が共生でき、持続可能な地域社会の実現に資する教育研究を行います。
共生環境学コース 農山村の自然・環境・野生動植物、歴史・文化・景観および農林水産業などを重要な地域の資源として位置づけ、それら資源の適切な利用・管理について学習します。
また、これらの資源利用・管理にかかわる農山村の諸問題について理解を深めます。
森林科学コース 地球環境の重要な形成要素であり、また地域の重要な資源でもある森林について、その多面的な機能すなわち周辺環境との相互作用、資源の再生・収穫・利用および人間生活のかかわり全般を学習します。
農村環境デザイン学コース 農村における「共生の思想」を実現するために必要な知識と実践法を学びます。すなわち、自然環境と調和する農業生産の基盤づくり、減退した農村環境の修復と自然の再生、健全な物質循環システムの構築、食の安全を保証する農地と水の保全、といった課題を考察し技術的に解決できる能力−すなわち、農村環境をデザインする能力−を身につけます。
動物科学課程   我が国有数の畜産物生産基地である東北地方という地域的背景を活かし、地球の環境保全に配慮しながら、動物科学について学び、効率的かつ機能的に動物を生産することによって人類の生存と反映に貢献することを目指します。
共同獣医学科   人と動物の健康や福祉を増進するための教育と研究を行います。
※共同獣医学科は東京農工大学との共同教育課程です。
シラバスへ