menu

研究紹介

  • HOME
  • 研究紹介一覧
  • 【プレスリリース】男性ホルモン受容体の下流の遺伝子を同定 - 前立腺がんなどの男...

【プレスリリース】男性ホルモン受容体の下流の遺伝子を同定 - 前立腺がんなどの男性ホルモン受容体が関与する疾患の治療薬開発への貢献が期待 -

掲載日2022.1.12


概要

岩手大学、国立がん研究センター、ロート製薬(株)からなる研究グループは、男性ホルモン受容体遺伝子を導入した毛乳頭細胞の無限分裂細胞と、男性ホルモン受容体遺伝子を導入する前の毛乳頭細胞の無限分裂細胞を全遺伝子の発現レベルで比較することにより、男性ホルモン受容体を発現させる遺伝子である「下流の遺伝子」の同定に成功しました。
男性ホルモン受容体シグナルは、前立腺がん、男性ホルモン依存的脱毛などの疾患に関わることが知られており、これらの疾患の治療薬開発への貢献が期待されるものです。
本研究成果は、Nature Publishing Groupが発行する国際学術誌「BMC Genomic Data」に2022年1月4日付で公開されました。