menu

行動制限・健康観察の対象となった場合

  • HOME
  • 行動制限・健康観察の対象となった場合

行動制限・健康観察の対象となった場合

保健管理センターから、行動制限・健康観察の指示が出た場合は、以下の通りお願いします。
行動制限・健康観察期間中にいつもと体調が違う場合(喉の違和感等軽微な症状も含む)は、
登校・出勤はせず、医療機関を受診し、保健管理センターに連絡をしてください。

【行動制限について】
 学生:大学への登校は可能
    ・他の者との会食禁止(学食利用時は、黙食をしてください)
    ・部活動・アルバイトの禁止

 教職員:大学への出勤は可能
  1)勤務に関する行動制限
    ・2名以上での公用車の使用禁止(本人のみの利用は可能)
    ・他の者との会食禁止(昼食などは各人黙食をしてください)
    ・会議中の飲食禁止(会議の開催や参加は問題ありません)

  2)学生を対象とした授業、ゼミ、面談などでの行動制限
    ・マスク着用と室内の換気は必ず行い、学生とは2メートル以上の距離を確保、ま
     たはアクリル板を設置することで可能

  3)勤務以外の生活に関する行動制限
    ・同居する家族以外の者との会食は禁止


【健康観察について】
 ・登校・出勤前に必ず体温測定をし、いつも以上に体調変化を観察する
 

平日(9~17時):保健管理センター(019-621-6550、019-621-6074)