本文へスキップ

プロジェクト名 岩手大学 team e-FACT (エコマイレッジチャレンジ)

【構成員氏名・学部・学年】

代表者:
 増田 竣亮   (工 3年)
メンバー:
 佐々木 朗   (工 3年)
 北村 直理   (農 4年)
 姜 曄夫    (工 3年)
 広野 義明   (工 1年)
 山本 暁雅   (工 1年)

【活動の目的】

 昨今、自動車などによる大気汚染、環境破壊が深刻とされている。そんな中、本田技研株式会社が主催する「Hondaエコマイレッジチャレンジ」は、アマチュアの人々で争われる燃費を競う大会であり、「1リッターのガソリンでどれくらい走れるのか?」をテーマに大会を通して環境意識の向上と技術の発展を目的に行われている。岩手大学team e-FACTはメンバーの大半が工学部生であり、授業や実習で得た知識を活かしつつ、さらに技量と知識を深め、より省燃費な車両の製作を行い、大会への参戦を目指す。同時に、製作した車両の展示等を行い学内・学外の方への環境意識の向上を目的とした。

【活動の経過・内容】

4月 チーム発足・旧マシンの点検・整備
6月  一関高専自動車部様にて視察
7月 旧マシンをベースとした車両の設計開始
8月 工作センター様の指導の下、マシン製作開始
8月 東北自動車部会 手作り自動車省燃費競技大会の視察
9月15日Hondaエコマイレッジチャレンジ 全国大会予選(雨天赤旗中断)
9月16日Honda エコマイレッジチャレンジ 全国大会決勝
記録 134.321km/L
(クラスIII 高専・大学・専門学校クラス 89チーム中54位)

【写真・記録・図表等】


【得られた成果】

 メンバー全員が初めての車両製作だったため、プロジェクト開始時は出走できるかどうか危うい状態でしたが、工作センターの方のご指導・ご支援のおかげもあり、決勝前日の大雨にも耐え無事完走を果たすことが出来ました。この場をお借りして御礼申し上げます。
 燃費自体は振るわなかったが、大会を通して改善点も多く見つけることが出来ました。来年以降の参戦の参考にしていきたいと考えています。
 また、反省点として車両製作等に時間を要したために、展示等の活動を行えなかったことが挙げられます。来年度のサークルオリエンテーションや文化祭等で必ず展示する場を設けたいと思います。今回のプロジェクトで、環境への取り組みの難しさを感じつつも、メンバーと一緒に物を作る楽しさを知ることが出来ました。この経験を将来の技術開発や研究に活かしていきたいと思います。