男女共同参画の視点を踏まえた大学運営の推進

男女共同参画推進室の沿革と活動
The History and Activities of Office for Gender Equality

岩手大学では、2008年6月、11代学長藤井克己が就任会見において、男女共同参画の推進を表明し、2009年には、「岩手大学男女共同参画推進宣言」を行いました。この宣言は「学長宣言」と呼ばれ、その行動方針は、「岩手大学第2期中期目標・中期計画」(2010~2015年度)、「同第3期中期目標・中期計画」(2016~2022年度)にも反映され、現在に至っています。

男女共同参画推進室は、上記の学長就任会見後の2008年10月に、設置されました。2013年には、学則を改正して、男女共同参画の推進並びに男女共同参画推進室の設置を明記するとともに、専任教員が配置されました。また、「学長宣言」の行動方針を具体化した「岩手大学男女共同参画行動計画」(第1期:2013~2017年度、第2期:2018~2022年度)に基づき、さまざまな取組を開始しました。2019年、当初から本学における男女共同参画の活動を牽引してきた菅原悦子室長(理事・副学長)が退任し、新たに宮本ともみが室長(副学長)に就任しました。

この間、文部科学省等の補助事業、とくに女性研究者支援事業に積極的に取り組んできました。2010年には、①女性研究者支援モデル育成事業(科学技術振興調整費)に、2013年には、②女性研究者研究活動支援事業(拠点型)(文部科学省科学技術人材育成費補助事業、2013~2015年度)に、2016年には、③ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)(同、2016~2022年度)に、連続して採択され、本学で成果をあげた取組を県内、さらに北東北へと展開しています。これらの事業は、いずれも最高位のS評価を獲得しており(③については、中間評価として)、全国への波及効果も高いものとなっています。

At the inaugural press conference of the 11th president of Iwate University, Katsumi Fujii, in June 2008, the president announced the promotion of gender equality, and in 2009 we made the Iwate University Declaration for the Promotion of Gender Equality. This declaration is known as the President's Declaration, and the course of action therein was reflected in the Iwate University Second Phase Midterm Goals and Midterm Plan (2010–2015) and our Third Phase Midterm Goals and Midterm Plan (2016–2022), and continues today.

The Office for Gender Equality was established in October 2008, after the inaugural press conference mentioned above. Our university regulations were revised in 2013: we specified the promotion of gender equality as well as the establishment of the Office for Gender Equality, and assigned full-time teaching staff. Iwate University's Action Plan for Gender Equality (Phase 1: 2013–2017, Phase 2: 2018–2022) translated the course of action of the President's Declaration into a more concrete form; we have launched many different initiatives based on this. In 2019, Head of Office Etsuko Sugawara (vice president/executive director), who had led gender equality activities in our University right from the start, stepped down, and Tomomi Miyamoto took over the post of Head of Office (vice president).

During this period, we took a proactive approach to enterprises subsidized by the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT), especially projects that support female researchers. Iwate University has adopted a series of fruitful initiatives, which we have developed within the prefecture and in the Northern Tohoku region: (1) Promoting Role Models to Support Female Researchers(Special Coordination Funds for Promoting Science and Technology) in 2010, (2) the Program supporting research activities of female researchers (location type) (MEXT's Human Resource Development Program for Science and Technology 2013–2015) in 2013, and (3) Initiative for the implementation of the diversity research environment (driving type) (2016–2022) in 2016. Each of these have gained top-ranking S evaluations ((3) is undergoing an interim evaluation), and there has also been a great ripple effect across the country.

  
年月日 事  項
2008.10. 1 男女共同参画推進室 設置(室長:倉田裕理事(財務・労務担当))
2009. 7 男女共同参画推進室ホームページ 開設 https://www.iwate-u.ac.jp/gender/
2009. 7.24 岩手大学男女共同参画推進宣言(学長宣言、学長:藤井克己)
2010. 4. 1 菅原悦子副学長(男女共同参画・附属学校担当)/室長 就任
男女共同参画推進委員会(委員長:学長、委員:部局長)設置
2010. 5.21 科学技術振興調整費女性研究者支援モデル育成事業「共生の時代を拓く、いわて女性研究者支援」採択(~2013. 3末)
2012. 7.27 岩手大学男女共同参画行動計画 公表(実施期間:2013~2017年度)
2013. 2.21 男女共同参画推進を学則に明記(第28条の3及び4)
2013. 8.30 文部科学省科学技術人材育成費補助事業女性研究者研究活動支援事業(拠点型)「いわての復興に貢献する女性研究者支援」採択(~2016. 3末)
2015. 3.16 菅原悦子室長が理事・副学長(男女共同参画・地域連携担当)に就任
2016. 7.27 文部科学省科学技術人材育成費補助事業ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)「ダイバーシティ実現で北東北の未来を先導」採択(~2023. 3末)
2018. 4. 1 岩手大学男女共同参画行動計画(第2期)開始(実施期間:2018~2022年度)
2019. 4. 1 宮本ともみ副学長(男女共同参画・広報・環境マネジメント担当)/室長就任

男女共同参画推進体制
Iwate University's System for Promoting Gender Equality

推進体制