ホーム>学生向け情報>次世代育成サポーター

学生向け情報

岩手大学次世代育成サポーター養成講座
Supporter Development Program for Raising Next-Generation Children

目的・趣旨

次世代育成サポーター 岩手大学では「次世代を担う学生に向けた男女共同参画にかかわる教育の推進」として、2011年度より次世代育成サポーターを養成しています。学長から認定を受けた次世代育成サポーターは、本学教職員の子育て支援や地域での活動等において幅広く活躍しています。

次世代育成サポーター養成講座は、子どもと接する活動や子育て支援活動に関心を持つ学生が、子どもと関わる活動をする上で、必要とされる一定の知識や体験を得る機会を提供し、子育てのサポートを必要とする大学教職員や地域の子育てを支援するサポーターを養成することを目的としています。講座では、子どもの発育・発達・心理・生活に関する理解を深め、遊びの基本的スキルを修得するとともに、岩手大学・岩手銀行保育所「がんちゃんすくすく保育園」の開設を機に、地域資源、社会的制度、そして多様な人々とのかかわりの中で子どもの育ちと子育てを考えることができる視点の獲得をめざします。

2018年度実施要領

対象・定員

岩手大学の学部生・大学院生 15名程度

日 時

講義1日目:8月8日(水)9:00-15:50

講義2日目:9月29日(土)9:20-16:40

実習: 10月中に受入機関で7時間の実習(詳細は後日連絡)

→実施内容の詳細はこちらをご覧ください

 

申込み

岩手大学男女共同参画推進室に ①名前(ふりがな) ②学部・研究科 ③学年 ④学籍番号 ⑤連絡先(電話番号、メールアドレス)を記載したメールを送信してください。
  岩手大学男女共同参画推進室メールアドレス equality@iwate-u.ac.jp

 ◆申込締切:8月1日(水)12:00◆

次世代育成サポーターの認定について

子どもに関する基礎的知識、地域における子育て支援の状況を学ぶほか、具体的な「あそび」のスキル等を身につけ(ここまで計12時間)その後、実習(7時間程度)を行います。養成講座修了時には、岩手大学長から「次世代育成サポーター」として認定証を授与します。

   

サポーター認定式 New !
10月25日(木)に、第8期次世代育成サポーターの認定式を行い、2018年度次世代育成サポーター養成講座を修了した6名の学生が学長より認定証書を授与されました。認定後は、学内保育スペース「ぱるんひろば」での保育サポートや「ぱるんkids’スクール」の活動に加え、保育園での保育補助にも力を発揮します。

コミュニティサポート実習単位について

45時間(講座を含む)のボランティア活動を行うと「コミュニティサポート実習」として1単位が認定されます。(ただし、卒業認定単位には含まれません)