menu

お知らせ

  • HOME
  • お知らせ一覧
  • 特別講演会のご案内 日米の所得格差:測定の課題、傾向と比較

特別講演会のご案内 日米の所得格差:測定の課題、傾向と比較 (2018.11.15 )

掲載日2018.10. 9

イベント


日米の所得格差:測定の課題、傾向と比較
Income Inequality in the US and japan: measurement issues, trends, and comparisons

 本学の協定校である米国・アーラム大学サイスプログラム引率教員による講演会です。
 所得格差の問題は政治と経済の観点から注目を浴びていますが、特にピケティによる「21世紀の資本論」が出版され大きな関心を呼んでいます。この講義では、不公平の計測方法、日米とその他の国々でどのような傾向があるか、なぜ違いがあるのかと今後に向けて概観します。 講演会で日本だけの問題ではない格差について一緒に考えてみませんか。

≪日時≫2018年11月15日(木) 16:30~18:00
≪場所≫岩手大学学生センターB棟 多目的室
≪使用言語≫ わかりやすい英語 参加無料 / 事前申込不要

Income inequality has long been an issue in both the political and economic arenas, but the huge sensation caused by the 2013 publication of Thomas Pikkety's book, Capital in the Twenty-First Century, rocketed the topic into the sphere of public interest. This lecture will talk about how inequality is measured, trends in inequality in the US, Japan, and other countries, some reasons for the differences, and the outlook for the future.

≪Date≫  November 15, 2018 (THU) 
≪Time≫ 16:30~18:00
≪Venue≫ Multipurpose Room, Student Center B (1F)

本件に関する問い合わせ先:
国際課  
019-621-6067   iuic@iwate-u.ac.jp