menu

お知らせ

「中国古印研究国際シンポジウム2019 in岩手」開催のご案内 (2019.4.21 )

掲載日2019.4.12

イベント


岩手県立博物館トピック展「風雅好古―太田夢庵の金石収蔵・研究と文人の世界―」が開催される運びになりました。それに合わせ、また中国古印の研究を推進するため、国際シンポジウムを下記により開催いたします。

中国古印研究国際シンポジウム2019 in岩手

1、日時:2019年4月21日(日)  受付 9:30〜10:30 開会 10:30〜17:30  

2、会場:岩手大学教育学部北桐ホール

3、主催:岩手大学・復旦大学

10:30開会、
午前の部、司会:藪敏裕氏(岩手大学副学長)
開会のごあいさつ
岩渕明氏(岩手大学学長)
太田稔氏(太田夢庵令孫、盛岡大学理事長)
劉釗氏(復旦大学出土文献与古文字研究中心主任、教授)

10:50~11:20基調講演1:玉澤友基氏(岩手大学)、演題:年譜に見る太田夢庵の収集と研究(仮)
11:20~12:00基調講演2:劉釗氏(復旦大学)、演題:秦代の「交仁」等の印から見た秦文字の用字習慣について

12:00~13:00昼食休憩

午後の部、第1部
司会とコメンテーター:陳剣氏(復旦大学)・劉海宇氏(岩手大学)
13:00~13:30施謝捷氏(復旦大学)、演題:新見古璽印に現れるいくつかの複姓について
13:30~13:50廣瀬薫雄氏(復旦大学)、演題:敦煌一棵樹烽燧遺跡出土西晉簡牘の「塞曹印信」について
13:50~14:10石川日出志氏(明治大学)、演題:漢魏晋代駝鈕印の再加工
14:10~14:30松村一徳氏(シールロード研究所所長)、演題:『夢庵蔵陶』―太田夢庵の陶文研究―
14:30~14:50楊文勝氏(河南省文物考古研究院副院長・岩手大学客員教授)、演題:考古新発見から見た商周期における古璽印の起源
14:50~15:10矢野千載氏(盛岡大学)、演題:江陵鳳凰山第70号墓出土玉印「泠賢」二顆の文字について

15:10~15:20休憩

第2部、司会とコメンテーター:松村一徳氏・廣瀬薫雄氏

15:20~15:50和中簡堂氏(全日本篆刻連盟理事長)、演題:未定
15:50~16:10佐々木佑記氏(書道博物館)、演題:近代日本における印学の受容-中国美術蒐集の視点から―
16:10~16:30原田祐参氏(岩手県立博物館)、演題:「歴史資料にみる太田孝太郎の足跡」
16:30~16:50佐藤貴保氏(盛岡大学)、演題:岩手県立博物館蔵西夏文印章について
16:50~17:10劉海宇氏(岩手大学)、演題:『楓園集古印譜』にみえる古璽の調査と研究
17:10~17:30質疑応答ほか

昼食についてのご案内
4月21日(日)の昼食は、大学生協食堂が営業しないため、学外のお店をご利用ください。近くのランチマップをご参考ください。なお、会場の北桐ホール内では飲食禁止となっておりますので、飲食は隣の講義室をご利用ください。

本件に関する問い合わせ先:
劉海宇  
019-621-6522   ryukaiu@iwate-u.ac.jp