menu

お知らせ

平泉文化セミナー第57回例会の開催について(ご案内) (2021.5.19 )

掲載日2021.5. 6

イベント


平泉文化研究センターでは、東アジアにおける総合的「平泉学」の構築を図るための一環として、平泉文化セミナーや講演会等を開催しております。今回は、平泉文化セミナー第57回例会として下記により開催しますので、ご都合のつく方はご参加ください。参加費は無料です。なお、今回はzoomによるオンラインも同時開催いたします。オンライン形式の参加者はryukaiu@iwate-u.ac.jp まで申し込んでください。後日、zoomミーティングURLの一斉送信を致します。

1.日時 2021年5月19日(水) 17:00~18:30

2.場所 岩手大学教育学部1号館2階 E21講義室

3.
内容
発表者 佐藤嘉広
(岩手県文化スポーツ部文化振興課世界遺産課長)
演題 平泉から出土した文字資料への解釈
要旨 
柳之御所遺跡をはじめ、平泉町内の遺跡から文字資料が出土している。文字は折敷等の木製品や土器に墨書や刻書されたものが多い。同時代の記録や文書類が限られるなかで、出土文字資料は今後も増加が期待され、平泉を考えるうえで重要である。出土文字資料についてはこれまでもさまざまな研究があるが、今回のセミナーでは、特に(1)「人々給絹日記」と(2)出土文字資料の性格に焦点を当て、平泉の「場」について解釈をしてみたい。

【新型コロナウイルス感染症拡大防止対策】
・対面形式での参加者は必ずマスクをご着用ください。
・会場入り口において検温及び手指の消毒を行います。体温が37.5度以上の場合は入場をお断りいたします。

本件に関する問い合わせ先:
岩手大学平泉文化研究センター事務局 〒020-8550 盛岡市上田三丁目18-33    
019-621-6529    ryukaiu@iwate-u.ac.jp