menu

お知らせ

平泉文化セミナー第60回例会の開催について(ご案内) (2021.11.16 )

掲載日2021.10.18

イベント


岩手大学平泉文化研究センター(http://chs.iwate-u.ac.jp/)では、東アジアにおける総合的「平泉学」の構築を図るための一環として、平泉文化セミナーを定期的に開催しております。

今回は、平泉文化セミナー第60回例会として下記により開催しますので、ご都合のつく方はご参加ください。参加費は無料です。なお、今回はzoomによるオンライン形式でも同時開催いたします。オンライン形式の参加希望者はryukaiu@iwate-u.ac.jp まで申し込んでください。後日、zoomミーティングURLの一斉送信を致します。

                 記

1.日時 2021年11月16日(火) 17:00~18:30

2.会場:岩手大学教育学部E21講義室

3.内容

発表者:誉田慶信氏(本センター客員教授)

演題:中尊寺領骨寺村研究の現在

概要:平泉が世界遺産に登録された2011年の後、中尊寺領骨寺村を世界遺産に追加しようとする努力が継続して行われている。そして、この約10年間にわたる努力の結果、骨寺村研究は、新たな段階に到達している、と言える。この間、「骨寺村絵図」に描かれたあらゆる情報を厳密な検証によって、逐一明らかにすることから始まり、栗駒山信仰を核とする骨寺村の宗教世界、中世骨寺村の住民の有り様、中尊寺との交通関係、生業と公事などについての研究成果が、積み重ねられてきた。本報告では、現在の骨寺村研究の立ち位置を再確認するとともに、中世骨寺村に宿る神仏について、それをもたらした宗教者(行者)に焦点を当てながら考察を加えることにする。

3.主催:岩手大学平泉文化研究センター

【新型コロナウイルス感染症拡大防止対策】

・対面形式での参加者は必ずマスクをご着用ください。

・会場入り口において検温及び手指の消毒を行います。体温が37.5度以上の場合は入場をお断りいたします。

本件に関する問い合わせ先:
平泉文化研究センター事務局 (〒020-8550)盛岡市上田三丁目18-33   
TEL019-621-6529 Fax019-621-6529   ryukaiu@iwate-u.ac.jp