menu

お知らせ

  • HOME
  • お知らせ一覧
  • 地域防災研究センターが岩手県教育委員会及び岩泉町教育委員会との学校防災に関する協...

地域防災研究センターが岩手県教育委員会及び岩泉町教育委員会との学校防災に関する協定締結

掲載日2017.6.15

ニュース


岩手大学地域防災研究センターは、岩手県教育委員会及び岩泉町教育委員会と連携して、昨年夏に発生した台風10号による岩泉町内の学校被害調査等について取り組んできました。
町内16小・中学校の聞き取り調査結果をまとめると共に、「学校用参考リーフレット:2016年台風第10号豪雨災害の教訓を踏まえ 学校防災体制の充実に向けて」を発行し、岩泉町のみならず県内の各市町村教育委員会・各学校にも配付し、今後の防災教育の一助となるように取り組んでいます。
今回は、より一層連携を深めるため、「岩手大学地域防災研究センター及び岩手県教育委員会と岩泉町教育委員会との学校防災に関する協定書」を締結いたしました。
今回の防災教育関連の協定を基に、①児童・生徒、保護者へのアンケートを実施、②岩手県版タイムラインを踏まえて、全国初となる学校版タイムラインの作成、③盛岡地方気象台の協力も得ながら、児童生徒用「台風災害に備える」防災教育教材の開発・提供、④教職員研修に取り組み、豪雨災害に備える岩泉モデルを構築し、学校防災分野における教育、研究及び啓発活動を推進していく予定です。

本件に関する問い合わせ先:
地域創生推推進課  
019-621-6629   sanriku@iwate-u.ac.jp