menu

お知らせ

ネコの糞尿被害を防止する新技術開発に成功

掲載日2017.8.17

ニュース


ネコの糞尿被害に困っている人たちに朗報〜ネコの糞尿被害を防止する新技術開発に成功〜

岩手大学農学部宮崎雅雄、山下哲郎らの研究グループは、においを介したネコの縄張り行動のメカニズムを研究し、ネコの尿抽出物を嗅がせたネコは、イヌのように自分の尿を残すことなく、その場を立ち去ることを発見しました。本成果により、野良猫の糞尿被害で困っている場所にネコの尿抽出物を提示することで、侵入してきた野良猫がにおいを嗅ぐだけで立ち去ってくれる効果が見込まれ、悪臭を放つネコの糞尿被害を防止できます。本研究は、平成29年8月5日にElseviaのオンラインジャーナル『Applied Animal Behaviour Science』で公開されました。
ネコの飼育頭数の増加に伴い、放し飼いネコや野良ネコによる児童公園や住宅街の糞尿被害が大きな社会問題になっています。ネコの嫌がるにおいで開発された忌避剤などで多数販売されていますが、効果に個体差があったりして、更なる技術開発が求められていました。本成果では、ネコの行動原理に基づき、敷地内に侵入してきたネコに人工的に調製した尿抽出物を嗅がせ、他のネコがいると勘違いさせて、そのまま立ち去らすことができるので、ヒトとネコの共存を可能にする、画期的な糞尿防止剤の開発を期待できます。

本件に関する問い合わせ先:
農学部   応用生物化学科   宮崎雅雄  
019-621-6154   mmasao@iwate-u.ac.jp