menu

お知らせ

  • HOME
  • お知らせ一覧
  • 齋藤徳美名誉教授が、平成29年度防災功労者内閣総理大臣表彰を受賞しました

齋藤徳美名誉教授が、平成29年度防災功労者内閣総理大臣表彰を受賞しました

掲載日2017.9. 8

ニュース


齋藤徳美岩手大学名誉教授が、平成29年度防災功労者内閣総理大臣表彰を受賞しました。

防災功労者内閣総理大臣表彰は、『「防災の日」及び「防災週間」について』(昭和57年5月11日閣議了解)に基づき、災害時における人命救助や被害の拡大防止等の防災活動の実施、平時における防災思想の普及又は防災体制の整備の面で貢献し、特にその功績が顕著であると認められる団体又は個人を対象として行われるものです。

齋藤名誉教授は、岩手山の火山活動が活発化した平成10年から火山防災体制の構築に取り組むとともに、東日本大震災津波の被災を受け、災害に強い安全な復興まちづくりの推進を図り、沿岸市町村の防災担当や消防団を対象とした防災教育を継続的に行ってきました。
加えて、岩手県に甚大な被害をもたらした平成28年台風第10号災害の教訓を踏まえ、「岩手県風水害対策支援チーム」の設置に尽力するなど、地域の防災体制の整備に貢献したことが高く評価されました。

9月8日(金)には、総理大臣官邸で表彰式が行われました。

内閣府首相官邸ホームページ
http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/actions/201709/08bosai_hyosho.html

内閣府防災ホームページ
http://www.bousai.go.jp/kohou/oshirase/pdf/20170905_02kisya.pdf