menu

お知らせ

  • HOME
  • お知らせ一覧
  • 第3回サステイナブルキャンパス・アジア国際会議(ACCS)学生発表で岩手大学環境...

第3回サステイナブルキャンパス・アジア国際会議(ACCS)学生発表で岩手大学環境マネジメント学生委員会所属学生2名がExcellent Infleuence Awardを受賞しました

掲載日2017.12.11

ニュース


2017年12月10日(日)、京都大学吉田キャンパス国際科学イノベーション棟で開催された「第3回サステイナブルキャンパス・アジア国際会議(ACCS)パラレルセッション「セッション1 学生発表」で、岩手大学環境マネジメント学生委員会(EMSC)所属学生2名による発表が、Excellent Influence Awardを受賞しました。

第3回ACCSは、京都大学環境安全保険機構・京都大学施設部主催、韓国グリーンキャンパス協議会・中国緑色大学連盟・タイ サステイナブル大学ネットワーク・サステイナブルキャンパス推進協議会の共催により開催。
セッション1では、日本から岩手大学を含む4大学、韓国2大学、中国1大学、計7大学の大学生・大学院生によるサステイナブルキャンパスやエコ・グリーンキャンパスに関する学生発表が行われました。司会進行は、千葉大学環境ISO学生委員会所属学生3名が務めました。

岩手大学環境マネジメント学生委員会(EMSC)からは、村木広智さん(理工学部2年)と玉木穂香さん(人文社会科学部1年)が英語でEMSCの活動を発表。質疑応答も行われました。
日本・韓国・中国・タイからの審査員4名と聴衆による学生発表の評価が行われた結果、岩手大学はExcellent Influence Awardを受賞しました。
ACCSでの受賞は、昨年11月の第2回大会以来、2年連続2回目になります。

岩手大学ニュース 2016年11月のニュース
「環境マネジメント学生委員会三上華永さん、橘内春名さんが 2nd Asian Conference on Campus SustainabilityでExcellence Awardを受賞」http://www.iwate-u.ac.jp/news/news201611.shtml

岩手大学図書館横「緑のカーテン」の成長の様子を動画で紹介したインパクトも含め、環境マネジメントや環境配慮活動に取り組む日本全国の大学生が岩手大学に集結し、開催された全国大会の運営や、岩手県内企業と一緒に2020年東京オリンピック・パラリンピックのメダル作成に貢献する多様な連携による多様な活動が高く評価されました。

本件に関する問い合わせ先:
環境マネジメント推進室   中島(なかしま)  
019-621-6912   ems@iwate-u.ac.jp