menu

お知らせ

西川尚宏助教が、国際学会CJUMP2017に論文を提出しました

掲載日2017.12. 4

ニュース


2017年11月19日〜11月21日に行われた国際学会CJUMP2017(中国 上海市)において、理工学部の西川尚宏助教が論文を提出いたしました。

Title: "Development of the Electric Rust Preventive Machining Method System - Performance and Extension of Water Machining for Clean Ultra- Precision Machining and Sustainable Development in Industry-academia Cooperative Investigation -"

論文内容:
新時代に対応した持続可能な開発(環境や資源消費を保全しつつ将来の人口増においても生産需要や満たす)を生産加工分野において合理的に実現するため、安全・無害な水を加工液として使用し、錆を防ぎつつ高能率・非汚染超精密加工を実現する一連の加工機・濾過システムなどを搭載した工作機械系である水加工システム(電気防錆加工法システム)の研究開発と、各種工作機械へ搭載可能とした拡張性について論じた。

CJUMP2017学会概要:
The 13th China-Japan International Conference on Ultra-Precision Machining Process (13th-CJUMP)

生産加工分野における超精密加工に関わる国際学会で、1987年から日本と中国の共催でスタートして発展を続けており、本分野において中国では最も重要な国際学会の地位を占める。国内からは中部大学、九州大学を始め理化学研究所、大阪大学、東北大学、慶應義塾大学、早稲田大学、茨城大学、本学などが参加し、時代を担う最先端研究者らが集い研究の発展を目指した議論とともに国際親善を深めた。
今回はCIRP(国際生産工学アカデミー[本部:フランス・パリ] :生産工学分野での世界的な権威である国際研究機構)の協賛を受けて開催され、韓国、米国、チェコ、オーストラリアなどの各国からの招待講演者、参加者も集め、一層国際的な会議として盛大に開催された.

http://cjump2017.sjtu.edu.cn/

※ CJUMP2017開催時に「世界に誇る岩手大学の先端研究」パンフレットを配布した。
https://www.iwate-u.ac.jp/research/latest/pamphlet.html

本件に関する問い合わせ先:
理工学部システム創成工学科   機械科学コース   西川尚宏  
019-621-6420   nkawa@iwate-u.ac.jp