menu

お知らせ

  • HOME
  • お知らせ一覧
  • 西川尚宏助教が韓国精密工学会など主催の国際学会のPRESM学会および、同時開催の...

西川尚宏助教が韓国精密工学会など主催の国際学会のPRESM学会および、同時開催のMIRAI学会から、基調講演(Keynote Speaker)および招待講演(Invited Speaker)の要請を受けそれぞれ講演概要を提出しました

掲載日2018.2.13

ニュース


2018年7月3日〜7日に北海道・札幌市(札幌コンベンションセンター)で行われる予定の、PRESM2018において名誉ある基調講演(Keynote Speaker)の要請を受け、講演概要を提出いたしました。また、2018年7月4日に同時開催される国際学会MIRAIにおいて、重要な招待講演(Invited Speaker) の要請を受け、講演概要を提出いたしました。全人類へ貢献する生産での持続可能開発が大きなテーマの各学会からの招待であり、これまでの研究が国際的に高い評価と認知を受け、ますますその重要性も高まり期待をされており、発表の栄誉を賜る次第です。

PRESM2018 Keynote
http://www.presm.org/speaker/index.html?sgubun=2&event=7

Title: "Development of the Water Machining System (the Electric Rust Preventive Machining System) - Clean Ultra Precision Machining with Using Water Machine Tool System for Sustainable Manufacturing-"

PRESM学会の概要:
PRESM2018 (International Symposium on Precision Engineering and Sustainable Manufacturing)
韓国精密工学会により2011年にグリーン製造技術の開発のための新部門として設立され、韓国での生産分野に関与する主要な研究者と機関が参与して発展を続け、韓国の最先端製造分野において主要な地位を占める国際学会である。これまで韓国、アメリカ、中国、インドネシアで開催され、20カ国から600名以上参加した。日本での開催は今回が初である。主催は韓国精密工学会(KSPE: Korean Society for Precision Engineering)、釜山大学、ソウル大学、韓国基礎科学支援研究院(KBSI: Korea Basic Science Institute)、韓国生産技術研究院(KITECH: Korea Institute of Industrial Technology)、韓国機械研究院(KIMM: Korea Institute of Machinery and Materials)、金烏工科大学校、昌原大学校、韓国鉄道技術研究院(KRRI: Korea Railroad Research)、中国机械科学研究总院(CAM: China Academy of Machinery Science and Technology)および理化学研究所による。

http://www.presm.org

11th MIRAI 2018学会概要:
The 11th MIRAI(Manufacturing Institute for Research on Advanced Initiative) Conference on Microfabrication and Green Technology
世界をリードする最先端の微細加工、環境技術、生産加工に関わる国際学会で、主に環太平洋地域の各国から第一線の研究者等が参加しています。これまで米国、日本、韓国、台湾、中国等で開催され、今回で第11回目です。

http://2018.e-mirai.xyz

本件に関する問い合わせ先:
理工学部   システム創成工学科   西川尚宏  
019-621-6420   nkawa@iwate-u.ac.jp