menu

お知らせ

中国協定校吉林農業大学70周年記念式典に参加

掲載日2018.9.25

ニュース


 9月7日(金)と8日(土)、岩渕学長をはじめ、農学部共同獣医学科山本欣郎教授、農学部及び国際課職員が吉林農業大学70周年記念式典に参加しました。
 吉林農業大学との交流は、1985年に本学農学部との交流から始まり、今まで33年間に渡って200人を超える教職員・学生の研究・教育の相互交流実績があります。
 7日(金)の午後に吉林農業大学で行われた、新時代の農業発展と国際化をテーマとした学長フォーラムに岩渕学長が出席し、本学の「次世代アグリイノベーション研究センター」を核に、日本の農業を変えていくことについて発表しました。来場者からは、「若者が農業・林業に関心を持つようにするにはどのような取り組みが必要か」などの質問があり、若者の農林業離れは世界の課題であることを実感しました。
8日(土)の午前中に行われた記念式典では、グランド内に特設ステージが設置され、大学設立当初から現在までを紹介するムービーの放映、国歌斉唱、約10名前後の関係者による祝辞等が述べられました。
 午後には、吉林農業大学の70周年を祝し、本学から将来に渡って形に残る物として、「桜」を寄贈し、その植樹式を行いました。「桜の木が大きくなると同じように、両大学の教育・研究、ならびに地域貢献での連携が発展することを期待します。」と、岩渕学長から挨拶がありました。
 その他、訪問期間中は農学部参加者から吉林農業大学国際交流担当者に本学の獣医学研究科の渡日前入試と連合農学研究科及び総合科学研究科を紹介したり、イタリアカメリーノ大学・韓国慶尚大学と国際連携に関する協議を行ったり、実りのある訪問になりました。

本件に関する問い合わせ先:
国際課  
019-621-6076