menu

お知らせ

滝沢農場の総合教育研究棟(農学系)が竣工

掲載日2018.11. 6

ニュース


平成30年9月、岩手大学農学部滝沢農場(滝沢市)の管理棟及び教員研究棟の増築
及び改修工事が竣工し、総合教育研究棟(農学系)へと生まれ変わりました。

滝沢農場は作物および園芸の二部門を基幹とする総合農場で、北東北農業の諸条件を具備し、
活きたフィールド(水田、畑、果樹、野菜)を利用した実践的教育研究が行われています。
農学部の学生のみならず、近隣の大学や支援学校等の実習も実施され、圃場試験地としても
広く利用されています。

この度の増改築では、これまで4か所に分散していた実験室を1か所に集約するなど、教育
研究の効率化が図られています。

11月5日(月)には、総合教育研究棟竣工記念を兼ねた滝沢農場収穫祭が開催され、
関係者への内覧が行われました。

  • IMG_1794.JPG
    収穫期のりんご

本件に関する問い合わせ先:
農学部附属寒冷フィールドサイエンス教育研究センター  
019-621-6665   fsciu@iwate-u.ac.jp  

新営された総合教育研究棟(農学系)