menu

お知らせ

附属小学校児童16名が北京大学附属小学校を訪問

掲載日2018.12. 7

ニュース


教育学部附属小学校(今野 日出晴校長)では,平成30年11月26日(月)から30日(金)の5日間の日程で,児童16名(引率教員等6名)を北京大学附属小学校に派遣し,国際交流事業を実施しました。

本校では,北京大学附属小学校との教育交流を通して,日中両国の友好親善を深めると共に,共通する歴史・文化を学びながら視野を広げ,児童の豊かな国際性の育成を図っており,今年度は,5・6年生16名の児童を北京大学附属小学校へ派遣しました。

訪問初日は,昨年度本校を訪問した8名の児童と共に,体育舞踊,理科,美術の授業に参加し,チャチャチャをみんなで踊ったり,水墨画に挑戦したりしました。二日目は8クラスに分かれて,通常授業に参加しました。各クラスとも,訪問団は熱烈な歓迎を受け,子供たちはすぐに打ち解けた様子でした。お別れの会の際は,北京大学附属小学校の児童から「とても楽しい時間を過ごすことができました。中国での時間を楽しんで下さい。」という言葉が送られました。文化視察では,天安門広場,頣和園,居庸関長城を巡り、スケールの大きさに子供たちは大きな刺激を受けていました。

image1.jpeg

本件に関する問い合わせ先:
教育学部附属小学校