menu

お知らせ

  • HOME
  • お知らせ一覧
  • 国連防災会議(GP2019)に松岡勝実学長補佐と村上清学長特別補佐が出席し岩手大...

国連防災会議(GP2019)に松岡勝実学長補佐と村上清学長特別補佐が出席し岩手大学の公式声明等を発表

掲載日2019.6. 4

ニュース


代表参加者
松岡 勝実 (学長補佐・人文社会科学部教授・地域防災研究センター副センター長)
村上 清 (学長特別補佐・客員教授・陸前高田市参与)

Official statement
Prof. Katsumi Matsuoka

「災害リスク軽減のためのグローバルプラットフォーム」(The Global Platform for Disaster Risk Reduction:GP2019年)は、UN総会で承認された、災害に関するグローバルなレベル戦略的なアドバイス、パートナーシップの開発の調整、「仙台フレイムワーク」(2015年)の実施の進捗状況等を評価するための国際会議です。国連防災機関(The UN Office for Disaster Risk Reduction:UNDRR)が所管・主導し2年ごとに開催しています。今回は、レジエンス、社会的包摂を焦点に、スイス・ジュネーブで開催され活発な議論が交わされました(2019年5月13〜17日)。

松岡学長補佐は、岩手大学・同地域防災研究センターを代表し、「仙台フレイムワーク」の下で、コミュニティ主体の防災、ボトムアップ型のレジリエンスの重要性を強調するとともに、陸前高田グローバルキャンパスでの活動、地域防災研究センターの国際的な防災研究ネットワークの構築、防災プログラムの展開について発表しました。また、村上学長特別補佐は、プレ会議である世界復興会議に出席し、陸前高田市の経験・知見を踏まえ、復興過程の社会的包摂の重要性について報告、パネリストとしても議論を先導しました。

英語版の公式声明は下記のアドレスの研究機関の発表からアクセスして下さい。
STATEMENTS BY MAJOR GROUPS AND OTHER STAKEHOLDERS, CITIES, NGOS, PRIVATE SECTOR AND ACADEMIA

https://www.unisdr.org/conference/2019/globalplatform/programme/official-statements

本件に関する問い合わせ先:
総務広報課  
019-621-6015    kkoho@iwate-u.ac.jp